文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
自転車用ケミカルAZで・・・
b0105512_20191151.jpg貧乏人の味方ともいえるコストパフォーマンスを誇るのがAZ
大阪に本社を置く、日本のメーカーです。ホームセンターなどで見かけるメーカー・・・らしいのですが、私は自転車に興味を持つまで知りませんでした。元々は、町工場向けの機械潤滑油を製造販売していた会社のようですが、今では高いコストパフォーマンスで自転車用やオートバイ用のケミカル製品をラインナップしています。
この分野、日本のメーカーでは和光ケミカル(WAKO'S)が知名度が高いですが、品質は匹敵・価格はモノによっては半額以下というコストパフォーマンスでシェアを伸ばしているようです。

私も、Amazonお試しセットAmazonお試しセットを購入して以来、愛用させて頂いています。
チェーンルブはB1-001マルチパーパスB1-001マルチパーパスは、街乗り用としては必要じゅうぶんです。確かに汚れるのは早いです。が・・・初めての趣味としての自転車で「手入れを覚える」レベルの人にはちょうどいいんじゃなかろうか。汚れても、拭き取りは楽ですし、何より安い(w
自転車乗りには定番のフィニッシュライン(Finishline)の半額ですからねぇ。

チェーン洗浄のA1-009チェーンディグリーザーは、結構強力です。付属していたチェーン洗浄器は使いづらいですが(爆
この洗浄器だとチェーンの内部(ローラーの内側)まで届くのか、という心配もありますが、ディグリーザーが泡立てくれますし「高浸透」を信じるのなら、大丈夫・・・なんでしょう。泡を落としきるのに数回(2~3回という人もWEBで見かけますが、私の場合それじゃ足りない場合が多い)水洗いが必要です。

フレームその他の洗浄用であるBIw-001バイクウォッシュは、使い方を間違えていたかも。どうも、ボディウォッシュを使った後で水洗いが必要だった模様。
これは結構消費したので、追加購入したのが詰め替え用です。
ここまでが、お試しセットに含まれていたもの。
それに追加して試してみたのが、ガラス系コーティング剤の ↑ BCT-001アクアシャインコート。コレは気に入りました(^^
パカパカと使ってしまったので、コレも追加購入。最初はお試しで100ccでしたが、追加で購入したのは200cc。だって、100ccが723円(それでも安いw)なのに、200ccで908円・・・どんな計算なんだ(爆

今回は、直接AZさんからの通販。22日のポチって、商品が到着したのが本日25日。Amazonより2日余分にかかりました。
ただ、Amazonより安い・・・のは卸値だから?送料も、1,000円以上で無料ですし代引き手数料も安いですから、時間に余裕があれば直接注文した方がお得ですね。実際、今回の注文で詰め替え用バイクウォッシュx1とアクアシャインコートx2で2,954円と・・・やっす!と思いましたもの。

[PR]
by okinuchan | 2017-05-25 21:31 | 自転車 | Comments(0)
Boardwalk D7 覚書き(2)
b0105512_09280011.jpgBoardwalk D7(2016)

Colors Matt White
Weight 12.2kg
WheelSize 20inch(406)
transmission 7speed

Frame Lightweight 4130 Cro Mo Forged Lattice Hinge w/ D-clamp Technology
Fork Smooth Riding and Stable Hi-Ten Steel Blades and Steerer
Handlepost Forged Aluminum Radius Telescope w/ Fusion Technology Adjustable
HandleBar 6061 Aluminum Flat Bar 580 mm
Rims 20" Lightweight Aluminum Double Wall
Front Hub DAHON Custom Compact 74mm 20H
Rear Hub DAHON Custom Compact 130mm 28H → Shimano FH-RS400S 28H
Tires/Tube Kenda Rotolo 20" x 1.75" F/V → Schwalbe Marathon Racer 20"x1.50"
Crankset DAHON Custom Double Chain Cover 48Tx170mm → AKI WORLD 53Tx170mmFSA F.Gimondi 170mm ・ Sugino 130J53T ・ Driveline SuperGuard G2
Bottom Bracket CH-51 cassette 68mm 118L → Tange LN7922 68mm 113L
Free Wheel Shimano CS-HG20-7 12-32T → Shimano CS-HG41-7 11-28TShimano CS-HG51-8 11-28T
Front Derailleur n/a
Rear Derailleur Shimano RD-FT35 → Shimano ALTUS RD-M310
Shifter Shimano SL-RS35-7R → Shimano SL-M310 7SShimano SL-M310 8S
Brakes DHV-117L V-Brakes → Shimano BR-T670S ・ M70CT4
Brake Levers WL-325D Aluminum Lever → Shimano BL-T670BS
Saddle DDK-2732RV BROWN
Seatpost DAHON Custom 6061 Aluminum 33.9x 580 mm → MicrOHERO 33.9x600mm
Pedals Foldable VP-F55 → MKS FD-7
Kickstand Lightweight Alloy

