文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
ひとひら
b0105512_10203278.jpgコミックハイに連載中のマンガです。

人前に出るのが苦手でマトモに話もできないような内気な少女(主人公の麻井麦ちゃん)が、ひょんな事から「演劇同好会」に入部する羽目になり・・・。

実は麦ちゃん、人を惹きつける声の持ち主なんですね。入試発表の時に叫んだ「やった~」の大声を偶然聞いた同好会会長の一之瀬野乃さんがどさくさにまぎれて麦ちゃんを引きずり込んだ、と。

野乃さん、のどに爆弾(病気)を抱えています。演劇部から独立したのも、演劇部の現部長(榊さん)が舞台に立つのを辞めさせようとしたから。他人と接するのが苦手な野乃さんを演劇の世界に引きずり込ませてくれたのが榊さん。
野乃さんの将来を考えて舞台に立つことを辞めさせたい榊さんと、榊さんに教えてもらった舞台の楽しさだからこそ辞めたくない野乃さん。自分に次の舞台は無いかもしれないという不安の中で、それでも立ちたいという思い。

人を惹きつける声を持っているのに、「内気なだけ」でその魅力を見せない麦ちゃんにイラつく野乃さん。「ムリです」が口癖の麦ちゃんは「何でもできる野乃さんに私の気持ちはわからない」と噛み付きます。
が、それは野乃さんも一緒。「私も舞台に立つような人間(性格)ではなかった」のだ、と。舞台を通して自分が知った世界を麦ちゃんにも見てもらいたい。そして、「人は変われるんだ」と言う事を知ってもらいたい。そんな思いを伝えたいのに、元来の性格で巧く伝えられない野乃さん。

野乃さんと榊さんのお互いへの思い。麦ちゃんを支える同好会のメンバー。
中でもクラスメートの甲斐君は麦ちゃんに友達とは違う感情を持ち始めたようです。野乃さんを心配して演劇部からついてきた桂木先輩は、野乃さんへの気持ちを自分で理解しているようですが・・・この辺りが10代中盤の2年の差かなぁ。気づいてて知らん振りの野乃さんも野乃さんですが。
甲斐君、はやくその気持ちが何なのか気づけよ~、という話のすすめ方は見せ方が巧いです。

学園ドラマ・青春ドラマの王道をいってますが、面白いです。桐原いずみさんの絵も可愛いし。ここ最近のお奨めの一冊ですね。
[PR]
# by okinuchan | 2006-05-30 11:27 | マンガ | Comments(0)
アイ、ショーティ
タクティカルロアを見ています。

実在の護衛艦「はるさめ」をモデルにしているだけあって、戦闘シーンは良くできてると思います。
が、微妙に半端なお色気シーンが。。。
1クール13話でやる話じゃなかったような。微妙な人間関係や敵・味方の状況など終わり方も中途半端に感じられます。続編を作る予定があるのなら別なんですが・・・。

私のお気に入りは副艦長のターニャさんです。10話でイラつく艦長を怒鳴りつけるところなんか、最高の魅せ場ですね。普段が冷静で沈着なだけにね。3話で、酔っ払って艦長を大岡裁きの如く腕を引っ張り合うお茶目な面も見せてますし。
[PR]
# by okinuchan | 2006-05-29 23:33 | アニメ | Comments(0)
サムソン、強いっ!
日本ダービー、優勝は

メイショウサムソン号

でした。昨年のディープインパクトに続いて皐月賞・ダービーの二冠を制覇。
ディープとは印象が違いますが、この馬も強いです。脚質は違いますが、97年の二冠馬サニーブライアンに姿がダブります。誰かが潰しに行かないと潰れない。でも潰しに行くと自分が勝てるレースじゃなくなる。

確かに勝ち時計の2分27秒9は速くはないですが、重に近いやや重の馬場ではしょうかないでしょう。二着に逃げたアドマイヤメインが粘る展開で、5番手追走からの早め抜け出し。逃げ馬さえかわせば後ろからは絶対差されないと言わんばかりに、ゴール手前で手綱を抑える余裕が石橋騎手にはあったようです。
これでメイショウサムソンは11戦6勝、2着3回。血統的にも距離は伸びて更に良くなるような配合(父オペラハウス・母父ダンシングブレーブ)ですから、三冠制覇も有力ではないでしょうか。
瀬戸口調教師はネオユニバースで逃した三冠に、最後の最後(本年度で定年のため)でもう一度挑戦するチャンスが巡ってきました。夏を上手く越して、無事に三冠目の菊花賞に駒を進めてください。

対して本命に推したフサイチジャンクですが・・・いい所ナシでした。馬場(重がからっ下手という馬が確かに居ます)か距離か。皐月賞の時の末脚を見ると距離かなぁ。岩田騎手は馬場でノメったようにコメントしてますが。。。

その他ではマルカシェンクがよく追い込んだものの四着まで。三着に皐月賞2着のドリームパスポート。五着はNHKマイル勝ちのロジックが突っ込みました。
終わってみれば「なるほど、納得」の顔ぶれが掲示板に乗った訳ですが・・・。

変わって笹川賞。
コース取りで終わりましたw
2コースを主張して3コースにスタート負け&1コース先マイじゃ・・・1周1Mで終わりますわ。
優勝した山崎選手は、「あの」植木選手野中選手(でした)以来ファン投票1位での優勝らしいです。

本日優勝したメイショウサムソン号とその関係者の方々、及び山崎選手。
おめでとうございました。投票券ははずしましたが、夢を見させてもらいました。
[PR]
# by okinuchan | 2006-05-28 18:05 | 競馬 | Comments(0)
さぁ、ダービーデイ
あと数十分で発走です。

本命 フサイチジャンク
対抗 メイショウサムソン

が本線の行って来い。
これに、この2頭からトーホウアランとマルカシェンクへの二着流し。

17=2・2-5・17-5・2-4・17-4

の6点。

ついでに戸田でおこなわれる競艇「笹川賞」優勝戦。

2枠の濱野谷から1枠山崎へ。

2-1-3・2-1-4・2-1-5・2-1-6

の4点。

さぁ、私のユメが走ります。結果は後ほど。
[PR]
# by okinuchan | 2006-05-28 14:32 | 競馬 | Comments(0)
BLOOD+ 33話
AIIのGW無料配信でハマりました。

今週から新章のロンドン編に突入です。
前章フランス編の1年後から始まってますねぇ。空白の1年間って、どこかでやるのかしら。

で、34話予告編の感じだと・・・小夜、覚醒したのかな?
[PR]
# by okinuchan | 2006-05-27 19:55 | アニメ | Comments(0)