文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
タイヤ、かなぁ
b0105512_17084460.jpg
ロングライドはまだないですが、ボチボチと使っています。
写真は、10月にしては暑かった火曜日の買い物がてら走った隅田川の土手沿い。

写真を撮って走りはじめ・・・う~~ぅむ。
この自転車、もっと転がるんじゃないかなぁ、と。リア周りは全バラ組みなおしをしてるから、残りはタイヤだよなぁ。
16年式インターナショナル版Boardwalk D7の純正タイヤは、Kendaの・・・これはDAHONオリジナルなのか?Rotolo 20x1.75(47-406 黒/アメ)が装着されてます。このタイヤ、Blogなどを探し回ってもあまりレポが無い。

街乗りに振られているセッティングからすると、このタイヤで確かに乗り心地は悪くない。クロモリのフレームとあいまって、小径車としては段差の乗り越えなどで跳ねる感じは少ない(あくまで「小径車として」ね)。
ただ、小径車として「こんなに加速が悪いのか?」というくらい、踏み出しに対して速度が上がらない。

で、タイヤかなぁ、と。

ネットを徘徊すると、スピードUP系は出てくる。SchwalbeのKOJAKやPanarecerのMinits LiteやMinits Thoughが人気のよう。
ただ、前者は20x1.35(35-406)・後者は20x1.25(32-406)と、私の用途としては少々細すぎるか。
そうすると、Speed D8に使われているSchwalbe Marathon Racer(20x1.50 40-406)か、Panaracer Pasela Compact(20x1.50 37-406)か。

値段が倍以上違うんだよなぁ(Pasela x2 < Marathon Racer)。
[PR]
by okinuchan | 2016-10-30 22:05 | 自転車 | Comments(0)
ペダル&グリップを交換
前のログで「完成?」と書きながら・・・

ペダルとグリップを交換しました。
何気に「一番触る」ところで、ココの感触が違うと操作性がまるっきり変わります。

まずはペダル。
折りたたみ式の宿命といえるようなんですが、剛性感がないんですね、標準装備のヤツって。特に、スピードを上げた時・・・ましてや、ハイギヤード化してますから・・・、左のペダルが外にたわむような感じがしていたのです。
フィックスのタイプに変えれば問題ないのでしょうが、フォールディングで無いものかと探しましたら。。。
b0105512_09241688.jpg三ヶ島製作所というところの、FD-7というアルミペダルの評判がいい。巧い具合に、シルバーもある。で、Amazonでポチっとな、と。

自転車屋で交換して(ペダルレンチを持っていないので)もらい、その帰りがけ。
うむ、いい!
強く踏んでもたわむ気配すらないのは、さすがです。

お次はグリップ。
新車購入時にグリップシフトからトリガーシフトに変更した関係で、グリップを交換していたのですが・・・「とりあえず付いてれば」で、安いゴムの白いヤツをつけていたのですが、これが「手のひらが痛くなる」モノだったのです。
また、ハンドル幅も若干広く感じ・・・ハンドルバーを切るかどうか迷っていたのです。
で、ペダルのついでにグリップを検索。

安いのから高いのまで、結構あるんですねー。安いのは500円くらい(最初につけたのがこれくらい)から、高いのになると5,000円とか10,000円とかのまである。
まぁ、そんなに高いのを使ってもしょうがないし・・・という事でチョイスしてみたのが VELO Attune ST Historia Grip というヤツ。
幅120mmとサイズ表記があったのでこれにしたんですが・・・届いたやつ、実測で124mmありました(つw;)
120mmなら、ハンドル幅左右で10mmは切れるかな?と思ってたんですが・・・とりあえずハンドルの切断は保留で、グリップだけ替えました。

具合はいいです。ウレタンのグリップに合皮が巻かれていて、何よりお洒落。シート(サドル)にあわせてブラウンをつけましたが、全体的にまとまって締まって見える外見になりました。
これで、白とシルバーとブラウンの基本色で、黒い部分がほとんどない(ディレイラーの一部とタイヤだけ。タイヤもくすんだオレンジ・・・茶色っぽいサイドウォール)自転車になりました。

