文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
タグ:スポーツ ( 178 ) タグの人気記事
リオデジャネイロオリンピック終焉、スゲーもん観ちまった!
毎日ログに残そうと思ったんですが、連日の日本人選手の活躍で・・・(w ダメでしたわ。

で、スゲーもん、その1 バドミントン女子ダブルス決勝(高橋&松友選手)

鍔迫り合いの接線から終盤に3連続ポイントを取られて19-16の大ピンチ。相手サーブからのラリーで、「ココしかない」が狙うには非常に勇気が要る&難易度の高いドロップショットを松友選手が放ち、これが反撃の狼煙。
追加点は再び松友選手。今度は下がっての、コートに居る4人の中で一番背が低い松友選手のスマッシュがデンマーク二人がまったく反応できないところに突き刺さる。
そしてさらに同点となる3点目。高橋選手のロブから4連続でカットした前衛の松友選手。デンマークが根負けしてついに同点。

後輩が決めれば、10年背中を見せてきた先輩が奮起しないわけがない。マッチポイントとなる20点目は、高橋選手のスマッシュを、デンマークはコートの外にしか返せない。
そしてマッチポイント。
松友選手のリターンから上がったロブを高橋選手渾身のスマッシュ・・・デンマークのリターンがネットにかかる。
大・逆・転
日本での放送時間は、フルセットになった事もあって夜中の2時過ぎ。それでもついぞ絶叫してしまった。

日本バドミントン界に初の金メダルをもたらした高橋&松友選手。
おつかれさま&おめでとう!


スゲーもん、その2 男子4x100Mリレー(山縣・飯塚・桐生・ケンブリッジ選手)

確かに、予選で中国が直前に出したアジア初の37秒台をさらに更新するアジアレコードを出していた。が、それでもメダルを・・・しかも銀メダルを獲得するまでとは思いもしなかった。
なにせ、周りは100Mの自己ベスト9秒台がズラリ。もちろん、今大会の100M金・銀・銅のメダリストが勢ぞろい。そんな中で、最速が桐生選手の10.01という日本が・・・アメリカ(3位入線/失格)に先着し、堂々の銀メダル。
個の足りない部分を補って余りある精密機械のようなバトンリレーで、強豪に食い込むアメージング。

一走、山縣選手が得意のロケットスタートを決める。スタートの時点で、すぐ外の中国を完全に置いていき、アメリカ・ジャマイカと競るタイミングで二走の飯塚選手にバトンパス。
二走は飯塚選手。200Mが本職の飯塚選手が、裏エースの各国選手に引けを取らない走りでバックストレッチを駆け抜ける。これ以上はないというタイミングで、三走の桐生選手へパス。
三走は、日本最速男の桐生選手。100M個人での一次予選敗退のウップンを晴らすかのごとくの快走でコーナーを廻る。すぐ内を走る次王者ジャマイカの三走アシュミード選手を追い越し、アンカーのケンブリッジ選手に先頭でバトンを渡す。
アンカーはケンブリッジ選手。相手は100M・200M・で3連覇、この4x100Mリレーでも3連覇を狙う世界最速男ウサイン・ボルト選手。そのボルト選手が本気になった。ケンブリッジ選手が持つバトンが脚に当たり振り向いた先に居たのがケンブリッジ選手。

さすがに、本気になったボルト選手が相手では分が悪い。が、内から伸びるアメリカ、外から猛追するカナダを押さえて、堂々の2着フィニッシュ。
信じられない!
日本が短距離のトラックで決勝、それもセンターレーンを走る事すら夢だったのに・・・そのセンターレーンに恥じない結果!
入場時、そして競技直後・・・とは言ってもウィニングラン後だったし、世界中のメディアからインタビューを受けたあとになったけど・・・のインタビューでの抜刀ポーズ。
サムライカルテット、お疲れさまでした&おめでとう。

スゲーもん、その3 男子バタフライ200M(坂井選手)

