文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2012年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧
ソードアート・オンライン 第4話
b0105512_12312876.jpgソードアート・オンライン(SAO)の第4話です。

みんなの妹、シリカちゃんのお当番回。
アイテム分配の配分のいざこざからPTを離れて、ペット(→ の頭に載せてるティムモンスター)を殺してしまったシリカ。ピンチのそこへ現れたのが、理由けあって攻略組(最前線)から出張ってきたキリト。
文庫版原作小説第二巻の短編エピソードになりますね。
地上波でもモロ下着ですが・・・リアル肉体じゃないからいいのか?(w

同時期(1クール前から2クール)に進行している同じ川原礫さん原作のアクセル・ワールド(AW)に比べて、ハイテンポ・・・というか、かなり速い速度で進行してますが。。。原作、使い切っちゃわないかなぁ、と心配です。
AWの方は、おそらく原作4巻までと短編集の10巻の計5巻分でしょう。

シリカの中の人(CV)は、日高里奈ちゃん。「ミサカはミサカは・・・」の打ち止め役でブレイク・・・でいいのかな?今では引っ張りだこの若手(女子高生)声優さん。
b0105512_12521153.jpgAWと両方の出演は、戸松っちゃんと里奈ちゃんだけですね。

今の10代声優さんの中では、一番役幅が広いかな?妹系に寄ってるのはしょうがないんですが、内気なオドオド系から無邪気系・ツンデレ(ツンシュン)、ちょっとヤンキーが入ったツッぱり( ← )まで、いろんな妹を演じ分けてくれてます。

さて、SAOですが。。。
前回エピソードのエピソードヒロイン サチとは違ってシリカは生き残りましたから、あとあとの話では登場してくるんです。が、今のところ今回だけのゲストなんですよねぇ。まだキリトとのLv差はありますし、攻略組になるわけじゃないですし。
どうするんだろ。

MMORPG(とくにPKアリの)をやってる・やってた人には、SAOって「あるある、そういう事」って話が満載なんですよね。
例えば今回のエピソードに関して、某所で「キリトの装備がしょぼ」ってコメントを見かけたんですが、カウンターPK(PKK)を高Lvプレイヤーがそれよりはるか下のレベル帯でやる時には、装備・・・特に衣装・・・は、そのレベル帯のミドルレンジ~安目の装備に着替えてやらないと、相手が引っかかってくれないんですね。レベル制のMMORPGでは、Lv差が20もあったら高Lv者が最弱装職の初期装備であっても攻撃は当たらないし当たってもダメージは自然回復で回復しちゃいます。じゃないと、レベルの意味が無い。
私もリネージュIIで初期村や中間帯の村へ出張りに行きましたけど、そういう時はそのレベル帯の装備に着替えてプレイしてました。クリゲー(クリックゲーム)しかやってない人には、たぶん感覚が理解らないと思う。上級装備で下のレベル帯に行くと、それだけで威圧感が出ちゃうのよね。「カッコいい」とか「いつかは私も」って憧れもあるんだけど、それ以上に威圧感がある。

元がWEB小説って事で、結構ダークな部分に触れてるのがSAOですね。文庫化の際に手は加えられてるんでしょうが。
アニメは、さらに輪をかけてライトになってるのかも。それでも、前回(第3話)みたいになりますけど。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-29 13:19 | アニメ
アクセル・ワールド 第16話
b0105512_1352734.jpgレイカー姐さん、お当番回です(^^

元ネガ・ラビュラスのNo.2、スカイ・レイカーさん。修学旅行で不在の黒雪姫先輩に代わって、加速世界の極意をシルバー・クロウにレクチャー。
そのやり方は・・・東京タワーのテッペンから突き落とすというスパルタ(w それでも、(おそらく次回あたりで言うと思いますが)アッシュ曰く「まだ優しい方」なんだとか。
いつも笑顔を絶やさないレイカー姐さんではありますが・・・シルバー・クロウがあらわれるまで唯一の空中戦をしていたという事を除いても、他の6大レギオンNo.2の中でも一歩抜きんでている実力とあいまって、「鬼より怖いレイカースマイル」なんだそうな。その実力を魅せるのは、アニメじゃ第二期をやらないと描けないでしょうなぁ。

