文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
カテゴリ
ライフログ
タグ:アニメ ( 640 ) タグの人気記事
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVII
b0105512_16031762.jpg4~9月にアニメ化されていた「ねじ巻き精霊記 天鏡のアルデラミン」の第7巻。既刊はうでに10巻に達していて・・・まぁ、この記事を書いてる時点で、私も第9巻までは読了しているのですが(^^

で、以下はネタバレを多く含みます。

アニメでは、北域鎮台からの撤退戦で帝都に戻り、騒乱の元となった鎮台司令官サフィーダの処罰まで・・・これが第4巻の冒頭・・・描かれました。
で、その後ですが。。。

まず、キオカに糸を引かれていたとはいえ動乱のもう片方の元となったシナーク族を北域から東域の西部に引越しさせ、マシューの親父さん(軍派閥に対し中立を保つテトジリチ家の当主)に預けるまでが第4巻。その後、明け渡した東域を再奪還せよとの命により、別働隊として海路で目指し、そこでキオカと海戦をする第5巻。
第5巻の終盤で勃発した、帝都のレミオン派によるクーデター・・・という流れで、第6~7巻がクーデター編。

アニメのEpisode05、イクタとヤトリの過去編は、この第7巻の二人の回想(の一部)を纏めたのかな。Episode05のあと、イクタの父バダが勅命に逆らい処罰され、母がイクタとの逃避行で病に斃れ・・・と、イクタの約束と望みと年上趣味とマシューとの出会いなどが随所に描かれながら、クーデターの黒幕との対峙を経てヤトリの開放・・・と。

そりゃ、壊れるわな。イクタも姫殿下も。
クーデター鎮圧の為にイグセムに戻ったヤトリと、第三勢力として立ち上がったイクタ。当然、戦場で対峙するわけで・・・。
(とりあえず)第9巻までで一番ぶ厚いのが第7巻でしたが、上記のとおり「半分くらいは過去回想」ですから、内容(リアルタイム)自体はほぼ戦場。その中でも半分は「戦略の読みあい」です。

そのさなかに勅命が下り、イクタと殺しあう羽目になったヤトリ。自分の中のヤトリシノを殺しつくしてただのイグセムになる、がここに効いてくる。
それを踏まえた上で、他の騎士団3人と力を合わせてヤトリを打ち負かすイクタ。

ん~~。
ここまでアニメでやってくれれば、ヤトリの種ちゃん(はやく元気になって戻ってきて~。でもちゃんと治して)はイメージにあう。ただ、アニメ化された13話・3巻分だと・・・そこまでしかしないから種ちゃんでヒロインに据えたのか。。。
確かに出番が多いんだけど、確かにキーパーソンなんだけど、9巻まで読み進めても「ヒロイン」には感じなかった。強い・・・たぶん、作中で1対1ならまず間違いなく最強・・・からかな。それだけじゃないような気がするんだけど。

ヒロインとしては、徹頭徹尾シャミーユ姫殿下(第8巻で即位して女帝陛下になるのだが)だなぁ。こっちのいのりんはピッタシ。
騎士団の他の4人・・・ヤトリとハロはヤトリ・ハロと愛称で、マシューとトルウェイはそのまま名前で呼ぶのに対し、イクタだけ「ソローク」と素性を明かしたあとも呼ぶんです。お姫さん自身は第1巻で知って(調べて)いましたが、それ以降もソローク、旭日連隊を立ち上げたあともソローク、です。

ここまで読み進めてきて・・・アニメの第2期をやってほしい原作のひとつだけど、ちょっと切りどころが難しいなぁ。
1クールでここまでやっちゃと、完全に走りすぎで、それだけの心理・心情といったキャラクターの内面を描ききれない。かといって、クーデター勃発までだとちょっと間延び。2クールでクーデター終結まで、がいいけど・・・終わり方で続きが気になる終わりになるし、
そもそもアニメの続編を作れるだけの円盤売り上げをしてるのか!
という問題があるな。

10巻は・・・たぶん、読むのは2ヶ月くらい先かな。
[PR]
by okinuchan | 2016-11-01 17:01 | ライトノベル | Comments(0)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
b0105512_11324377.jpgアニメを観てから原作を読み始める作品って、それほど多くないのですが(学戦都市アスタリスクとGATE 自衛隊 彼の地にて斯く戦えり、くらいかな。あぁ、ストライク・ザ・ブラッドもそうだ)・・・これは読み始めました。