だいぶ替わったので、覚書きその2です。
フレームを除くと、フロントフォーク・バンドルポスト・ハンドルバー・前ホイール・サドル・後ホイールのリム&スポーク・キックスタンド、以外は全部替わってますね。

フロントハブは、入手のしやすさからFAXSONになるのかなぁ。サドルも、買い物(2km内外)ならいいんだけど、10kmを超える距離になると座りが悪い(硬く感じる)のも確かなんだよね。もっとも、実はこのサドル、すごい軽いので・・・。
ハンドルバーは少し幅を狭くしたいんだけど、ブレーキレバー(のブラケット)の位置は変えたくない。短いグリップを探してるんだけど、どうも無さそう。バーテープを二重に巻くのは?とアドバイスを貰ったけど・・・。
キックスタンドは、今は黒が付いているんだけど、これもシルバーに替えたい事は替えたい。けど、結構いい値段するのよね。

写真は、最後に入れ替えたリアブレーキのBR-T670Sです。前後ともDeore LXになりました。
b0105512_20101910.jpg
追記 そして現状。

[PR]
by okinuchan | 2017-05-25 09:36 | 自転車 | Comments(0)
荒川サイクリングロードを走ってきた
もちろん、全線ではないですよー。

自宅から隅田川を天神大橋で超え、鐘ヶ淵駅を通過して国道6号・四つ木橋から荒川の西岸へ。そこから河口に向かって・・・どこまでいけるか(w
いや、海まででした(爆

サイクリングロードのルートは、河口の手前清砂大橋を渡って葛西臨海公園までですが、私はそのまま川沿いを走って荒川終点(川の終わり=ここから先は海、って標識)を超えて新砂リバーステーションまで行きました。
終点の標識から、670Mくらいだったかな?

四つ木橋が、河口からだいたい10kmくらい?行って来いで20km、まぁ私の折り畳み自転車なら、そこそこいい運動の距離かな。
行きは向かい風だったので、平均速度16.7kmくらい。帰りは18kmをちょっと超えたくらいかな。その1km上流にある堀切橋までで40分弱でしたから。

上流側だと、10kmはどの辺かなぁ。戸田あたりまでは行けるのかな?今度行ってみよう。

[PR]
by okinuchan | 2017-05-22 13:12 | 日記 | Comments(0)
3フィンガーとパワーモジュレーター
前のブレーキとブレーキレバーを交換したのは、先のBlogに書いたとおりです。で、使ってみた結果・・・

うん。ブレーキのタッチが全然違う(w
そりゃそうですね。片や、ShimanoのミドルクラスモデルであるDeore LX。片や、完成車に標準で装備されている廉価版のPromax。
いろいろなBlogはじめWEBで書かれていた「剛性感」ってこの事だったのね、と。

先に書いておきますけど、Promaxが効かないってワケではないです。まぁ、せいぜい30km/h台しか出さない小径折り畳みである事は確かで、それ以上の速度域になった時にどうなるのかは私は知りません。
が、少なくともこの30km/h台からのブレーキングで「効きが甘い」と感じる事はないです・・・これしか知らなければ。

ただ、Promaxの方は「どこで効きはじめてる」のかが判りづらかった事は確かです。で、これしか知らないと、コレが普通だと思ってしまうんです。私もそうでした。
ところが、BR-T670Sは「リムにシューが当たった瞬間が手に伝わる」んです。

話は変わりますが、このBR-670SとブレーキレバーBL-T670Bの組み合わせは、Shimanoの公式には「パワーモジュレーターSM-PM70を使わない組み合わせを推奨しない」となっています。
けど、私は今回SM-PM70を使っていません。

