人気ブログランキング |

文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
北海道日本ハムファイターズが日本一に
おめでとうございます。

北海道にプロ野球球団が移籍して3年目。北の大地でサマースポーツが頂点に立ちました。

「やっていけるのか?」が本音だったと思います。が、メジャー帰りの「SHINJO」が北海道のファンに「野球って面白いんだよ。見においでよ」というメッセージを込めて野球の楽しさ・面白さを伝えていきました。
ファンが球場に足を運べば選手が頑張る。最初は「SHINJO」を見に行っていたファンが多かったでしょう。が。3年で「ファイターズの試合」を見に行くファンが増えたと思います。ポストシーズン、そして選手権。札幌のゲームはスタンドがファイターズファン一色でした。サッカー並の地元密着だと思います。

そしてシーズン早々に引退を表明した「SHINJO」
ヒルマン監督と共に「メジャー流の面白さ」を北海道の野球に持ち込んだのは間違いないでしょう。
日本一を手に引退。お疲れ様でした。阪神の高額年棒を蹴ってのメジャー挑戦はメッツとのマイナー契約。その年に起きた9.11の悲劇。赤いリストバンドと「チャンスがきたぞ。SHINJOの出番だ」の合言葉。シーズン終盤での猛追かなわずプレーオフ進出を逃すも、涙に暮れるニューヨーカーの励みになったことは確かだろう。
メッツの監督だったバレンタインが日本の千葉ロッテに呼び戻されると、SHINJOはサンフランシスコにトレードされる。そこで鬱憤を晴らすかのように日本人初のワールドシリーズ出場。
が、しかし。ここでも戦力外の通告を受ける。古巣メッツに戻るも出場機会が無く日本へ戻る。
ファイターズに復帰球団を決めたのが「一番最初にオファーをくれたから」って・・・ぉぃ。まぁ、SHINJOらしいと言えばそうなんですがね。彼の移籍が北海道への移転と重なり、北海道に野球を定着させたと言っていいでしょう。

お疲れ様でした。SHINO。
by okinuchan | 2006-10-26 22:13 | スポーツ
スモールベースボールの集大成
送りバント、スクイズ、盗塁。
野球は3つのアウトの間に4つの塁を進めると得点できるスポーツです。ホームラン1本と、ヒット+盗塁+送りバント+スクイズと、同じ1点です。
「打撃は水物」とよく言われます。打者は「3割打てば高打率」なんですね。逆に言うと、10回に7回は「失敗して当たり前」なんです。ならば、「前の打者が出塁した時に、如何に確実にひとつ塁を進めさせるか」を徹底させる事で、チャンスを得点に結びつけよう。それがスモールベースボールです。

北海道日本ハムファイターズが、そのお手本のような試合をしました。
5回裏、1点ビハインドの状態で先頭打者の稲田がセンターオーバーの2塁打。下位打線の鶴岡が確実に送りバントで3塁に稲田を送ると、9番金子がスクイズ。まさに高校野球のお手本の如き同点劇でした。
続く6回裏。2番田中からの好打順は、期待通りヒットで出塁。が、次がポストシーズンになって調子の上がらない主砲の一角小笠原。ここで、田中は小笠原の初球に盗塁。2塁へ進塁した田中を次の塁に進めるために、小笠原は無理やり右打ち。これでワンアウト3塁として4番セギノールへ。「外野フライでいい」気楽さで振りぬいたボールは勝ち越しの2ランホームラン。

殊勲打はホームランを打ったセギノールですが、その前の小笠原が打った進塁打が裏の殊勲打でしょう。ノーアウト2塁で自身のヒットが一番良い結果でしょうが、それができないなら2塁ランナーを3塁へ」という意識。
結果はホームランという最高の物でしたが、ワンアウト3塁なら「何でも得点に繋がる」ということ。前の回はスクイズでした。中軸なら「外野フライで1点」という気楽な打席になります。
外野フライでよかった打球がフェンスを越えただけのホームランでしょう。