とりあえず第1巻を読破。アニメの1~4話部分です。
基本的には、原作に沿ってますね。ところどころ端折ってますが、大筋では同じで変な改竄(w)も無く・・・と言いたいところですが。
ちょっとネタバレになります。
ラスト(アニメ第4話)が、模擬戦が終わるところでアニメは終わってますが、そのあとも原作は続いていて、いわゆる「その後」があります。そこでシャミーユ殿下とイクタの密談があり、(おそらく)それが今後の複線の大筋になっているんだと思います(なにせ、まだ第1巻しか読んでないのでw)。

アニメでも、シャミーユ殿下の聡明さは描かれてますが、その年齢に見合わない聡明さの理由もそこで描かれてるんですね。
ただ、アニメでコレを描かなかったって事は・・・二期以降は、あまり想定してないのかなぁ。キャスティングも豪華だし、巧くハマってると思うし、続きもアニメで観てみたいんだけどなぁ。

キャラクターで一番アニメと原作でブレがあると思ったのは、何を隠そうメインキャラのヤトリ。中の人(種ちゃん)の声もあって「メインヒロイン」的なポジションになってますが、原作第1巻を読むとヒロインはシャミーユ殿下だねぇ。
イクタとヤトリ、原作第1巻を読む限りだと、「信用・信頼はしてるけど、好き嫌いで言えば嫌い」なんじゃないかと感じるくらい。イクタはヤトリの軍人気質が、ヤトリはその軍人気質からイクタの行動が、嫌いというより許せない?って感じ。
アニメでは、そこまでの嫌悪感はない・・・少なくとも、嫌ってはいないですよね。

あとは概ね原作小説どおり・・・まぁ、戦記モノを変に改変しちゃうと辻褄あわせが大変になるから(w
そう考えると、やはりラノベ原作でストーリーがしっかりしてるものは、1冊=5話で描いてちょうどいいくらいなのかな。
原作も一気に読みきってしまいましたし、楽しみなシリーズが増えたかも。
[PR]
by okinuchan | 2016-09-18 12:05 | Comments(0)
とりあえず原作どおり?「四月は君の嘘」最終回
b0105512_09374736.jpg
なのかな?いゃ、原作未読なもんで。

前回の続きで、前半は公生の高校進学を賭けたコンクールの演奏、その後半から。
ショパンのバラード ト短調(作品23)に載せて、公生が心情を吐露する。いゃ~、花江くん、こういうの巧いねぇ。
その心情、清んだ空と水の中に現れるかをり。柔らかなパートに飛び込んでくるバイオリン。ピチカートが、公生に「音楽は楽しむもの」と語りかける。クライマックスで弾けるかをりの姿。
演奏が終わって、Aパート中割れアイキャッチに被される「さよならっ」

後半はかをりの、最初で最後の公生へのラブレター。
こちらは種田の独壇場。

何気にいい味を出してたのが、椿の親友「柏木(奈緒、って名前だったのね・・・最終回で明かされる事実w)」ちゃん。この娘、好きだなぁ。

母の時とは違い、かをりの死を受け入れそれでも一歩を踏み出した公生。バックに流れるピアノ弾き語りの「キラメキ」、公生とかをりの会話。そして、椿の2度目の告白。
「君が居ない、春が来る」
タイトルバックからエンディングテーマは、ギター弾き語りVer。
テーマに音楽が絡んでいただけあって、音でも感動させられました。

いゃ、面白かったですよ。
[PR]
by okinuchan | 2015-03-20 10:20 | Comments(1)
ん~~、2番煎じだけど元祖の方が・・・
こちらが、昨年のZ会。


今度は、進研ゼミ。


なんというか・・・
私は、新海版の元祖の方が好き、かな。

Z会の方って、成績が上がった(良くなった)とかって描かれてないんですよね。
全然接点の無い二人の学生・・・都会(東京だろう?渋谷か代官山)の男子高校生と地方の離島の女子学生がZ会の同じ問題を解くのに、考え方や解き方が同じだと採点する先生?が感心するシーンはあるけれど。
あまり「学力向上」を前面に押し出してないでしょう?