戦前、注目されていたのは、400M個人メドレーですでに金メダルを取っていた萩野選手の方だった。が・・・ライバルは、横(瀬戸選手/400M個人メドレー銅メダル)だけじゃなく、後ろ(萩野選手の一学年下)にも居た。

この競技、相手はキングオブスイマー マイケル・フェルプス選手である。陸上短距離のウサイン・ボルト、体操総合の内村航平、女子レスリングの伊調馨や吉田沙保里、と並ぶ絶対王者である。
それを相手にラスト50M・・・向こう側(2レーン)の瀬戸選手じゃなく、手前(7レーン)の坂井選手が伸びる伸びる。
まさにタッチの差、4/100秒という僅差まで追い詰めた坂井選手。
惜しいっ!
惜しい、悔しい。
しかし、まだまだ若い坂井選手。もちろん、萩野選手も瀬戸選手も含めて、若い。楽しみは、次の東京に取っておこう。
お疲れさま&おめでとう。

他にも、体操個人総合で0.9ポイント差を逆転した内村選手の鉄棒、個人種目として4連覇した女子レスリングの伊調馨選手と4連覇ならなかった霊長類最強女子の吉田選手。
マイナーなところでは、カヌーで初の銅メダルを獲得した羽根田選手。
惜しくもメダルを逃したものの、予選では強豪ニュージーランドを破り、決勝でもフランスを破ってベスト4までコマを進めた7人制ラグビー。決勝では失敗したものの、最高難度の大技を決めて決勝にコマを進めた新体操、などなど。
残り数秒での逆転劇が続いた女子レスリングの3連続金メダルもありました。

逆に、サクッと負けてしまった男子フェンシングの太田選手など、力を出し切れずに終わった競技もありました。

が、みなさんお疲れさまでした。次は・・・東京か。。。(実は、私は東京の開催に乗り気じゃない)
[PR]
by okinuchan | 2016-08-22 14:10 | スポーツ
三宅宏実選手、銅メダル獲得
オリンピックが始まったワケですが・・・

まずはおめでとうございます。
女子48kg級ウェイトリフティングで、三宅宏実選手が前回ロンドンの銀に続いて、銅メダルを獲得しました。
渡航前から腰痛があるとの報道で心配していたのですが、その怪我をおしてのメダル獲得。しかも、スナッチで2度失敗してからの土壇場でジャークへ進む為の最後の試技で成功、逆転のメダルをかけてのジャーク最後の3度目の試技で成功、とココ一番の強さ。
金メダル・銀メダルの二人が21歳という若さなのに比べて、ベテランとも言える4度目・30歳でのメダル獲得。

おそれいりました。感動です。
ラストの、挙げたあとの笑顔とバーを降ろして成功のランプを確認した後で跳びはねながらの笑顔とウェイトに頬ずりすした笑顔。30歳ながら、可愛さならば金メダルでした(^^


その前に、夜更かししてしまった原因がフェンシング女子エペ。佐藤希望選手!

惜しかった~~ぁ。
2回戦で世界3位・3回戦でロンドンチャンピオンとあたるくじ運の不運。
しかし、大金星!

始終先手を取りながら、途中でコンタクトがあり剣を持つ右手を負傷するアクシデント。幸いながらもアイシングで切り抜けたものの、その後は押される展開で追いつかれ延長戦へ突入。
がむしゃらに?突っ込んでくる相手に対し、冷静なカウンターで対応し、最後はついに相手の剣を避けきり勝利。

勢いで3回戦・・・相手はロンドンの金メダリスト・・・は突破したものの、準々決勝では生彩に欠き惜しくも敗退。負けた相手が金メダリストになっているだけに、惜しかった(つw;)
2回戦・3回戦の感じなら、負けるにしてもここまで一方的にやられる(4-15)負け方はしないはず。もちろん、全力で戦う舞台で怪我はつき物だから何を言っても言い訳になっちゃうだろうけど。。。それゆえに、惜しかったぁ。

調べてみたら・・・前回オリンピックのあとご結婚されてお子さんまでいらっしゃるんですね。女子初のエペでのベスト8、胸を張って帰ってこよう。
ママは強かった!