思えば、昨年の千葉ロッテvs阪神もそうでした。目の前で「お手本」を示してくれるプロが居るんだもんなぁ。高校野球が強くなる訳だよ。
by okinuchan | 2006-10-26 21:32 | スポーツ
天皇賞枠順決定
1枠1番 アサクサデンエン  藤田伸二
1枠2番 カンパニー      福永祐一
2枠3番 サクラメガワンダー 内田博幸
2枠4番 ダンスインザムード 北村宏司
3枠5番 ローエングリン    柴田善臣
3枠6番 トリリオンカット    和田竜二
4枠7番 スイープトウショウ  池添謙一
4枠8番 コスモバルク     五十嵐冬樹
5枠9番 インティライミ     佐藤哲三
5枠10番スウィフトカレント   横山典弘
6枠11番ファストタテヤマ   武幸四郎
6枠12番ハットトリック     岩田康成
7枠13番オースミグラスワン 四位洋文
7枠14番ダイワメジャー    安藤勝己
8枠15番アドマイヤムーン   武豊
8枠16番グレイトジャーニー  蛯名正義
8枠17番ローゼンクロイツ   小牧太

以上の17頭で争われます。

残念だったのはバランスオブゲーム。追いきりの際に浅屈腱不全断裂を発症し引退となってしまいました。生命に別状が無かったのは不幸中の幸いですが、「最強のトライアルホース」として是非ともG1をと思っていただけに無念です。

さて、予想ですが。。。
どの馬が逃げるんだろ。トリリオンカット・コスモバルク・インティライミ・ダイワメジャー辺りかな。是が非でもハナに立ちたいって馬が居ないからねぇ。外枠のダイワがハナを切るようだと超が3つくらい付くスローペースだろうねぇ。すると掛かってコスモバルクか。内からトリリオンがスッとハナを切ってくれれば淡々としたペースに落ち着くだろうけど、それでもスローだよねぇ。

4コーナーまで一団で、直線向いてヨーイドンかな?そうなると切れ味鋭いダンス&スイープの牝馬2頭にどんな展開でも先行してるであろうダイワメジャーが有利だねぇ。
by okinuchan | 2006-10-26 16:26 | 競馬
ナンバーポータビリティ開始
これ、やる人どれくらい居るんでしょう。

私の場合、auを携帯キャリアに利用していますが、auが日本IDO通信と名乗っていた時代から使用してるんですね。かれこれ10年以上同じ携帯電話番号なんです。当然、長期割引もリミットまで下がってます。
私みたいな人って少ないのかなぁ。

携帯電話で全ての事をやろうとする人にとっては、キャリアに拠るサービスの差が大きいのかもしれないですね。でも、私はWEBブラウズやメールを携帯でやらない人なので・・・電話が送受信できれば問題ないわけで。。。
MP3プレイヤーにしたりTVを見たりってしてみたいですけど、その程度はどのキャリアでもできる訳ですしねぇ。

一応手順を書き出しておきますと
1.元キャリアにナンバーポータビリティ(MNP)を利用する旨の申告をする
2.元キャリアから「MNP予約番号」を受け取る
3.予約番号を持って新キャリアに新規契約を申し込む
4.予約番号と照会して元キャリアを解約
と言う手順らしいです。

ソフトバンクが価格競争の土俵を作りましたが・・・長期使用者ほどメリットが少ないんですよねぇ、これ。だって・・・同じキャリアの通話料やメール料を無料にしても、私のようにキャリアを替えない人も居るでしょうし固定電話に通話する事だって多いですし。メールの送信先がPCという事だって多いでしょう?携帯同士でやりとりする方にはメリットが高いかもしれませんが。。。

現在のシェアでは、NTTが56%、KDDIが28%、ソフトバンクが16%ってとこらしいです。はてさて、どれくらい動くのかなぁ。
by okinuchan | 2006-10-25 13:51 | 今日の出来事
メイショウサムソン、三冠ならず
勝ったのはソングオブウインド。勝ち時計はレコードの3分2秒7。武豊騎乗のアドマイヤメインが玉砕的な逃げをうったからとはいえ、凄い時計が出ました。