タイヤも相談したんだけどね・・・乗り心地を考えたら、あまり細くしないほうがいいと言われまして。
確かに、細くした方が軽くなるけど、用途が買い物でしょう?硬くなるよ?と。ただ、(たぶん、このタイヤ)重いのよ・・・。まぁ、今のところ問題ないんだけど・・・。
b0105512_09271112.jpg
で、ここまでで、何だかんだで車体込み90,000円。結構かかったな・・・。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-23 15:28 | 自転車 | Comments(0)
とりあえず完成・・・?
b0105512_15343260.jpg
購入後に手を入れたいところは、すべて入れたかな?
昨日、最後に交換したのが、シートポスト。MicrOHEROというメーカー?の超軽量シートポスト 33.9mmx600mm Sv(シルバー)。お値段、3,980円なり。
純正品が560g(公称)ですから、230gの減量ですか。
これにAKI WORLDのフルフェンダー前後セットが、2,945円なり。
b0105512_11153507.jpg
元に比べると ↑ 、だいぶ白さが増しました(^^
シートポストを少し上げて、シート自体を前傾させました。ハンドルの高さが少し高いかな?と思いますが、買い物でゆったり走るにはこれくらいでちょうどいいです。

シートはねぇ・・・替えようかと思ったんですが、替えると「バリバリ走りまっせ」的な外見になってしまうので。。。(w
ビスが打ってあってお洒落なんですよ、Boardwalkのシート(これは17年モデルも変わらない)。替えれば、もう100gくらいは軽くできると思いますが、とりあえずこのままです。

シートポストは、若干緩かったです。クランプ締めても、走ってるとズリ下がる。
で、調べてみたら「アルミテープを巻けばいい」と。なるほどと思い100均で購入。3巻きして使っています。

黒くする事はできる(しやすい)んだけど、白くするのってパーツが少ないんですねー。これも今回、結構調べました。
とりあえず、しばらくこれで使ってみます。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-21 15:51 | 自転車 | Comments(0)
Boardwalk D7にしたワケ
自転車ネタが続きます(w

自転車を買おうか、と書いたログではSpeed D8に傾いてましたが、購入したのはBoardwalk D7です。
安く済ませたかったワケでもないんですよ。改造した事で、結局Speed D8が買える額くらいには(現時点で76,500円くらい)になってますから。まぁ、納期の事(2016モデルのSpeed D8はどこも完売)もありましたし、Boardwalk D7の2017年モデルが少々変更点が大きいという事もありましたし、お値段の事もありましたし、で2016年モデル・インターナショナル版Boardwalk D7にしたワケです。

まず、2017年版のBoardwalkですが、外装7段のD7はアキボウのジャパンモデル(以下JP)のみになります。インターナショナル版(以下IN)は、内装5段のi5です。で、量販店で売られているのは、基本INなんですね。
Boardwalkは、街乗りモデルです。価格を抑えるためだと思いますが、2017年版はホイールがシングルウォールに変更されているんです。逆に、17JPは(16もかな)ギア比が52/12-28、タイヤも20x1.50(40-406)とスポーツ寄りになっています。
16INは、ホイールがダブルウォールですが、ギア比が48/12-32・タイヤ20x1.75(47-406)という街乗りのセッティングになっています。
Speedは、D8がINでJPは451を履いたFalcoになります。D8は、ダブルウォールのホイールに20x1.50のタイヤを履き、53/11-30というギア比にした「ちょうどいい足回り」なワケです。

じゃぁ、なぜSpeedをやめてBoardwalkにしたのか。元々、Boardwalkの細身のフレームを気に入っていたのと、以下の差で決めました。(左がBoardwalk、矢印の右がSpeed)
フロントフォーク ハイテンスチール → アルミ・クロム合金
ハンドルポスト アルミアジャスタブル → アルミ固定
シフトレバー グリップチェンジ → ブレーキレバー一体型トリガーシフト
ブレーキ プロマックスDHV-117 → シマノBR-T4010
リアディレイラー シマノRD-FT35 → シマノRD-M360
スプロケット シマノCS-HG20-7 → シマノCS-HG41-8
サドル VP-F35 → VP-F113
これくらいかな?