Boardwalkに使われているブレーキは、Vブレーキ(どうもこれは本来Shimanoの登録商標らしい・・・セロテープみたいなもんかw)が使われています。
このブレーキシステムは、レバーの引きに対して効きが強くなる傾向のものが多いという事です。テコの原理でシューをリムに押し付ける比率が大きくなる?という事でいいのかな。
短い引きの量でシューをリムに当てる圧が大きくなる、という事で、それをコントローラブルにする為に間に挟む減力装置がパワーモジュレーター、って事らしい。

ただ、これも効果があるという人・効果がないという人、とそれぞれで・・・とりあえず、今回はなしでセッティングしました。
それもあって、よりダイレクト感があるのかもしれません。ただ、その分ブレーキレバーを引く幅(コントロールする範囲)は狭くなってます。
これ、Vブレーキに慣れた人と慣れない人の差じゃないかなぁ。私は、無くても違和感は感じませんでした。逆に、使ってたら違和感出まくりじゃなかったかな、と。

で、話を戻します。
こう書いた通り、Vブレーキは「元々効きがいい」んですね。だから、Promaxでも「効きに関して」の不満は出づらいでしょう。ただ、そこに至る感じがまるっきり違いました。
リアはレバーだけDeore LXでブレーキ本体はPromaxのままです。で、右(前)と左(後)で、タッチが全然違う、と。「どっちがいい?」って訊かれたら、100人が100人「やっぱりDeore LX」って答えるんじゃないかな、ってくらい全然タッチが違います。
レバーは一緒ですから、ブレーキ本体の剛性感の差でしょうね。

タイヤもそうでしたが、今回のこのブレーキも「本体まるっと交換しても、大きな出費じゃない」です。2,000~2,500円(片側。前後替えてもx2)の部品代です。ミドルクラスのALIVIO・Deore・Deore LXは、それほどスペックに差はありません、との事です。これ以上のスペックが必要なら、もっと上のグレード使えって事でもありますが(w
ただ、レバーに関しては、ALIVIOのBL-T4000(2フィンガー)・BL-T4010(3フィンガー)はグリップを外さないと交換できません。Deore以上のグレードはクランプ式で、グリップを外さずにレバーマウント本体を交換できます。
が、色味が。。。Deore LXのBL-T670Bは、かなり青味がかってます。Deore→AVIRIOとグレードが下がるにつれて、青味が抜けているようです。レバーはDeoreのBL-T611(3フィンガー。2フィンガーはBL-T610)にしておけばよかったかな、と少し後悔(^^;ヾ
まぁ、シルバーですからねぇ。。。

[PR]
by okinuchan | 2017-05-12 10:28 | 自転車 | Comments(0)
走行距離1000kmを超えて、ブレーキの交換
サイコン(CAT EYE・CC-VT235W)のオドメータ読みで、1,000kmを超えて1,100kmに達しました。
以前、御徒町のハクセンさんにお邪魔した時に「そろそろブレーキの交換次期ですね」とは言われたんですが・・・ゴールデンウィークまで持つかな、と思ったら甘かったです(w
フロントブレーキが限界突破です。

で、懇意にしているサイクルベースあさひ台東店さんと相談。どうせ替えるのなら、ブレーキ本体もシマノ製にした方が&カートリッジ式のブレーキにした方がメンテナンスが楽、と聞いて思案。
候補は、ALIVIOグレードのBR-T4010・DEOREグレードのBR-T610S・DEORE LXグレードのBR-T670S、の3つ。お得意のAmazonで、BR-T4010は2,000円くらい・BR-T610Sは2,500円くらい・BT-T670Sは2,250円くらい・・・え?DEORE LXのがDEOREより安い?
と思ったら、ブレーキレバーはやはりDEORE LXの方が高かったです(w

まぁ、あまり価格に差が無いのと、ロゴデザインが・・・ALIVIOは「Shimano」・DEOREは「DEORE」・DEORE LXは「LX」が主張・・・大きく主張してないDEORE LXをポチ。
とりあえず、前ブレーキと左右のレバーを注文。後ブレーキ、Amazonで欠品(出展者はあり)だったので後回しです。まぁ、後ブレーキのシューの減りはまだ半分くらいとの事でしたので、とりあえずは大丈夫でしょう。

備考 BT-T670S 168g(シュー M70CT4付き) 標準 133g(シュー限界)
レバーBL-T670B 105g(片側)            標準 83g

[PR]
by okinuchan | 2017-05-08 10:53 | 自転車 | Comments(0)