勝ったソングオブウインドの父は、日本馬として初めて凱旋門賞で連対を果たしたエルコンドルパサー。2002年に腸捻転で急逝したエルコンの最後の産駒の一頭でした。4コーナーではまだ中段の後方だったにも関わらず、直線大外一気の「目がさめるような」差し脚でした。

2着はドリームパスポート。横山騎手に乗り変わったのですが・・・横山騎手はまた2着(これで4年連続)でした。
3着は大逃げをうったアドマイヤメインが残り、その後ろに3冠を目指したメイショウサムソン。

三冠が懸かっていたという事もあり、アドマイヤメインの大逃げにカネケヤキ(シンザンが三冠目を取った時の菊花賞で大逃げを打った牝馬二冠馬)を重ねてしまいました。
それにしても、やはり三冠全部勝つというのは大変な事なんですねぇ。メイショウサムソンの石橋騎手も大きなミスは無かったように見えましたが、逃げたアドマイヤメインすら捉えきれなかったという事は、先着した馬が今日は強かったという事なんでしょうね。

そして、勝ったソングオブウインドはエルコンドルパサーの後継種牡馬として胸を張れるだけの勲章を手に入れました。よかった~。
by okinuchan | 2006-10-22 16:25 | 競馬
ディープインパクトの薬物疑惑
まぁ、良くも悪くも世間を騒がしていますねぇ。

レース直後の検尿からフランスと香港の検査で両方からイプラトロピウムという薬品の反応で陽性だったという事らしいです。イプラトロピウムという薬品は、喘息の薬として使われているようです。
渡仏後に呼吸器系の不調を起こしたための投薬との事ですが、人間のアスリートでも風邪薬ひとつですら気を使うのに。これは・・・不注意なんだろうなぁ。

一番の要因は、やはり「宝塚を使い、帰国後に日本でレースを使うことを前提としたために、半端な滞在になってしまった」からではないかと思います。
そしてこの原因になったのが、ディープで競馬を知ったファンがJRAやマスコミに踊らされて「そのままでも世界に通用する馬」だと思ってしまったからじゃないでしょうか。国内での圧倒的な強さとそのレース運び。後方から直線ごぼう抜き状態で追い込んで、更に差を広げる強さ。
でも、以前から海外の競馬にも目を向けていたファンは疑問をもっていた事は事実でしょう。調教師もそう思っていたからこそ、少しでも欧州に慣らすために「ギリギリの期間(規定で2ヶ月以上日本を離れると、帰国後の検疫期間が長くなり、年内は日本のレースを使えない)」を選択せざるを得なかったのでしょう。

でも、それを知らないファン(もしくはオーナーも、かな)が春の宝塚記念や凱旋門賞後の秋レースへの出走を望み、また海外で活躍する日本調教馬が結果を出していた事から、凱旋門賞を軽く考えていたという部分もあったのかと思います。軽く考えている節が見えるのに、特別視してるんですよね。

確かに凱旋門賞は「その年の欧州選手権距離の総決算」的なレースではあります。が、それが世界一を決めるレースではないのです。04年は凱旋門賞の勝ち馬はバゴでしたが、年度代表(カルティエ賞)は英・愛オークス馬のウィジャーボードでした。
今年の勝ち馬であるレイルリンクは年度代表に有力な一頭ですが、今年はレベルが高いですからねぇ。英・愛・ヨークのオークスを全て勝ったアレクサンドローヴァとサンクルー大賞・英チャンピオンSを勝ち凱旋門賞2着のプライド(最後に香港が有力らしいですが、これを勝てば・・・)にアスタルテ賞・ヴェルメイユ賞・オペラ賞と牝馬限定とはいえ1600~2400のG1で3勝したマンデシャの牝馬勢。2大マイルのジャック&ムーランを勝ったリブレッティスト。他にも複数のG1を勝った馬が多いですから。

