文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
自転車を購入して、ちょうど2ヶ月
b0105512_21431724.jpgBoardwalk D7を購入して、ちょうど2ヶ月となりました。
だいぶ乗りなれてきましたが・・・う~む。

前後のスプロケット(と、スプロケットに伴いRディレイラー)とタイヤを交換してフィッティングさせてきましたが、どうも収まり悪い。
Boardwalk D7はその名の通り7段変速で、それをノーマルの12-28Tから11-28Tに変更して乗っているのは既出の通りですが・・・。
それぞれギア比が
CS-HG20-7 12-14-16-18-21-24-28
CS-HG41-7 11-13-15-18-21-24-28
となっていて・・・。

普段、平地でのスタートは3速(21)を使い、巡行は6速(13)で廻しています。53T-13Tでだいたい22~25km/h・・・ケイデンスで60~65rpmってトコです。これはまぁ、いい。
問題は、発進時。
21-18-15と上げていく時のトルクが・・・ちょっと加減しづらい。

で、考える。。。8速化か(つw;)
RディレイラーはALTAS RD-M310に替えてあるので、Rハブを交換すればいい・・・のだが、Rハブを交換するとなるとホイールの組み換えという事になる。
で、泣きつく先のサイクルベースあさひ台東店さん(w

問題は、ホイールをどうするか。
小径車ゆえ、選択肢は少ない。ホイールを替えてしまうと、そもそも「見た目が大きくかわってしまう」のね。カラフル(FAXSON)なのは論外、黒リム(DAHON純正のSpeed D8用や定番のALEXRIMS DA16)もちょっと・・・。そもそも、FAXSONやDA16はスポークが増える。シルバーリムのDA16でも、前後替えないと見栄えが悪いし。。。

何とかリアハブだけ交換できないもんか、と・・・行きついた先に、ありました、救いの手が(w
SIMANOのTIAGRAグレード、FH-RS400-Sに28Hがあるじゃないですか。
で、相談したところ・・・パーツ(ハブ)代込み、スポークとリムを流用できれば組み換えで約10,000円、と。AmazonでSpeed D8用ホイールが8,532円ですから、まぁ妥当なところか。問題は、スポークなどが流用できるかどうか。
できた場合、追加として本命のスプロケットとシフトレバー(&ワイヤー)が交換になります。チェーンとディレイラーが流用できるのは確認済み。
そうすれば、スプロケットをCS-HG51-8にする事ができます。こいつのギア比は
CS-HG51-8 11-13-15-17-19-21-24-28
というものが選べるので、21-18-15と3T飛びが、ひとつシフトが増えて2T飛びとなり21-19-17-15とする事ができる、と。

18-15-13が、一番使っていると思うのですよ。今のところ、8段以上は考えていません。走行圏内で、今のところ一番キツい登りは大塚→巣鴨の裏道の坂で・・・とりあえず、何とか53-28で登りきれてますから。
それ以上に・・・資金面か(w なんだかんだで、やるとなるとまた20,000円くらいの出費になるなぁ。。。
[PR]
# by okinuchan | 2016-12-17 22:57 | 自転車 | Comments(0)
自転車で池袋へ・・・そして洗車
という事で、池袋までお散歩です。

とりあえずGoogleMAPで、自宅と池袋を表示。そこに定規で直線を引き、その線を目指して走れば最短距離かな?と。
チェックポイントは、日暮里-谷中商店街・文京保健所本郷支所・吉祥寺・村田女子高・大塚駅、という感じのルート。自転車ですから、もちろん住宅街の路地だろうが一方通行(当然「自転車は除く」の箇所だけ)だろうがおかまいなし。

難所は、日暮里駅の坂の登り。登り終わってすぐに谷中へ下り、そして不忍通りを渡ってまた登り・・・。
まぁ、ココを超えれば、あとは大塚駅への下りと池袋までの登り。往路は、UP-DOWN-UP---DOWN-UP。帰路は、DOWN-UP---DOWN-UP-DOWN。
まぁ、下町から山の手ですから覚悟はしてましたが・・・結構キツい(w
それでも何とか53t-28tで対応できました。何気に脚力がついてきてるのかな?

巣鴨から大塚へ降りる坂(往路)が一番キツかったですね。宅配便のクロネコさんとか近所?のオバさんとか、電アシ付きなのが判るってもんです。
実走行距離で片道10km前後でした。坂はともかく、距離はまぁこんなもんでしょう。走行時間で1時間ちょい・・・70分まではかかってないかな。サンシャイン60の文化会館までで60分くらいでした。

意外だったのは、池袋周辺の自転車置き場事情。結構な駐輪台数が確保されてます。
特に駅前は、公営(豊島区営)の駐輪場があり、最初の2時間無料・その後終日100~150円くらいで駐輪できます。短時間なら、サンシャインの駐輪場でもリパークでも、3~4時間で100円程度。
買い物で目当てがあって、であればせいぜい100円。半日ブラついても2~300円あればじゅうぶんでしょう。路上駐輪で撤去されてしまうと、豊島区は自転車でも5,000円の撤去費用を徴収されますので、駐輪場を有効利用するべきだと思いますね。