アラサー女子お二人、カッコ良かったっす。おつかれさまでた~&オメデトー!
[PR]
by okinuchan | 2016-08-07 11:10 | スポーツ
負ける事以上に恐怖や屈辱があるってのが・・・
信じられない。

いゃ、いま巷で騒がれてる「体罰」とやらの件ですけどね。
現在、挙句の果てに柔道の日本代表とかレスリングのオリンピックメダリストを輩出した強豪高校だとかにまで波紋が広がってるようですけど。。。

訴えてるヤツら、結果出したの?

練習でコーチ(顧問・監督)が厳しくて実力が出せませんでした?
アフォ抜かせ。身内が怖くて、対戦相手に勝てるワケがない。勝負の相手は、全身全霊を持って自分を負かしにくるんでしょ?
いつからスポーツは仲良しこよしお手々つないでになったのよ。

練習に全身全霊でぶつかって潰れてるところに水ぶっかけられて暴行されたのなら、そりゃ体罰だろう。でも、そうじゃねぇだろ?スキがあるから殴られてんじゃねぇの?
体罰されたってヤツら。どこまで自分を虐め抜いてたのよ。まず、話はそっからでしょう。

指導者を罰するのは簡単だよ。それを橋下はやろうとしてるだけ。
でも、その前に教えられてた側はどうなのよ?以前問題になった相撲部屋のような「かわいがり」だったのか?それなら納得もするが・・・。
ホントーに、訴えた側は体罰される謂われも無く自分を虐め抜いた上での事だったのか?

(私は別に賛成じゃないけど)東京でオリンピックやりたいんだよね?そんな仲良しこよしでいいの?勝てるの?金メダル取れるの?
[PR]
by okinuchan | 2013-01-31 14:53 | ニュース
だからさ・・・一流アスリートと同じ練習量ならば、体罰なんて
松岡修造&室伏選手、体罰問題に言及「当然暴力には反対」

する暇、ないでしょ?

ブッ倒れるまで練習して、ブッ倒れたところに水ぶっかけて竹刀でたたき起こして・・・ってなら体罰だろう。そういう練習をしてきてその成果を出してるにも拘らず、それでも力が足りなくて勝負に持ち込めないのを殴りつけたら、それは体罰でしょう。

そこまでやったのか?って事。

室伏・松岡の両名はじめ、元プロ野球&MLBプレイヤーの桑田投手など「超」一流選手が体罰はイカンって言っても・・・そのレベルの練習量や質をこなしてたのか?って。公立体育科の運動部キャプテンが、さ。

スポーツって、勝ってナンボ
って事を教える高校なんじゃないの?体育科って。リオの次、(私は今のままなら反対だけど)東京でオリンピックをやりたいんだろ?その時の主力選手になる世代じゃないのか?今の高校生って。
[PR]
by okinuchan | 2013-01-30 00:01 | ニュース
年末年始は毎度の事ながら・・・
完全に引きこもりでした(^^;ゞ
今年は、暮れに家の玄関とリビングの壁紙の張り替え工事をおこなったので・・・思わぬ大掃除となってしまい疲れた、ってのもあります。

とはいえ、引きこもって何をするでもなく・・・TVも特番とやらでほとんど観てませんでした。レギュラーの番組すら観なかった(これは観そこなった・・・)ですね。

で、観たのは恒例の駅伝。

まずは、元日の社会人。
昨年まで箱根で山の神と云われた柏原選手と、元祖「山の神」今井選手。
学生と社会人の差、なんだろうなぁ。

今井くんは、ようやく今年のレースで本領発揮といったところの「エースらしい」活躍を見せた。所属するトヨタ自動車九州はラストの混戦2位争いでも根性を見せて2着確保。もちろん、エース区間で区間記録のごぼう抜きをみせて下位から2番手まで押し上げた今井くんの活躍は無視できません。
一方の柏原くんは、社会人の洗礼といったトコでしょうか。期待や声援がプレッシャーになるような選手ではないはずですが、悪そうに見えなかった調子のワリにパっとせず、順位をひとつ上げるのが精いっぱい。
トヨタ自動車九州は、優勝未経験だったはずですから、最高順位かな?