基本「買い物仕様」なので、アルミフォークよりハイテンスチールの方がいいかな?と思ったのと、ハンドルポストの高さを変えられる方が使い分けできるかな?と。
逆に、クランクやスプロケットは替えられるな、と思ったワケです。実際は、8段化はできず、ギア比だけ近づけたわけですが・・・昨日乗った感じだと「7段でもいっか」とは思いました。女性なら、たぶん替えないでいいと思います。
輪行を積極的にするワケでもないですから、多少の重量の差よりは乗り心地の方を優先させました。だからBoardwalkの方がいいんじゃないかと。

53-28でも上野の山を登れましたし、どうもトップの53-11は使いきれてない感じでした。逆に、前48だと5~6段(トップ下)が常用でしたので、これが4~5段常用にできたのは前後スプロケットを交換した甲斐があったと思います。
男性でポダリングがメインなら、Speedの方を最初から購入した方がいいでしょう。多段化もフロントダブルも、Speedの方がやりやすいです。
女性や街乗りメインなら、Boardwalkの方がいいと私は感じます。多段化したいとなると・・・ホイールごとD8のものに交換しないといけないですし、D8のホイールは黒ですから、白い足回りにしようとすると組みなおさなければいけないですし。そういう意味では、改造に向きません。やればできるでしょうし、やってる人も多いみたいですが・・・私はそこまで自転車にお金をかけられません(^^

とりあえず、昨日の試乗では納得のいく自転車になったと思います。Speed D8が買えるくらいの費用になりましたが(w
スーパーの駐輪場に停める自転車ですから、これくらいでちょうどいいと思います。(弟には「俺の自転車・・・GIANT ESCAPE R3・・・より高い!」と言われましたがw)

[PR]
by okinuchan | 2016-10-17 11:35 | 自転車 | Comments(0)
テストラン!(w
さて、前53T-後11-28Tにしてのポダリング。
家の圏内でキツ目の坂道で、登りきれるかのテスト走行をしてみました。

まずは、キツそうな上野の山。
入谷方向から北上野の跨線橋(両大師橋)にトライ。入り口がS字になっていますが、アプローチはじゅうぶんありクルマも往来数が少なく、信号のタイミング次第では平日でも比較的安全に走れるところ。
なんとか、ダンシング(立ち漕ぎ)せずに登りきる事に成功。うん、53-28でもいけるじゃん。

続いて、北に廻って忍岡中学校の脇から鶯谷駅前の坂。
一度坂を下りて、言問通りからスタート。坂自体は両大師橋と変わりませんが、車の往来(駅前につきタクシーの往来)が多いのと・・・路面が悪い。

一番ゆるかったのは、やはり上野公園。
日曜日の昼前で結構な人出でしたが、さすがは20インチ。浮かずに走れるのがミニベロのいいところです。歩く速度だとさすがにフラつきますが、ゆっくり走ってでメーター読み5km/hくらいまでは何とか。フラつかないのは、7.5km/hくらいからですね。

上野精養軒の駐車場の坂から不忍池側に下りて、今度は東京大学の坂。
まずは、東天紅脇から鉄門に向けて・・・ここから入るのが、東大に行くには一番楽そう。スタートが丁字路で、歩行者信号にあわせると後から車が来ない。そして、助走距離がほどよくある。
保育園の前がちょっとキツいけど、ダンシングなしで走破。東大病院の前で折り返して、再び鉄門を通り坂を下る。

今度は、坂下の池之端門から。
距離はココは一番短いけど、そのぶん傾斜がキツい。何気に一番キツかった。それと、路面が悪い。まぁ、基本「学生と出入業者しか使わないルート」だろうから(w

続いて、春日通りを登って龍岡門ルート。
傾斜は平均勾配だけど・・・途中、湯島天神前に信号があり、これが坂の途中。天神下の信号からクルマに抜かれる心配の無いタイミングでスタートすると・・・湯島天神の信号に引っかかる。これはキツい(w
交通量もそれなりにあるので、あまり使いたいルートではないかな。