自転車乗りならご存知なY'sロード池袋のそばにある「もうやんカレー」で1,000円バイキングで昼食をとって帰路。
挫折してもいいように輪行バッグを持っていきましたが、帰路も自走で完走。まぁ・・・食べちゃいましたからねぇ、カレー(w

明けて本日日曜日。
疲れが出るかな?と思いましたが、それほどダメージはなく・・・お天気もいいので自転車の洗車。
というか、チェーン&スプロケットの洗浄&注油をしようとしたところ、汚れた手であっちこっち触ってしまって、結局は丸ごとの洗車に(w

スプロケットがニッケルメッキのCS-HG41-7、チェーンもクロム?ニッケル?のCN-HG71ですから、全体的に白っぽいはずなのですが・・・乗り始めて1ヶ月半、だいぶ黒く汚れていました。
AZの洗車セット(Amazonで購入)についてきたチェーン洗浄機とディグリーザーを使って・・・四苦八苦しながらも洗浄。
そして、やはりセットについてきたチェーンルブB1-001を注油。差した感じ、ちょっとサラサラしてるっぽいですが・・・。値段のワリに高性能、ただし汚れやすい(が拭き取りやすい)、という事らしい。とりあえず、ついてきたので無くなるまでは使ってみるつもり。

といった週末でした。
来週は、通院に上野まで走って、そのあと2ヶ月の点検に購入したヨドバシカメラまで・・・とはいえ、ほとんど手を入れて(もらって=サイクルスポットあさひ台東店にて)もらってますから。。。(w

[PR]
# by okinuchan | 2016-12-04 14:04 | 自転車 | Comments(0)
急に寒くなりました
2週間くらい前までは自転車日和・・・最高気温20度(東京)とかありましたが(w
ここ数日は、晴れていても結構風が冷たく、防寒対策を考えていました。

で、
ユニクロのウルトラライトダウンパーカー、コレの昨年モデルが広告で割安になっていた先週。3,999円で昨年モデルを購入。
むぅ・・・お腹が出ているのが判ってしまう。。。OTL
これを凹ます為の自転車、という面もあるのですが。とりま、黄色(←危険色w)のウィンドブレーカーの下に着用。暖かくなって(まぁ、これから3月ごろまではならないでしょうが)不要になったら、丸めてポーチに入れればサイクルバッグとして使っているDomke F-2には余裕で詰め込めます。

Domke F-2も、ついに使用に耐えられないくらいに底が抜けてしまい、2代目を購入しました。通販の方が少し安かったかもしれませんが、購入したのはヨドバシカメラ上野店です。27,170円でポイント還元が2,717ポイント・・・。
う~~ん。20数年前に購入した時は、20,000円をちょっと切っていた気がするんですが(w 銀座のレモン社で購入した並行品だったかな、初代。

趣味で始めて、商売にした時の道具(ツール)として使い、辞めてからはエコバッグとして使い、で結構荒っぽく使いました。20年以上・・・25年くらいか?使いましたから、じゅうぶん元は取れているでしょう。
パッと見で変わったところが判らないくらいの変更点しかない、というのはエライですねぇ。ストラップを繋げる環が日の字から口の字に変わっているくらい。フラップの裏につけられたタグのデザインが変わっているのは、使っていないと判らないでしょう。

上手く使い込んで「くたびれた感」を出さないと・・・新品Domkeは初心者の証(w 使い込んでこそのDomkeですから。
購入した時、初代のF-2を肩から提げていて、支払いを終えた時に「使って帰るから」と言って、店員の目の前で初代を畳んで2代目の中に入れると、店員さん驚いてましたねぇ。クッションの無いDomkeは、こういう事ができるのですよ(^^

閑話休題。
防寒グッズとして、もうひとつパーカーと一緒に購入したのがグローブ。
やはりユニクロで、ヒートテックライナーグローブ(ウールタッチ)。ちょっと厚手なのが予想外でしたが、何とか自転車のチェンジレバー(UP側)の操作も支障は出なさそうです。結構暖かいのと、防風までは謳ってませんが自転車の速度(Boardwalkですから、せいぜい30km/hちょい)くらいなら大丈夫そうです。

ただ・・・さすがに雪の日はダメでしたねえ・・・小径車は(爆

[PR]
# by okinuchan | 2016-11-30 09:25 | 日記 | Comments(0)
タイヤ交換
b0105512_16485030.jpgSchwalbe Marathon Racerを入れました。
確かに、乗り心地は少し硬くなりました。というか、跳ねるようになった、かな。これは多分に、空気圧が高くなった・・・KENDAの純正タイヤは20x1.75で4.5bar、Marathon Racerは20x1.50で6.0bar・・・からではないかと。33%増しですからねぇ。