ローテーションが多岐に渡っている(強い馬が当たらない、もしくは対決を避ける)のでこうなるのでしょうが、もし仮にディープが凱旋門賞を勝っていたとしても「世界一とは認められなかった」のではないでしょうか。欧州以外の調教馬として初勝利という快挙は認められる(それがとてつもない偉業という事も含めて)でしょうが。
ならば、日本の宝塚や秋競馬を蹴って欧州でじっくりとやった方が良かったのではないか、という結果に思い至ってしまいます。前哨戦を叩いてれば、その時点で判明していたでしょうから。その結果、凱旋門賞の出走資格取り消しの方が、凱旋門賞3着の剥奪よりもダメージは小さかったのではないでしょうか。
by okinuchan | 2006-10-21 10:14 | 競馬
菊花賞枠純決定
1枠1番   トーホウアラン       藤田伸二
1枠2番   ミストラルクルーズ    池添謙一
2枠3番   シルククルセイダー   秋山真一郎
2枠4番   タガノマーシャル     和田竜二
3枠5番   アドマイヤメイン      武豊
3枠6番   ネヴァブション       石橋脩
4枠7番   マルカシェンク       福永祐一
4枠8番   マンノレーシング     小牧太
5枠9番   インティレット       藤岡佑介
5枠10番  フサイチジャンク     岩田康誠
6枠11番  トーセンシャナオー    L.イネス
6枠12番  メイショウサムソン    石橋守
7枠13番  ドリームパスポート    横山典弘
7枠14番  アペリティフ        安藤勝己
7枠15番  アクシオン         田中勝春
8枠16番  トウショウシロッコ     吉田豊
8枠17番  パッシングマーク     四位洋文
8枠18番  ソングオブウインド    武幸四郎

以上フルゲート18頭で京都競馬場外回り3000Mで争います。
昨年のディープインパクトに続き、メイショウサムソンが3冠の偉業に挑戦します。血統的には一番長距離向きなんですよねぇ。父オペラハウス・母父ダンシングブレーヴって。レース運びも、昨年のディープほど展開に左右されないし。当然この馬が軸になりますが・・・。

さて、メイショウサムソンの相手になる馬はというと・・・
トライアルでサムソンを負かした皐月賞2着&ダービー3着のドリームパスポート、他に逃げそうな馬が居ないので単騎逃げとなりそうなダービー2着のアドマイヤメイン。
ダービーからあまりメンバーが変わってないんですよね。で、ダービーから距離が伸びて良くなりそうな筆頭がメイショウサムソンだから。。。

新興勢力はシルククルセイダー、ネヴァブション、マンノレーシング、アクシオンくらい。タガノマーシャルはクラシック組みないけど2歳時にサムソンと走ってるし、ソングオブウィンドはラジオ日経賞(以前のラジオ短波賞こと「断念ダービー」)に行ってるし。

応援馬券でエルコンドルパサーの最後の産駒でも買っておくかなぁ。ってことで、8枠17番のパッシングマークに1票。
by okinuchan | 2006-10-20 09:32 | 競馬
北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝
北の大地に移転して3年目。そして日本ハムは25年ぶりのリーグ優勝を果たしました。
サマースポーツに縁の無かった道民の皆さん、おめでとうございます。

日本ハムが北海道に移転したのと時を同じくして、高校野球では駒大苫小牧が高校野球を盛り上げました。偶然じゃないと思います。
目の前に目標がある。高校生には何者にも代え難い教科書でしょう。そして、見られる事がプロの闘志に火を付けたのでしょう。25年、四半世紀も優勝に縁の無かったチームが、移転してから3年で優勝。誰もそこまでは予想してなかったと思います。

これにはメジャー帰りの「SHINJO」が一役買っていたのは間違いないでしょう。被り物他あらゆるパフォーマンスと、当然ながらプレーで魅せる。球場に足を運ばせる。スタープレイヤーとして、エンターテイナーとして彼は「北海道のヒーロー」であり続けました。シーズン早々に本シーズン限りでの引退を表明しましたが、その時に日本シリーズまで残れる事を予想していたのでしょうか。
が、結果を見れば・・・カッコイイです。9.11の同時多発テロの時にNYメッツの一員としてプレーしていた事を、ココまで生かしたのですから。

さぁ、次はセ・リーグの覇者である中日ドラゴンズと日本一を懸けての選手権です。
がんばれ~。
by okinuchan | 2006-10-13 09:15 | スポーツ
神保町のまんてん
b0105512_15582793.jpgまたまた学生街ご用達の「味より値段と量」の店です。
写真はカツジャンボ。これでお値段が650円也。。。はっきり言って「価格破壊」ですね。