それに比べると、今度の進研ゼミは・・・まぁ、受験補講業という企業CMとしては押し出すべきなんでしょうが、それゆえ「ありきたり」で「ワザワザ、アニメにする必要あったか?」とも。。。
第一印象的に損してるような。
二番煎じゆえ、ハードルが上がってるってのもあるし、元祖のZ会で新海監督がガチ過ぎたってのもあるし。これが、2分を1ヶ月単位で1本ずつ10回くらいの連作だったら、また観方や評価は違ってきたかとは思いますが。

見せ方か何か、一ひねりが無くちょっと残念かも。
[PR]
by okinuchan | 2015-03-18 15:05 | Comments(0)
3月恒例 声優アワードの結果
主演男優賞 小野大輔
主演女優賞 神田沙也加
助演男優賞 小西克幸・森川智之
助演女優賞 沢城みゆき・花澤香菜
新人男優賞 逢坂良太・斉藤壮馬・花江夏樹
新人女優賞 雨宮天・上田麗奈・州崎綾

まず「う~ん」だったのが・・・そう。主演女優。
ぃゃ、新人としては下手じゃないよ?ディズニーの話題作の主役だよ?でも・・・それだけだよね、今んトコ。確かに主役が集中する時代ではないんだけど・・・。

小野Dも、「主演」ならヤマトを演じた昨年、って感じ。「ばらかもん」や「黒執事」はありましたけど・・・。

こにたん・森川・みゆきち・ざーさん、はまぁ、ね。意外にも、ざーさん声優アワード初受賞かな?

新人賞、逢坂さん、今年かぁ。花江も・・・逢坂が一昨年、花江は昨年、って感じだったんですがねぇ。まぁ、今年も出演作は多いですが。斉藤くんは、残響のテロル(ツエルブ)がハマってました。
女性は・・・テンちゃん、押されてますねぇ。セラム(アルドノア・ゼロ)やエリザベス(七つの大罪)みたいな高い声からトーカ(東京喰種)みたいな低い声まで、役幅広いっすね。上田・州崎は、期待票込みでしょう。

ところで・・・種田は?(w かやのんは、みゆきち&ざーさんのツートップに阻まれた感じですね。「助演」ならうっちーも芽があると思うんだけど。。。

[PR]
by okinuchan | 2015-03-06 20:16 | Comments(0)
違法アップロードについての私的見解
あくまでも、私的意見です。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150206-00040452-r25&vos=nr25mn0000001
このCFが流れているのも知っていますし観ましたし、私も「著作側に立った事」がある人間です。

ただね・・・
確かに、「製作者(社)」にゼニが落ちないやり方が、正しいとはいいません。けど、視聴できない(物理的にも精神・・・精力的/時間的制約に於いて・・・にも)人が多いのも事実なワケで。
特に、深夜アニメ。放送枠の価格の安さ(と、視聴者の偏り)から、今のアニメは23時以降でだいたい3時ごろの放送ってのが多いし、地域的にも都市圏ローカルなものも多い。
メディアミックスで「人気作で元々ある程度の売り上げが望める」モノはともかく、「人気を出す為のテコ(カツ)入れ」の場合、そのアニメを「観てもらわなきゃ」いかんワケで・・・。

実際、アニメのセルメディア売り上げとしちゃ「5,000を超えれば御の字」くらいでしょう?超えたアニメって、何作あるよ。
売り方、悪いっしょ。

前出後者の場合、観てもらって「面白ぇ、コレ買いたい」と思っても、初版が売り切れると増刷されずにゴメンナサイ、じゃ・・・中古を買っても製作元にはゼニは落ちんのでしょう?違法動画とドコが違うの?

逆に、「製作者(社)にゼニが落ちる」システムにすればいいんじゃん?
1クリック(再生)でUP主に2円落ちる、その内の1円は「製作者(社)に還元される」とか。あくまで「製作者(社)」ね、本放送をしたマスメディアじゃなく。スタジオやプロダクションに、ゼニが落ちるシステム。

製作サイドに体力(資本金)さえありゃ、別にTV局を通じてなくても、NET配信だけでそれが有料(高額じゃダメ)でも観るでしょ。1クリ数円でも、話題になってるモノなら数万単位でカウントが伸びる。人気が出れば、その一桁上までカウントが上がる。
先にゼニ出してもらって、放送してもらって、円盤が売れてようやく自分トコの上がり、ビジネスモデル・・・たぶん、最初は「新世紀エヴァンゲリヲン」辺りじゃナイかと思う、所謂「委員会方式」・・・は、もぅ破綻してるでしょう。

で、そのエヴァはというと、ナゼにこれだけ支持がいまだに残ってるかっていうと、「パロディを認めた」からだと思うのよね。
全盛時のFF/SS(ファン・フィクションやサイドストーリー)のサイト、自作イラストのサイト、MADフィルムと言われるパロディムービー、「ある(アップしている)サイトを探すのに苦労せず、好みのサイトを見つけるのに苦労する」くらい沢山あった。

今のアニメ、どうよ?そういう遊び、させてもらえないジャン?
作者も購入者もメリットが無い商品って、オカシイでしょ。著作権は、保護しなきゃいけない。じゃないと、作る人のメリットが無くなる(=作る人が居なくなる)。
ただ、保護しなくちゃいけないのは「作り手の権利」であって、それを仲介する人の権利ではない、と思う。で、現状はというと、「保護されているのは仲介者(社)」である放送局や出版社、だよねぇ。
矛先、オカシクね?

