文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
true tears 第6話
「え~」が半分、「やっぱり?」が半分のオチ。でも、アノ時の母の表情は・・・。

前回の引きに続いて、始まりは愛子・眞一郎・三代吉のサイドから。
う~ん。誰が悪いって訳ではない(いぁ、これがもう10歳うえの話なら愛子が悪いんだけど、高校時代にソレを悟れというのは酷)と思います。。。うん。眞一郎も同じく。眞一郎は、同居している比呂美に目が先に向いてますし、ましてや乃絵に振り回されている只中ですし。
それが解っていて、それでも気持ちが抑えられなくなった愛子というのも解らなくはない・・・と感じてしまうのは、それだけ大人になったからかなぁ。前回の買い物は、「やったらこうなる」のは大人の意見ですよねぇ。だから、三代吉目線でここを見ると、「三代吉、かわいそう」ってなっちゃう。

続いて、4番(石動乃絵の兄・純)の行動。眞一郎から聞き及んで比呂美と話して・・・察してるっぽいですねぇ。察したうえで、確信犯的な行動でしょう。という比呂美・眞一郎・純のサイド。
察しているけど、「妹(乃絵)のため」に引っ掻き回すんだろうなぁ。そういう狡猾さを持った兄に見えます。比呂美のワケまでは察してない・・・というか、察っせないでしょう、これ。そんな高校生、居ないって(w

b0105512_10524753.jpgそんな中で、眞一郎の母からつらく当たられる比呂美を見て、ついに母に詰め寄る眞一郎と・・・比呂美の口から発せられた爆弾発言は。物語が大きく動くひとつの山場に差し掛かりました。
でも、あの父がそんな事するかなぁ。それに・・・眞一郎より比呂美の方があとって事は、造り酒屋が仕込みをしている最中に時期が当たるわけで。。。この辺りが物語りの核心なんでしょうねぇ。というか、であってほしいという希望が。

b0105512_10515466.jpgにしても、巧いですねぇ。ホントにシリーズ製作が初めての会社なんでしょうか、ここ(A.P.Worksさん)って。
ストーリー構成から背景描写、各シーンのカット割りやアングルなど、良く作りこんでると思います。俯瞰を多用した構図って好きです。
登場人物を最小限に絞って、単純な人物相関にしながらも個別に設定の作りこみまでしっかりしていて。見ていて安心しますし、基礎設定だけしか使っていない原案ゆえに先が見えないストーリーに巧く仕立て上げられていますね。
次回が毎回楽しみです。なんか、次は(も?)ひと波乱ありそうですし。乃絵vs比呂美の取っ組み合い?愛子の気持ちを知った三代吉と眞一郎は?

「狼と香辛料」と並んで、今期のベストですわ、これ。
[PR]
by okinuchan | 2008-02-14 10:56 | アニメ
<< 新世代DVDはブルーレイに軍配... ネタです・・・テレコン+リバー... >>