並のカレーが400円で大盛り+50円、ジャンボ+100円です。トッピングはシュウマイ・ウィンナー・コロッケなど。+100円~です。
カレー自体はターメリックの効いた「黄色いカレー」です。また、定食屋さんのように小麦粉の入った、ドロッというかモチッというか、そんなようなカレーですですね。カレー自体はみじん切りの玉葱とひき肉しか見えません。ってか、ひき肉の食感しかない。
味は・・・まぁB級ギリギリでしょう。400円でお腹が膨れるカレーに多くを望んではいけません。不味くはないです。とりたてて美味しい訳じゃないんですが、暫くすると「そういえば最近まんてんに行ってないなぁ」と思い出される味です。明治・専修・中央・日大等で神保町界隈に通った元学生さんなら、気持ちがわかる人は多いんじゃないかなぁ。早稲田の「さんぴん」みたいなもんよ。

量はジャンボで、先日食した早稲田のライフさんの肉丼で並と大盛りの中間くらいかな。牛丼チェーン店でデフォルト大盛りの人なら、そう苦にはならない程度の量です。
厨房内で隣のとんかつ屋さんと繋がっているので、ここのカツを食べるとチェーン店系のカレー屋さんのカツは美味しくなく感じると思います。フリーズ品なんて、間違っても出てきませんから。

やっぱ、上品な店よりも、こういう学生街の老舗はいい味を出してますねぇ。ワンコインでお腹が膨れるお店は、金欠時の味方です。
by okinuchan | 2006-10-12 16:01 | 今日の出来事
カメラバッグの話
私が愛用しているのはDomkeとBillinghamです。

メインはDomkeのF-1X。
D70が2台に12-24(Tokina製)/18-70/35-105/60micro(以上Nikon純正)、グリップとクリップオンのストロボ(Sunpak製)とAC&乾電池パック、ACケーブル他小物とライトスタンド中&小、70cmアンブレラが収まります。外観のサイズに比較して、かなりの大容量ですね。
これは、発案者が報道カメラマンのJim Domke氏で、「取り回しのし易さ」最優先で作られているからです。その分キャンパス地が薄く、耐衝撃性などは多少スポイルされています。
この薄さでこの値段かぃ。初めて持つとそう感じると思います。が、私のF-1は購入してからすでに7年経っています。デザインが(私の購入する以前から)変わってない事もあり、決して古臭くなく逆に「年季の入った」渋さを醸し出しています。「道具ってのは使ってナンボだ」と言わんがばかりの実用性一点張りで、まさしく「プロが使う道具」ですね。

かたやカジュアルさを醸し出すのがBillingham。ラージバッグは445を使っています。
容量はF-1Xより少し小さいかな。かさは少し大きめですが。外観は似たようなキャンパス地(デザインは格段にDomkeより洒落ている)ですが、極薄ラバーをサンドイッチしてる分、生地に厚みがあり耐衝撃性が上がっています。内部の仕切りもクッションが効いていて、Domkeよりも格段に安心度が高いです。
値段は・・・Donkeよりも更に高いですね。が、やはり「変わらないデザイン」のために、古臭さを感じさせません。もう10年以上使ってるんですけどね。

サブバッグにはDonkeがF-2。
普通に使うなら、これでも大きいですよ。大抵の人はF-1まで要らないでしょうから。ボディ2台に交換レンズ3本+クリップオンストロボ程度なら、余裕で飲み込みます。
もう一回り小さいバッグにBillinghamのf4.5を使っています。
これは完全にカジュアル用です。ボディ1台とレンズ2本とクリップオンストロボ本体のみを入れてます。

お値段は・・・
大手量販店でF-1Xが35,000前後、F-2が27,000前後。銀座のレモン社だともっと安いかな。F-1Xで23,000くらい、F-2なら18,000くらいですね。ちなみにBillinghamはDomkeの1.5倍くらいします。
by okinuchan | 2006-10-06 11:11 | カメラ