話を戻して、違法アップロード。
確かにミリオンやそれに迫る売り上げがある商品なら、問題でしょう。でも、実際に問題視されてる部分って・・・4桁半ばで5桁に乗ると人気、ってレベルじゃないかぃ?
しかも、商品の受け取り側にも課題が山積みになっている商品。

故に、「違法だ、違法だ」と喚くよりも、「それを合法にしたうえで、作り手・仲介・受け手のすべてがウィンウィンになる」方法を考えるべきじゃないかな?とね。
何のためのデジタルで、何のための高速ネット網なの?と・・・アナログ時代の法律をそのまま持ち出しても、意味は無いんじゃないか、というか違法だらけになってしまう(あぁ、これが意味の無いという事だなw)んじゃないか、とね。思うわけです。

[PR]
by okinuchan | 2015-02-08 11:33 | 日記 | Comments(0)
アルドノア・ゼロ 第15話
や~、案の定Youtubeから赤(著作権侵害)が来ました(w

b0105512_11531871.jpg気分を入れ替えて、本編第15話です。
巷でチート扱いされてる(まぁ、実際そうだしw)ナオ君こと伊奈帆(←)ですが・・・何気に一番チートなのはこの人(↓)なんじゃ?
チートのナオ君と、ブラインドチェス・・・駒の配置をアタマの中で組みながら盤面を見ないで差すチェス・・・をしながら会話、って。まぁ、27歳で大佐にまで登りつめた人ですから、只者ではないんでしょうけど・・・。
b0105512_11531015.jpgさすがに、チート加減がパネぇナオ君には敵わなかったようですが、マグバレッジ艦長さすがです。義眼の解析能力のテストを、自分の眼で確かめたかったんだと思いますが・・・。
ちょっとキレ者過ぎるでしょう(w 不見咲(みずさき)副長に「モテナイ理由」を要所でツッ込んでますけど、艦長もキれ過ぎて敬遠されるタイプなんじゃ?
b0105512_11532538.jpg

もう一方のスレイン君。こちらはやはり乗機タルシスのチート機能でした。気象条件まで含めた弾道予測・・・とはいえ、6時間先までってのもかなりのチート。
逆に、ワザとなのか近距離で被弾していました。予測しても搭乗者のレスポンスが追いつかない、って事なのかな?すると、活路はドッグファイト以上に近付く肉弾戦、って事になりますが。

そのチート機能を使ってナオ君をハメようとした罠に、ザーツバルム卿がハマって戦死。
せっかく貴族にイジメを受けていたスレイン君を養子にする宣言をしたのに、したとたんこのアリサマで・・・ちょっち可哀相だったかも?
姫さまを撃った恨みでいつかは殺るつもりだったんでしょうが、養子宣言で急ぐ必要もなくなったワケで・・・でも、罠を仕掛けてある事を卿に言わなかった&加勢はもっとできたはず、という事から「ナオ君もろとも」から「本命が逃げてついでが仕留められた」とも取れます。が、行動がちょっとチグハグかなぁ。描かれた(意外と表情を出させやすい志村さんのキャラクターから)表情から、私は前出のように感じたのですけれど。

あと、スレイン君の補佐をしているハークライト。中の人が浪川さんとあいまって、「なんかひとクセありそう」な黒さが垣間見えるんですが・・・気のせいかな?(w
[PR]
by okinuchan | 2015-01-25 12:20 | アニメ | Comments(0)
アルドノアでMADを作ってみた
AviUtlを使ってみたんですけどね・・・
MAD職人、感心するわ(w

しっかし、フリーでできちゃうって・・・普通の人、プレミア要らんのと違う?

エンコード設定を変えて画質を上げてみました。
覚書 リンク先 http://youtu.be/R8dpK5DD9fo

[PR]
by okinuchan | 2015-01-21 09:51 | アニメ | Comments(0)
アルドノア・ゼロ 第二期
b0105512_10474127.jpg
b0105512_10472457.jpg虚淵ストからはあまり評判はよくないようですが、最近のスパロボものとしては面白いと思います。