中の人は、このところ引っ張りだこの遠藤綾さん。しっとりとしたお姉さん役が、ピッタリ嵌ります。私はどちらかというと(綾さんのイメージは)こういう「ほんわか系」なんですけど・・・意外と活発な役が多いんですよね。

ちょっと端折って、今回のこの一回でハルが心意システムをマスターしちゃいましたから、出番はあと1回かな?次回は、能美との第2ラウンド。原作第4巻の前半部分になります。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-28 14:18 | アニメ
日本でのオリンピックマイナー競技・・・でも
射撃(男子ピストル・女子トラップ)と、セーリング(男女の470級・女子レーザーラジアル)、それから女子ウェイトリフティング。
メダルが期待できる競技です。

フェンシングは、前回の北京で太田選手が活躍して知名度・・・日本のレベルが知れ渡りました。それと、女子のホッケー、いい線いけると思うんですよねぇ。

あまり報道されないトコだと、この辺りかな。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 18:54 | スポーツ
女子に続けと男子も勝利 オリンピック男子サッカー
優勝候補と目されていたスペイン相手に勝利。これは驚いた。どうせ負けると思って、生中継を観てませんでした。代表のみなさん、スミマセンm(__)m

でもね・・・新聞の見出し「グラスゴーの奇跡」ってのは・・・。

96年のロスアンゼルスオリンピックで、日本代表がブラジル代表を破った時に「マイアミの奇跡」って言われましたけど。。。
あの時は、まだ日本はワールドカップを知らなかった(本戦に出場した事は無かった。翌97年に初出場決定・98年フランス大会で初出場)。そんな国がワールドカップ優勝経験国であるブラジルを相手に勝利したんだから、それは奇跡でしょう。

現在、日本はワールドカップに3大会連続で出場中で、前回大会はグループリーグを突破しベスト8に最も近いベスト16(日本はPK負け=記録上は引き分け)でしょう?
確かに、その大会で優勝したのがスペインでり、その後もユーロ優勝などフル代表は世界一の座を守っちゃいるけど、アンダーチームで日本もそれほど開いてない・・・少なくとも、ロス五輪の時ほど・・・じゃない?ジャイアントキリング(大番狂わせ)なのは違いないだろうけど、「奇跡」というほどありえそうもなかったのか?

浮かれまくっているマスコミのスポットを観ると、4-0(もしくは、スペインが何点か入れた)スコアでもおかしくない展開じゃなかったのか?
「マイアミの奇跡」のあと、日本は本戦出場を逃している。勝ち点では並んでいたものの、得失点差で足りなかったのである。
今回、点を取れるゲームを1-0で終えてしまった事が、最後の最後で響かない事を祈る。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 17:16 | スポーツ
オリンピックが始まった まずは女子サッカー、初戦を勝利
なでしこ、白星発進=川澄先制、宮間が追加点-ロンドン五輪、競技始まる〔五輪〕
予選リーグが、開会式を前に始まりました。

前半33分。ペナルティエリア内の大野へ通った澤のパスから川澄のゴール。大野の背後を廻った川澄、その川澄にあわせたノールックのヒール・・・というかソールというか・・・パス。角度が無かったとはいえ、こんなパスを出されれば、川澄が決めないワケがない。
男子のオランダっぽい点の取り方でした。

2点目は、前半44分。これは、オリンピック開催国であるイギリスみたいな得点。
男女ともに日本が誇る「左サイドバック」、鮫島のココしかないっ!というアーリークロスにキャプテン宮間が高いカナダディフェンスの隙をぬってアタマであわせる。170cmを超えるカナダDFと飛び出したGKをすり抜けたボールが、宮間の頭にジャストミート。

後半10分。攻め上がった日本の左サイドでボールを奪ったカナダが、一瞬の隙を突き日本からゴールを奪う。
大儀見のシュートをスーパークリアされた直後だっただけに、ちょっとポジションが中途半端だったかな?でも、これはしょうがない。半分以上ゴールに入っていたシュートをほじくりかえしたカナダのDFセッセルマンを誉めるべきでしょう。

