文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
宇宙戦艦ヤマト 2199 第4章 ほか
b0105512_12211617.jpgこの4月から日5で放送開始の宇宙戦艦ヤマト 2199の第4章、第11話~第14話までが発売になりました。
監督のブッちゃん(出渕裕氏)が言われているように、過度のお色気・・・アナライザーのスカートめくりとか・・・は無くなってますが。。。うん。ちゃんと女性キャラのお風呂(とりあえず今回は雪&玲)はありました。
b0105512_1943754.jpg
セル版でもバスクリンは効いてましたし、B地区が見えないようなアングル&演出でしたけど(w
b0105512_19393443.jpg

その代り?といっちゃナンですが、雪の「おしり」にコダワリがあるような。。。(爆
↑ はエレベータが使えず非常用階段(というかハシゴ)を使った際に、古代の頭に足を下ろす雪(実際の画面はもっと暗い・・・ちょっちノイズが残った。。。OTL)。他にも、士官にあるまじき言い合いをした島と古代が命じられた罰掃除の際、古代の様子を見に格納庫まで来た雪が、コスモファイターの操縦席の縁に腰掛けるところとか・・・。
中の人がほー子さんですから、あまり過激ではないですけど。つぅか、中の人がりえポンの玲が結構なお色気要員?まぁ、新婚の年上の旦那(デスラーの山寺さん)が同じ現場ですしねぇ(^^

再構成は文句なし。さすがブッちゃん。
端折るとこは端折って、ちゃんと描くところは描いて。しかも、中の人は敵でも豪勢。中盤の敵役であるドメルに(大塚)明夫さん。ガミラス星に戻った時にちょいと出てきた奥さん役にたかはし智秋さん。
二言・三言しかしゃべらないのに印象に残る若本御大。第14話でお当番&限りだったセレステラの部下ミレーネルに岡村明美さん。
こうぃう方々の演技を観て(聴いて?w)ると、マジでタレントが軽々しく声優デビューなんてしているアニメは観る(聴く)に堪えなく感じますわなぁ。


さて、話は変わって。
私はアニメ化された原作小説にあまり食指を動かさなかったんですが、それでも幾つかは読んでます。それの追加で、ハイスクールDxD を読み始めました。TVシリーズがちょうど1年前の12年1月期。そのあと、9月に原作第13巻付録(特別版)にTV未放映の第13話、この5月に同第14話がリリースされて、(おそらく?)7月スタートで第2期、かな?
TV第1期は1クール12話で原作小説2巻分という密度の濃いペースで進められてましたが・・・第2期はどうなるんだろう。同じくらいのペースで、原作4冊(これでシリーズになってる)を2クールでってのが希望だけど。。。1クールで2冊(これでも終わらせる事はできる・・・伏線は残るけど)かな。
濃いペースで作られたアニメは、やはり面白いですわ。アニメ化された部分は未読で、そのあとの第3巻から読み始めて、只今第6巻。第1期の続きならば、今度は原作既読の状態でアニメを観る事になります。はたして、吉と出るか凶と出るか(w

もう一シリーズが、僕は友達が少ない。
こちらも、原作は原作で面白いですね。原作自体は、ショートショートの連作・・・コミックだと1ページ毎で起・承・転・結しながら16ページ続いてるものが収録されてるコミックスとそのシリーズ、って感じがします。
原作既読のファンがどう思うかまでは理解しませんが、アニメは原作のテンポの良さを損なっていないと思います。
[PR]
by okinuchan | 2013-03-10 14:23 | アニメ
<< 初代 沖田十三艦長に黙祷・・・ 要注意 株式会社 センシア >>