今回通らなかったのが、言問通りの跨線橋。ココは道幅(車道の幅)が狭くて走りたくない。ココを通るルートなら、少々回り道になりますが日暮里を経由して谷中霊園をツッ切った方が安全ですね。
もうひとつが、上野駅の西側の坂。不忍口から公園口に登っていく坂。たぶん、ココが一番キツい。ここも、駐車場に入るクルマが多く、自転車の通行に向かないので・・・必要がなければ、公園の中をツッ切るかなぁ。

この上野の山で何とかなりましたから、橋・・・千住大橋・白鬚橋・桜橋・言問橋・吾妻橋、くらいかな?・・・は大丈夫でしょう。
そう考えると、Speed D8って絶妙なギア比になってますね。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-16 14:26 | 自転車 | Comments(0)
パーツが届いた
b0105512_13280561.jpg購入したのは、AKI WORLD 53T鍛造クランク一体式チェーンリングと、SHIMANO CS-HG41-7Sの二点。
クランクセットが2,437円、スプロケットが1102円でした。Amazonが一番安かったですね。

で、近所にできた(昨年の7月にできてたらしい)あさひサイクルさんでカセットスプロケット用の工具とクランクリムーバーを購入。巧くいかなかったら泣きつきます、といっておきました(w

で・・・
泣きつきました(爆

b0105512_13323551.jpgスプロケットは自分でやったんですが、クランクを外す為のペダルを外せなくて。。。(泣
泣きついたついでに、総チェックしてもらいました。が、これで正解。締め付けがゆるくて、と言われました。
パーツ持ち込みで、工賃6,588円なり。

これで、前53T-後11-28Tになりました。
あとは、ハンドル幅と泥除けかなぁ。基本スペックは、だいぶSpeed D8に近づいたかも。
ノーマルのトップ(7速)と改造後の6速がほぼ一緒(ペダル1回転で6.3M→6.4M)ですから、1段アップになります。ロー側は、ノーマルの2速(26T)が53Tの1速とほぼ一緒(ペダル1回転で2.9M→3M)ですね。
ですから、全体をハイギアード化させた事になりますね。発進の時にすでに4速を使っていたのが、3速からのスタートになります。
1速はほぼ一緒ですが、2~4速はノーマルの3~5速に比べてちょっと低め、5・6速はノーマルの6・7速に比べて少し高め、って感じです。

それと、見た目の変化が結構大きいです。リアスプロケットとチェーンがシルバーになりましたので、見た目がすっきりしました。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-15 13:13 | 自転車 | Comments(0)
自転車を購入 Dahon Bordwalk D7
b0105512_11153507.jpgまずは覚え書。

Boardwalk D7(2016)

Colors Matt White
Weight 12.2kg
WheelSize 20inch(406)
transmission 7speed

Frame Lightweight 4130 Cro Mo Forged Lattice Hinge w/ D-clamp Technology
Fork Smooth Riding and Stable Hi-Ten Steel Blades and Steerer
Handlepost Forged Aluminum Radius Telescope w/ Fusion Technology Adjustable
HandleBar 6061 Aluminum Flat Bar 580 mm
Rims 20" Lightweight Aluminum Double Wall
Front Hub DAHON Custom Compact 74mm 20H
Rear Hub DAHON Custom Compact 130mm 28H
Tires/Tube Kenda Rotolo 20" x 1.75" F/V → Schwalbe Marathon Racer 20"x1.50"
Crankset DAHON Custom Double Chain Cover 48Tx170mm → AKI WORLD 53Tx170mm
Bottom Bracket CH-51 cassette 68mm 118L
Free Wheel Shimano CS-HG20-7 12-32T → Shimano CS-HG41-7 11-28T
Front Derailleur n/a
Rear Derailleur Shimano RD-FT35 → Shimano ALTUS RD-M310
Shifter Shimano SL-RS35-7R → Shimano SL-M310 7S
Brakes DHV-117L V-Brakes
Brake Levers WL-325D Aluminum Lever
Saddle DDK-2732RV BROWN
Seatpost DAHON Custom 6061 Aluminum 33.9x 580 mm → MicrOHERO 33.9x600mm
Pedals Foldable VP-F55 → MKS FD-7
Kickstand Lightweight Alloy