←が、第一期からのチートに拍車が掛かった主人公のひとり、界塚伊奈帆(以下、いなほ/CV 花江夏樹)。第一期のラストで浴びたアセイラム姫の返り血を口にした為にアルドノア因子を取り込み、地球サイドのエース(切り札)となりました。
また、その時の怪我によりはめ込まれた義眼が・・・これまたチート(w
b0105512_10582303.jpg
b0105512_10472997.jpg対して、火星サイドの主人公としていなほの対となるポジションに居るのがスレイン・トロイヤード(以下、スレイン/CV 小野賢章)→。
こちらは、火星の騎士が使用するチート装備カタクラフト・タルシスに搭乗。チート機能は、向かってくる攻撃に対しての正確な弾道予測と適切な回避運動、でいいのかな?スレインがスペックアップしてたり(ウミネコにクラスチェンジか?といなほ君は言ってますがw)は無い・・・と思う。

その二人は、第一期最終話以来二度目の邂逅。
立場が逆転している・・・第一期でアセイラム姫を保護し極力利用を避けていた(必要な協力はしてもらっていた)いなほと、それすらも止めたかったスレインが、第二期ではアセイラム姫を保護し利用しているスレインと、そこから開放させたいいなほ、という立場・・・を巧く描いています。
面白い(面白く感じる)のは、安易に「正義」とか「平和」とかをテーマにしてないからでしょうね。

あとね。
このアニメを語る上で外せないのが、音楽の澤野弘之さん。もぅ「カッチョエェ!」んよ、これが。But it's Keep on keepin on And it's I just wanna know~ って(^^
澤野さんの名前を気にしだしたのは、TVドラマ 医龍-Team Medical Dragon-でした。そのあと、アニメでギルティクラウンかな。

このアニメで、一番のツボなキャラクターは・・・私は「マグバレッジ艦長」なんです。「不見咲くん、あなたがモテない理由を教えてあげましょうか」って・・・艦長、モテてるんですか!?まぁ、中の人(CV/茅野愛衣)はモテモテでしょうけど(w
冷静沈着にして大胆なワリに的確な判断なのは、いなほ君に通じるところがあります。かやのんが、こういう声でこういう演技(役)・・・ってのも「できるんだ、やっぱ巧いな」と思いました。
[PR]
by okinuchan | 2015-01-18 11:47 | アニメ | Comments(0)
アニメ 10月期の新番組
日曜日 7本
8:30 ハピネスチャージプリキュア(継続)
17:00 七つの大罪
20:30 グリザリアの果実
22:00 オオカミ少女と黒王子
22:30 天体のメソッド
24:00 アカメが斬る!(継続)
25:35 ガールフレンド(仮)

月曜日 2本
23:30 神撃のバハムートGENESIS
26:05 異能バトルは日常系のなかで

火曜日 2本
18:30 マジンボーン(継続)
25:40 トリニティセブン

水曜日 3本
22:00 ヤマノススメ セカンドシーズン(継続)
24:30 大図書館の羊飼い
25:05 棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE

木曜日 9本
22:30 デンキ街の本屋さん
23:00 白銀の意思 アルジェヴォルン(継続)
23:30 SHIROBAKO
24:45 サイコパス2
25:00 旦那が何を言っているかわからない件
25:15 四月は君の嘘
25:33 俺、ツインテールになります
26:03 甘城ブリリアントパーク
26:34 結城友奈は勇者である

金曜日 0本

土曜日 7本
17:30 まじっく快斗1412
18:00 名探偵コナン
20:00 魔弾の王と戦姫
20:30 失われた未来を求めて
23:30 ソードアート・オンラインII(継続)
24:00 Fate/stay night - Unlimited Blade Works
25:30 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

7+2+2+3+9+0+7 で、週30本か。。。結構アルな(w

面白かったのは・・・
七つの大罪とトリニティセブンは、七つの大罪モノで方向性が違っていて楽しめた。棺姫のチャイカは、分割2クールの後編で安定した続編。甘城ブリリアントは・・・期待しすぎた分が割引かな?(w
意外と面白かったのが、SHIROBAKO。外さないのがノイタミナ枠の、四月は君の嘘。サイコパス2は、期待半分でココからどう展開していくのか。

SAOは、2クール目で中編エピソードのエクスキャリバー入手編とマザーズ・ロザリオ編。マザーズはSAOの中でも「泣けるエピソード」のツートップの一角で、さぁ「監督のお手並み拝見」の部分が大いにある。クライマックスで泣かせられなければ駄作決定の烙印を押されるかな。
GGOのラストからすると、3期は無さそう。というのも、次のエピソードは2クールあっても終わらないでしょうから・・・たぶん、ちゃんと描いたら4クールでもムリ。3人目のSterbenの扱いが中途半端になっているが、これはしょうがない。
[PR]
by okinuchan | 2014-10-18 11:25 | アニメ | Comments(0)