とはいえ、そこはクロモリフレーム。ほどよく撓ってくれるので、突き上げの硬さはマイルドでガマンできないって程ではないです。1.35のKojakでも、たぶん大丈夫じゃないかな。買い物仕様だと、この辺(1.50)が丁度いいでしょうけど。

で、テストがてら・・・
自宅→秋葉原→北千住→自宅、と買い物。つまり、北千住→秋葉原の往復(w
走行距離16km弱を約2時間。昭和通り(国道4号/台東区区間)は車道、中央通利も車道、日光街道(国道4号/荒川区区間)は歩道で、千住大橋を渡ってからの足立区区間は旧道の一方通行を逆走(自転車ならでわ!w)というルート。
車道は巡航速度でだいたい22~25km/hくらい、トップスピードで30km/hあたり(駐車車両を回避する時)。歩道を走る時と旧道で15km/hくらい。

感想。
これ(タイヤ交換)、真っ先にやるべきでした(爆
ペダルを止めた時の滑走での速度の落ち方が遅くなりました。そりゃ、所詮20インチですからロードみたいな転がりはしませんが、それでも-7mmのタイヤ幅と45%増しのタイヤ空気圧・・・コンパウンドの差もあるのかな・・・は実感できます。さすがのSchwalbe、ってトコでしょうか。

転がってくれるぶん、疲労も少なくなった気が(あくまで気・・・プラシーボかも?)します。車道を走っていても、ガンバル感が少なくなって楽に走れた気がします。
まぁ、クルマの方は神経を使うでしょうが。ただね・・・原付の法定速度程度では走ってるのよ。

驚いたのが、Boardwalkの基本スペックの高さ。
アルミフレームのような限界値の高さはないですが、下手な私の運転でもそこそこコントロールできます。低価格帯のエントリーモデル・・・確かにそうなんですが、やはりそこは格安車とはグレードが違います。
まー・・・車体価格と同じだけのコストがかかりましたけどねー。なんだかんだで、6桁に乗っちゃいましたから。あと手をつけるところとしては、フロントハブの再調整グリスアップとボトムブラケットの交換(このBoardwalkはカセットBB)くらいか。

とはいえ、街乗り(買い物)重視・ポダリング仕様としては形になったかな。これ以上はホイール・・・というか、ハブを替えて8段以上のスプロケットを入れるしかないものな。。。後ろだけ451にするってのはアリなのかなぁ(w
[PR]
# by okinuchan | 2016-11-19 01:22 | 自転車 | Comments(0)
1ヶ月で200km・・・
ちょっと連続になっていますが・・・(w

Boradwalk D7を購入して、はやくも1ヶ月が経ちました。この間、走行距離は購入時に装着したCATEYE CC-VT235W(ベロワイヤレス プラス)によると、200kmを越えた辺りのようです。

このアナログワイヤレスのサイクルコンピュータ、上記で「ようです」と書いたとおり正確ではありません。
というのも・・・

フロントホイールにセンサーを、フロントフォークにセンサー受信部とデータ送信部を、そしてハンドルバーにメーター(データ受信部)を装着するのですが、データ送信部が出す信号を受信するメーター部が、70cm以上離れると受信しなくなるのですよ。
ところが、私がベストのポジションを出すとハンドルの高さが上がり・・・微妙に受信しづらくなるのです。
で、たまに受信していなかったので、「ようです」と(^^;

電池を換えたり受信部の角度を変えたりしたのですが原因が判らず・・・で、取扱説明書を見たところ、70cmとあったので測ってみたら、70cmを微妙に越えていた、と。
現在は、若干ハンドルを下げて(その分、シートも少し下げて)あわせてあります。

で、1ヶ月/200km使ってみて感じた事ですが。
ミニベロとしては、格段に乗り心地がいいです。
これは、クロモリの細いフレームもさることながら、ミニベロとしては長めのホイールベースにも拠るところがあると思います。

ウチの実弟が購入したGIANT ESCAPE R3と遜色ないホイールベースの長さなんですよ。これに、適度にしなるクロモリフレームで乗り心地が悪いワケがない。
軽量化のためにアルミフレームにしているミニベロとも、格安のハイテン鋼を使っているフォールディングとも乗り心地は違います。

その分、軽快感はスポイルされます。
時速4kmくらいのゆっくり歩くくらいの速度から、時速20~25kmくらいの速度で走る自転車ですね。
この速度域でのハンドリングは、レギュラーサイズの自転車では味わえないほどクィックです。

そのクィックさに磨きをかけようと、本日タイヤをポチっとしてしまいました。シュワルベのマラソンレーサーです。
転がりが良くなり、ハンドリングもさらにクィックになる事を期待していますが・・・はてさて、どうなる事やら。

[PR]
# by okinuchan | 2016-11-14 02:40 | 自転車 | Comments(0)