続いて、2~3日の箱根駅伝。
よく間違えられますけど、このレースは関東ローカルですからね(w

山の神、今井・柏原といった選手が卒業して、このところより混戦模様。
とはいえ、昨年に柏原くんが卒業した東洋大は、総合2位(往路3位・復路4位)ですから、それほど下がったワケでもない。どちらかというと、前年に歴代最低着順を記録し今年の予選会からココへ向けての意気込みが違っていた日体大の勝利、ってトコでしょう。

その日体大。
前年棄権以外からは初となる予選会勝ち上がりの本戦優勝。復路こそ強豪校の意地を見せた駒澤に一歩ゆずりましたが、往路優勝の定時スタートから一度も先頭を譲らずの総合優勝は立派です。
東洋大は、激しく入れ替わる2着競りの主導権を譲らず、追い上げる駒澤大を振り切って総合2位。

強豪校が実力を見せる一方で、ここ数年力をつけてきた古豪の明治・青学といった伝統校もシード権を確保。明治は層がまだ薄く?ブレーキになる区間があり、青学は優勝争いをするには全体的な底上げが必要。これに今年は法政もシードを確保。
シード権確保の10校に六大学が3校名を連ねるってのは・・・。

一方で、今年は往路で強風が吹いていた事もあり、城西大と中央大の2校が、往路5区で棄権するというアクシデント。
城西は・・・シードの壁が高くて厚いなぁ。シードを出たり入ったりで。。。復路の時計は9位に相当していただけに残念。
一方の中央は、復路の6区で区間3位・8区で区間最速を出していた(往路で棄権の為に、復路はオープン参加で記録が付かない)だけに、こちらも残念。

と・・・実は、観たテレビってこれだけなのよね。
あぁ、大晦日の「猫物語(黒)」は観ました。ほっちゃんの「○○だにゃぁ」連発は、さすがに悶えましたな(爆
[PR]
by okinuchan | 2013-01-04 15:28 | 日記
サッカーって、団体競技だったよね?選手一人だけ剥奪?
b0105512_1738993.jpgなんで?

ってのは、先にTwitterでつぶやいたけど
FIFA、韓国代表MFの政治的メッセージ掲示問題を調査…各国で報道も
← の写真の件ね。
で、対応が
政治的メッセージを掲げた韓国代表MFにメダルはく奪の可能性
と・・・

いゃ、そんなんで剥奪されたとしても、メダルなんぞ日本は要らないのだけれどね。

でも、団体競技である以上、メダル剥奪は個人に対してじゃないでしょ。オリンピック憲章の、それも最初の方に書いてある「競技場内に政治的な事を持ち込まない」に、明らかに反する行為だよ。
知りませんでしたなんて言ったところで、写真の「ドヤ顔」見れば一目瞭然じゃん?

IOCもFIFAも、対応が甘くね?
サッカーは団体競技なんだから、「韓国に対して処分」でしょ。「ヤルナ」って言ってる事をヤッちゃったんだから。これが基本個人競技のリレー(陸上や水泳)だったらどうだ?「リレーのメダル剥奪」じゃないのか?
違反が「政治思想の掲示」じゃなく「ドーピング」だったらどうだ?それでも、個人に対してのみだったっけ?処分って。