とりあえず、グリップシフトが嫌だったので、トリガータイプのものに変更。ついでに、ディレイラーを少しバージョンアップ・・・。というか、8速にしようとして断念(w
基本「買い物」仕様なので・・・7速でもいいっちゃいいんだけど、大きい方は32tも要らんのよね。前も、48tだと、ちょっと小さい。納車されて家まで秋葉原から走って帰ってきたのだが、もう1・2速上が欲しいと感じた。
それまで使っていた(弟の)自転車が前52後のトップが13で、48-12とほぼ同じ(ペダル1回転で6.3Mくらい)。実は、今までももう一速上が欲しいと思ってはいた。

スプロケットのCS-HG20-7 12-32Tは、12-14-16-18-21-26-32というギア数。CS-HG51-8を入れようとしてダメだった。なら、7速とCS-HG41-7ならどうだろう。これなら、11-13-15-18-21-24-28と、問題ないはずなんだが・・・。
前の48もどうにかしたい。手っ取り早いのは、Speed D8のクランク周りを取り寄せて入れ替えるのか。ちょっと自転車屋と相談してみよう。11t-28tのスプロケで前53tなら、後28tが48t-26t(12t-32tの2速目)とほぼ同じになるはずで、一番ローをなくしてクロスレシオさせた感じになる・・・はず。

と、まぁ先のことは置いておいて。
乗ってみた感想。
高くても本物(オリジナル)を買うべし!
転がりの伸びが違いますわ。ぜんぜん楽。それゆえに、もう1・2速上があっていいと思ってしまうんでしょうが。
前のログで書いていたSpeed D8ではなくBoardwalk D7にしたのは、完全に形です(w
Boardwalkの、細身のフレームの方が好みだったんですよ。RouteやMuみたいなアーチタイプ(今までのはこのタイプ)じゃなく、細身で直線的なメインフレームのやつが希望だったので。そうすると、選択肢はSpeed系(D8やFalco)かBoardwalkになるワケで。

とりあえず満足の一品かな。Speed D8より安く上がった分、弄りがいはありそう。少しづつ、納得いく足にしていきますわ。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-13 17:21 | 自転車 | Comments(0)
自転車って、高いのねー
ウチの弟が自転車を買い換えました。
半分は寿命・・・オーバーホールするなら買い金額になる・・・、半分は、それにダメを押した弟の転倒の修理という理由ですが。
日記(このブログ)を遡ってみたら、2012年の12月にレポートしてますね。って事は、3年10ヶ月ですか。。。まぁ、手入れしてなかったですしねぇ。

で、ネットで調べてみたり量販店の自転車売り場に行ってみたり、という事をしてみました。たまたま、今期(16年10月期)アニメ(ろんぐらいだぁす!)が始まりましたし。
これまで使っていたのがDAHONのOEMという事もあって、オリジナルのDAHONを調べてみたのですが・・・。

このDAHON。調べてみたら、日本での正規輸入の代理店がふたつあるんです。
ひとつが、株式会社アキボウが輸入しているジャパンモデル。1994年からDAHONを取り扱いしている代理店です。DAHON取り扱いを掲げてる自転車屋さんが取り扱いしているのは、こちらなのかな。
もうひとつが、シナネンサイクル株式会社と武田産業株式会社が輸入元となっているインターナショナルモデル
インターナショナルモデル。こちらは2015年度からみたいです。

と、前置きはここまで。
最初に考えたモデルは、Boardwalk D7
クロモリフレームの7段変速で、プライス60,000円。
ただ、このモデルは街乗りの方に振られているモデルのちょっと速くも走れるよ、的なポジションで・・・少し手を加えたいと思うモデル。

で、次に(いま)考えてるのが、Speed D8
同じくクロモリのフレームですが、メインフレームというのかな、これがBoardwalk D7に比べてひと回り太くなっています。プライスは79,000円なり。
D8という名前のとおり8段変速で、量販店の店員さんいわくスポーツモデルのベーシックともいうべき各種の作りが改造しやすいようにロードやクロスバイクにあわせてあるそうな。