その後は、両チームとも足が止まってきましたが、先に音を上げたのはカナダの方。何も無いところで足をとられたりして、最後はキャプテンであるチャップマンが負傷退場。交代枠を使い切っていたカナダは、残り10分を10人で戦う。
課題は、ここでボールを支配できなかった・・・相手に攻められてたところかな。まぁ、足が止まってたというのもあるし、パワープレイは人数が少ない方が死物狂いにもなるしで理解らないことはないんだけど。

まぁ、何よりオープニングゲームを勝利で飾れたのは、この競技の今後もそうだし日本の選手団の励みにもなるでしょう。
次はスウェーデン戦。ワールドカップ準決勝で、相手からすれば「3点も取られた相手」でしょう。今日のゲームのように、走りあいになって足を止めさせれば、日本の勝ち点は転がり込んでくるでしょうね。一筋縄では行かない相手でしょうけど。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-26 10:32 | スポーツ
膿んでる膿んでるとは思っちゃいたが・・・関西電力
次の再稼働「高浜3、4号機」=関電社長-経産相は不快感
ここまで空気を読めないとは。。。そりゃ、橋下市長じゃなくてもキれるわ。この件に関しちゃ、枝野が正しい。

大飯でゴリ押しして稼動させてみたら、あっちで警報こっちで警報。動かし始めちゃったから騙し騙し安定稼動まで持っていったけど、2度目があると信じている発言はオメデタイとしか言いようがないでしょう?ストレステストの結果も検証中の現在休止中の原発を「次は」って言える神経、マジで「アタマ、膿んでンじゃね?」としかコメントのしようが無い。
ましてや、原子炉の増設とかって・・・そんな事に払うゼニはないよ?今の日本に。

発電力(エネルギー供給)の問題なら、原子力以外の太陽光・風力・地熱などの発電所建設、でしょう。その為の費用・・・開発実用レベルまでの研究や実験・・・ってなら、まだ理解る。
この期に及んで原子力って発想をする企業、ナニ考えてるんでしょ。まぁ、今年の株主総会の体たらくを見てりゃ、どれほど腐った企業なのかってのは理解るもんだが(w

東電の今を、完全に対岸の火事として見てるよね、この企業。事故から何も学んでない。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-26 09:47 | ニュース
う~ん・・・まぁ。。。
知事、豪雨被害のさなか山笠参加「今思うと…」

これ、博多の人はどう思ってるのかね。まず、ソコだな。

確かに集中豪雨で警報が発令するさなか、「祭り」ってのは不謹慎にも見える。
が、博多の山笠祭は祇園祭の流れを汲むもので、祭られているのは「素戔嗚尊」である。つまり、荒ぶる大神を鎮める祭りであって、かのような天候不順を回復させるための祭りでもある。
目的としちゃ、間違ってないのよね。

日本古来伝統の祭りってのは、それぞれに意味がある。その中には、確かにこのような災害のさなかにやるには不謹慎なものも無い事は無い。
が、石を投げれば神さまに当たるくらい八百万どこにでも居る日本の神さまを祭る祭りは、本来このような天変地異の時にこそやるものであったのも確かだろう。なにせ、雨が続けば神様のお怒り、日照りが続いても神様のお怒り、嵐が来た日にゃ神さま全部がお怒りだ、って国だったんだからなぁ、日本って国は。

で、博多の人、どう思う?
[PR]
by okinuchan | 2012-07-24 17:17 | ニュース
たかだか20kmで・・・やりすぎ?体罰?
女子生徒に「グラウンド100周」…5人熱中症

いゃ、名門校ってこれくらいは走るんじゃん?200Mのトラックを100周したところで20km・・・ハーフマラソンよりも短いぜよ?
練習試合の合間に、って言ったって。。。そもそも、普段からこういう練習をしないからの結果だろう?高校の運動部で、身体をイジめないでどぅするのよ。