フィールドの中じゃ、「地元でお互いの国同士が戦争してようとも、競技を終えたら握手でお互いを称えあう」ってのがオリンピックやワールドカップの趣旨だろ。
それを、何?この仕打ち。勝つためなら何でもアリ、勝った後にも何でもアリ、って。。。無気力試合をした(女子バドミントン ダブルス)かと思えば、堂々と政治的主張をするし。
メダル剥奪、オリンピックやワールドカップの参加資格停止、くらいの処分は当たり前の行為でしょ、こういう事って。ただの政治的主張じゃないんだよ?対戦競技で直接対戦・・・それもメダルをかけて・・・をした相手国との領土問題だ。絶対にやっちゃイカン事でしょ。

IOCやFIFAには、厳重な処分の裁定を求めたい。

逆に言いゃ、裁定でIOCやFIFAが日本の、世界的に見た東アジアを見る目線の高さが理解るってもんだ。
[PR]
by okinuchan | 2012-08-12 18:05 | スポーツ
週末はメダルラッシュ
毛利元就の「三本の矢」ではないですが・・・
個人戦でことごとく苦渋をなめさせられた競技で、日本の団体戦が健闘・リベンジしました。

まずは水泳。
メドレーリレー、ごめんなさい。上位にミスがあれば?とんでもない。
実力でもぎ取りました。女子が銅メダル、それに続いた男子は銀メダル。アンカーの自由形が弱い日本リレー陣、そこまでの3泳で貯金を作って粘りこみ、堂々の銅&銀メダル。
確かに金メダルは不在でしたが、欧米&オセアニアに真っ向から挑んでのメダル量産。お疲れさまでした。

お次はフェンシング。世界に通用する「ICE BOX」(w
準決勝、エース太田が前半で逆転される苦しいラストゲーム。そこからラスト30秒で追いつき、サドンデスで勝ち取るエンターテイメント。
遠く離れた日本で観ていても、思わず握りこぶしを握ってしまいました。

バドミントン女子ダブルスも脅威の粘り。
第1セットで力の差を見せ付けられたものの、第2セットで執念の粘り。3度のマッチポイントを粘って凌いだ姿に、目が肥えているロンドンっ子もスタンディングオベーション。
無気力試合であきれさせたバドミントンの汚名を削いだのは、この日本女子ペアでしょう。

卓球女子団体もメダル確定。あとは、今晩の決勝で金か銀か。
日本の中心は、若い福原&石川。明日の決勝だけじゃなく、その先4年後のリオまで見える活躍です。

そして、女子団体の銅メダルで口火を切ったアーチェリー。
男子個人で、古川がアテネの山本先生以来となる銀メダル。

さらに体操の内村。
体操に芸術点があれば、おそらく金メダルは内村だろう。「綺麗な体操」を目指した日本の男女体操が目指した結果の、価値ある銀メダル。

最後は、オリンピック後半戦のメインとなる陸上競技。
37歳の日本が誇る世界の鉄人、いまだ健在の銅メダル獲得。

確かに、金メダルは2個と不振でしたが、がんばってるよ日本!
[PR]
by okinuchan | 2012-08-06 10:11 | スポーツ
ロンドンオリンピックもターンオーバー
カテをスポーツにするかニュースにするか日記にするかで迷ったんだけど・・・リンクなどの引用なしでの感想なので日記に。

開会式前に始まったサッカーの予選リーグから数えるとちょうど半分で、今晩(明日未明)からは陸上競技が始まるので頃合かな?と。
柔道・体操・水泳がクライマックスかな。

ことごとく金メダルを取りこぼした柔道。
金メダルは、最終日の今日(男女 各1階級)を残して女子57kg級の松本薫ただ一人。他に、銀メダルが男子で2階級(女子は0)・銅メダルで男子2と女子1の計3階級。
理由はさまざまあるだろうけど、ハッキリ言って「観ていてつまらない」というのが集約されるところだろう。他の国の人たち、これ観て面白いと思うのかしら?