カタログスペックを比べてみても、Boardwalk D7は前52T-後12-28Tの7段(2017モデル)、Speed D8は前53T-後11-30Tの8段(2017モデル)。
で、モデルチェンジ直前という事でBoardwalk D7は2016モデルが割引されて売られている・・・インターナショナルモデルの方(インターナショナルモデルのBoardwalkは、2017モデルは内装5段になるっぽい)・・・のですが、これのギア比が街乗りに向いていて前48T-後12-28Tという、前がだいぶ小さい比率。これの足回りをSpeed D8に入れ替えるとなると、結局は差額でSpeed D8が買えてしまうくらいにっかる、という。。。

ジャパンモデルは、さらにスポーツに振られ足回り(ホイール&タイヤ)がひと回り大きくETROT451(通常の20インチはETROT406)というものになったSpeed Falcoになります。
高速化をするには定番の改造らしく、それをメーカーがやったモデルという事になるっぽいですが・・・買い物に使うにしては、これだとタイヤが細くなりすぎるように感じます。私の使い方としては、D8の方がいいのかな、と。

お値段が、Boardwalk D7→+19,000円→Speed D8→+3,000円→Speed Falco、となりますね。
ただ、どちらにしても少々お値段が張りますので。。。ちょっと思案中です。
[PR]
by okinuchan | 2016-10-10 10:11 | 日記 | Comments(0)
HDDが逝った・・・
今、サブ機に廻っているA10機には、HDDを3基搭載させてます。
システムはSSDですから、純粋に記憶領域としてなんですが・・・。

私が使っているHDDは、すべてSeagate製になります。Barracuda LP 1TB(ST31000520AS)・Barracuda14 2TB(ST2000DM001-1CH164)・Barracuda14 3TB(ST3000DM001-1CH166)の3基でした・・・が。

さすがに、一番旧いBarracuda LPが「カッコン病」になりました。
まぁ、組んだ時から???という挙動ではあったのですが、半年ほど前から酷くなり、Windows10にOSを入れ替えてからは酷くなる一方となりました。
そしてついに、一昨日の朝・・・どうもHDDのアクセスが100%になって戻らず、カッコーン・・・キュィーン・カッコーン・・・と(w

慌てて秋葉原へダッシュ・・・といっても、ちゃんと地下鉄を使って移動しましたが・・・し、TSUKUMOのEXビルへ。
で、何を買うか迷ったんですけどねぇ・・・地雷なのを理解した上で、やっぱりSeagateにしました。わたし、SeageteのHDDで壊れた事ないんですよ。今回、初めてじゃないかな。
CrystalDiskInfoで見てみると、電源投入回数2,374回/使用時間23,797時間、だそうです。耐用年数3~4年・耐用時間10,000時間と言われるHDDですから、持った方じゃないでしょうか?Barracuda LPは、2009年ごろの製品ですから・・・7年くらい?
他のHDDは、ST3000DM001-1CH166が19,329時間、ST2000DM001-1CH164が21,972時間になっています。

ちなみに、メイン機(i7機)のHDD(こちらも、システムはSSDですから、メインHDDもサブHDDも・・・こちらはHDD2基搭載)は、ST2000DM001-1ER164(Barracuda14 2TB)が8,648時間、ST31000528AS(Barracuda 12 1TB)が13,156時間でした。
意外と持ってる・・・って感じ?まぁ、ここ1~2年は、シャットダウンさせてませんからねぇ。週一で落とすくらいで、あとは再起動だけ。

買ったのは、3TBのST3000DM001で2台目になりますが、末番が1ER166になってました。
壊れやすいというSeagete14の3TB・・・なぜか4TBの故障率は、東芝やWDと比べても大きく変わりがない、らしい・・・なので、「ヤバい」と思ったら買い換えるくらいの心構えではおりますが・・・。こればっかりは、壊れた時にならないと何とも言えないのでねぇ。

今回はOSがWindows10になりましたので、3TBをそのまま1ドライブでフォーマットしました。パーティションは切ってません。最初っからGPTです。
既存のHDDはWindows7ベースだったので、MBRにしてパーティションを切って使ってましたが・・・PCのスペックが底上げされました(Win2K時代から使っているHDDです)し、もぅいいか、と。

さて・・・壊れやすいとの評判のSeagate Barracuda14 3TBですが・・・壊れたらまたレポします。壊れなきゃ、静かで速いのよ、これ。

[PR]
by okinuchan | 2016-10-01 13:48 | コンピューター | Comments(0)