まぁ、これが走れるチームだったなら、練習試合の合間に指導教諭はこんな事を課さない内容のゲームをしたんだろうが。
ところで、40分で3.2kmって・・・歩いてたの?陸上部の長距離選手みたいに、10km/30分とまでは言わないが、40分かけて3.2kmってのは少々遅すぎやしないか?いくら試合を終わらせた直後とはいえ。

なんか、試合以前の問題のような気もするのだが。。。それなら、この練習がシゴキとか言われてもしょうがないとは思うけど、これをシゴキと言わせる部活も問題ありだと思うのだがなぁ。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-24 14:45 | ニュース
能登・花澤に続くウィスパードヴォイス
b0105512_10375055.jpg小倉唯、ソロデビューシングル「Raise」がオリコン週間ランキング8位に登場

唯ちゃんのハマリ役は → のアリス(神様のメモ帳/11年 7月期)だと思う。同時期にロウきゅーぶ!(ひな)、その後も-C3-シーキューブ(黒絵)、咲-Saki- 阿知賀編(怜)など・・・どちらかというと、体力少な目でロジックな子が多く、少し舌っ足らずで囁くようなしゃべり方をする役にハマる声優さんですね。
本人も、アリスや黒絵のような黒髪ロングが似合う方で、どちらかというと能登ちゃんタイプかな。ぴっちぴちの16歳女子高生です。

ユニットを組んでの曲は何曲か出してましたけど、これが本人名義のソロデビューだそうで。神様のメモ帳のアニメ主題歌(カワルミライ)をカバーしたクリップ、「これはアリ」と思うくらいでしたし巧いと思いますよ、歌の方も。
容姿も、AKBには負けてないんじゃないかなぁ。声優さんとしては、という括りじゃなくても可愛い方ではないかと。黒髪でロングにして似合う娘って、基本的に美人でしょ。スフィアの寿さんとか、先日(やっと)結婚された田中理恵さんとか。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-24 11:06 | アニメ
アイリッシュオークスとベルリン大賞 結果
Irish Oaks リザルト
1着 Great Heavens 2.42.92
2着 Shirocco Star 3
3着 Princess Highway 1.3/4
4着 Was 1/2

エプソムのオークス馬 Was、その2着馬 Shirocco Star、この2頭を負かしているロイヤルアスコット・リブリスデールS馬 Princess Highway、そしてランカシャーのオークスを勝って登場してきた Great Heavens。

ペースメイクは、Was 陣営が用意してきた Twirl。その二番手に Was、内に入った Great Heavens、外に Shirocco Star。後ろから2頭目に Princess Highway。
最終コーナーで Twirl が下がると、Was に馬体を併せるように Shirocco Star が並びかける。一緒に上がっていったのが後方待機だった Princess Highway。
内に入ってた Great Heavens は、出すところがなくスパートが遅れる。残り1f でようやく Princess Highway の外まで持ち出すと、そこからは別次元の加速。後続を突き放しにかかった Shirocco Star ごと先行各馬をひと飲みして、3馬身突き放したところでゴール。

勝った Great Heavens は、父 Galileo ・母 Magnificient Style。お気づきだろうか、前日にキングジョージで Danedream にハナ差敗れた Nathaniel の全妹である。

Grosser Preis Von Berlin リザルト
1着 Meandre 2.31.50
2着 Earl Of Tinsdal 1.1/4
3着 Baschar 1/2

ミラノ大賞馬とサンクルー大賞馬の対決となったホッペガルテンのベルリン大賞。
逃げるミラノ大賞馬 Earl Of Tinsdal と、それを見る格好で3番手外に付けたサンクルー大賞馬 Meandre。スタート直後、クビを上げて行きたがる素振りを見せた Meandre は、ギュヨン騎手の手綱捌きひとつで落ち着く。
こうなると、前走で前日のキングジョージを勝った Danedream をこてんぱんにした Meandre の相手は不足。
直線、力強く抜け出し2着争いを尻目に 1.1/4馬身差は完勝でしょう。Meandre は、昨年のパリ大賞・前走のサンクルー大賞に続いてグランプリを三連勝。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-23 17:59 | 競馬