何より、審判がお粗末過ぎる。このような場(オリンピックに代表される国際試合)で審判する人は、柔道競技経験者で有段者にしか資格を与えない、くらい厳しくしないとダメだろう。同じ畳の上で第三者視点が持てなければ、柔道の技の見極めなんてできるワケがない。
畳の上の審判(副審含む)がお粗末だから、ビデオ審判がしゃしゃり出る。しゃしゃり出るから流れが止まる。これの(悪)循環。

また、競技内容も面白くない。
前傾姿勢で組み手を外す行為ばかりで、マトモに組まない。前傾姿勢は指導、取られた襟を両手で切ったら指導、くらいの事はルール化してもいいんじゃないか。今のままじゃ、劣化レスリングだ。
近年、いきなり脚を取る技が禁止(一発反則負け)になったらしい。諸手刈りや朽木倒しなど、非常に反則負けを食らい易い技で、実際これで勝負が決まった試合もある。そりゃ、前傾姿勢で諸手刈りはレスリングのタックル技で当たり前のようにやる。問題なのは、諸手刈りではなくその前の前傾姿勢だろ?
いくら柔道とは違うJUDOとはいえ、judoと発音する競技をやるなら背筋と腰(と膝)を伸ばして立ってヤレ&始めろ。


柔道とは逆に、水泳は面白かった。
確かに、北島康介で金メダル2つというのを取りこぼした。メドレーリレーが残っているけど、北島は個人種目でメダル無しに終わった。
が、全体での金メダルは無いがきちんとメダルを量産している。「金もあるかも」と思われていたところで銀・銅に終わった種目もあるが、ノーチェックだったニュービーが世界と渡り合ってメダルを勝ち取った種目もある。

男子400M個人メドレーで、世界のフェルプスを抑えて銅メダルに輝いた萩野公介。スマン・・・メダル取るまでノーチェックやった。たぶん「世界最速の高校生」だろう。あのフェルプスに先着したんだから。
他にも、100で銅・200で銀を取った女子ブレストの鈴木聡美。同じく100で銅・200で銀の男子背泳ぎ入江陵介をはじめ、自由形以外はメダリストが揃った。
これで、男女メドレーリレーが面白く・・・メダルの希望が膨らみました。上位チームにタッチ&スタート(フライング)のミスでも出た日にゃ、金メダルもあるでしょう。。。と、あまり期待しちゃいけないな(w


体操は、ちょっと残念な結果だったかな。それでも、最後に個人総合で内村航平が金メダルを獲得して面目を保った。

ただ、ここ(個人総合)に中国の選手が居ないのって、「体操競技として」どうなの?と。おそらく、このあと行われる個人種目別も上位は中国の選手が名を連ねるでしょう。もぅ「得意種目」というレベルじゃないよね。全部ができた上で得点を稼げる競技、ではなく「それしかできない」スペシャリストで競って・・・って、面白いか?
確かに、直上で書いた水泳も個人の種目別での競技が基本だ。が・・・なら「(団体)総合」ではなく「メドレー(リレー)」とした方が競技的にはシックリくるんじゃなかろうか。逆に、水泳の「個人メドレー」は「個人総合」と名を変えるとシックリくる。

負けたから言うわけじゃないし言ったところで負け犬の遠吠えであるからあまり言いたくはないが、それでも中国のやり方に疑問が残るのは確かだ。いゃ、ルールにのっとってその中でやってるのは認めるよ。

女子の方はもっと残念だったけど、光明が無いわけじゃない。国内選考会で頭角をあらわした女子高生ジムナスト寺本明日香が、大舞台でもひるまない演技を見せてくれた。
4年後、彼女に続く選手が現れてくれば、今回の悔しさを覆す事ができるでしょう。


マイナーなところでは、ウェイトリフティング女子の三宅宏実が、三度目の正直で父を超える銀メダル。日本記録を出しての銀メダル(二位)は、勝った相手を誉めるしかないでしょう。
もぅひとつが女子アーチェリー団体の銅メダル。アーチェリーの女子として初、男子を通じても山本(博)先生の銀メダル以来となるメダル獲得。

それとは逆に、他国・・・それも強豪国・・・の姑息な駆け引きの末に失格となって転がり込んできたのが、女子バドミントンのダブルス。中国とインドネシアの各1チームと韓国の2チームが、決勝トーナメントの組み合わせを睨んでワザと負けようとした無気力試合で失格となり、日本は初の決勝進出(=金か銀のメダル確定)。

で、これの引き合いとして、日本の女子サッカー予選リーグ最終戦で「二位通過狙い」が出されてましたが・・・。
バドとサッカーじゃ、意味合いが違う。
まず、「負けようと思って試合をしていたワケじゃない」という事。そして、「相手は勝ちにきていた」という事。確かに、勝ち抜けが決まっていた日本はサブメンバーを配して主力を温存していたが、これはオリンピックの強行な日程によるもの。
さらに、試合場の問題で、中2日のうち丸1日かけて移動しなければいけない日程。サッカーの開催場がロンドン近郊にすべて集結していて移動がなければ、普通に1位通過を狙っていたでしょう。
全戦を同じペアで戦い、同じ会場で試合をするバドとは、少々意味合いが異なる。

まぁ、いろいろと問題が出ているロンドンオリンピックで・・・だからなのか、北京の時ほど熱くなれないし、さらにその前のアテネ以前の方が注目していたと思うと。。。
今のオリンピックって、面白くなくなくね?って感じで、それゆえログも少ない、と。
陸上が始まって、面白くなるかなぁ。。。なるといいなぁ・・・
[PR]
by okinuchan | 2012-08-03 16:49 | 日記
日本でのオリンピックマイナー競技・・・でも
射撃(男子ピストル・女子トラップ)と、セーリング(男女の470級・女子レーザーラジアル)、それから女子ウェイトリフティング。
メダルが期待できる競技です。

フェンシングは、前回の北京で太田選手が活躍して知名度・・・日本のレベルが知れ渡りました。それと、女子のホッケー、いい線いけると思うんですよねぇ。

あまり報道されないトコだと、この辺りかな。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 18:54 | スポーツ
女子に続けと男子も勝利 オリンピック男子サッカー
優勝候補と目されていたスペイン相手に勝利。これは驚いた。どうせ負けると思って、生中継を観てませんでした。代表のみなさん、スミマセンm(__)m

でもね・・・新聞の見出し「グラスゴーの奇跡」ってのは・・・。

96年のロスアンゼルスオリンピックで、日本代表がブラジル代表を破った時に「マイアミの奇跡」って言われましたけど。。。
あの時は、まだ日本はワールドカップを知らなかった(本戦に出場した事は無かった。翌97年に初出場決定・98年フランス大会で初出場)。そんな国がワールドカップ優勝経験国であるブラジルを相手に勝利したんだから、それは奇跡でしょう。

現在、日本はワールドカップに3大会連続で出場中で、前回大会はグループリーグを突破しベスト8に最も近いベスト16(日本はPK負け=記録上は引き分け)でしょう?
確かに、その大会で優勝したのがスペインでり、その後もユーロ優勝などフル代表は世界一の座を守っちゃいるけど、アンダーチームで日本もそれほど開いてない・・・少なくとも、ロス五輪の時ほど・・・じゃない?ジャイアントキリング(大番狂わせ)なのは違いないだろうけど、「奇跡」というほどありえそうもなかったのか?

浮かれまくっているマスコミのスポットを観ると、4-0(もしくは、スペインが何点か入れた)スコアでもおかしくない展開じゃなかったのか?
「マイアミの奇跡」のあと、日本は本戦出場を逃している。勝ち点では並んでいたものの、得失点差で足りなかったのである。
今回、点を取れるゲームを1-0で終えてしまった事が、最後の最後で響かない事を祈る。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 17:16 | スポーツ