文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
もうひとつ LEVEL5 -judgelight- のMADから

国交省、悪い事言わんから、このMADをそのままPVとして使ってアメリカへ売り込め。パクリでおなじみの大国が特許を申請しているようだが、どっちがオリジナルか一目瞭然だ。
でもって、日本の新幹線の売りは技術なんてつまんないモノじゃなく、阪神淡路・中越・東北の大震災でも死亡事故を起こさなかった安全性と、その後の復旧の早さだという事を教えてヤレ。
マネできるもんなら、やってもらおうじゃないか。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-30 21:12 | 日記 | Comments(0)
とある国家の自衛隊+海上保安庁
まずは海上自衛隊

お次は陸上自衛隊

最後に航空自衛隊

そして忘れちゃいけない沿岸警備隊


BGMは とある科学の超電磁砲 LEVEL5 -judgelight- 。
なんでこんなにこの曲があうんだろう。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-30 20:52 | 日記 | Comments(0)
ハァ・・・政治ネタのログを書くのに、こんなに鬱になる国って。。。
保身 保身 保身 保身 ・・・・・・
しか、この国のソーリのアタマの中には無いんだろうなぁ。いかに「ソーリノイス」にしがみつくかしか。

いつだったかマンガの中で「合衆国の大統領になりたい。だって『やりたいホーダイ』だから」ってネタがあったんですが、このコクミンソウスカンはそれ以上だね。マジでさぁ・・・カ〇フィーとかキム・〇ョン△ルとかいうレベルじゃね?
というか、「この国をどうしたいのか見えない」分、カダ〇ィーや〇ム・ジョ△イルよりも非道いんじゃ?とすら思う。だって彼らは、言いたくても言えない国民はともかく「腰巾着は間違いなく味方」でしょう。政府内・政権与党内にすら不満を漏らされてるソウスカンではないものな。

今回の人事異動とポスト新設、ナニがしたいのよ?ドウしたいのよ?
それっぽい名前のポストを作りました。で???その大臣に、ナニをさせるの?超党と言いながら、事実上の引っこ抜き・・・それもベテラン議員じゃなく一年生議員・・・って、ドーイウわけ?
まったく真意が伝わってこない。

再生可能エネルギー法案を通さないなら解散・・・
すれば!?
被災地の状況も考えずに。
解散してみればいい。
というか、被災地の人たちには申し訳ないが、コレしか方法がないならやってほしい。「俺たちは今それどころじゃない」と文句を言われるだろう事は承知の上で、あえて言いたい。

国会を運営させるのにソウス菅ソーリがジャマで、排除するのに総選挙しか方法がないなら、やるのが困難であってもやるしかないでしょうね。
だって、もぅ震災がら100日以上過ぎてるんだよ?ナニが決まった?
「ヤル、ヤル」と言ってた事、どれだけ前進してる?カッコ・ポーズや当事者の事を考慮してない状態での事ばかりじゃないか。

仮設住宅ひとつを取っても、数はあっても利便性を考えてない&入居したあとの補助・保護がない(現行法では保護が打ち切られるなど)ので、入居の抽選に当選しても入居しない・できない人がまだ多い。
このス菅ソーリは「8月までにすべての避難所生活者を仮設住宅へ」と言ってなかったか?できなかったら、どうオトシマエをつけるんだ?この調子じゃ、まず間違いなく・・・シロートの私の目から見てすら・・・避難所から仮設になんて移れないぞ?

何人、死ぬんだ?今年の夏で。避難所生活をしている人たちが。節電に頑張ってる人たちが。
何人、放射線被曝するんだ?福島・茨城の人たちが。将来ある子供たちが。
再生可能エネルギー、いつかはヤらにゃイカンよ。でも、今ぢゃナイだろ?今現在、もっと切羽詰ってる人たちがヤマほどまだ居るんだよ。
ソウスカン総理大臣は、日本国民を何人殺したら辞任するのかねぇ。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-28 09:27 | ニュース | Comments(0)
Irish Derby 結果
1着 Treasure Beach 2.33.26
2着 Seville 3/4
3着 Memphis Tennessee 1

Carlton House は伸びなかったなぁ。母系は長めの血統なんだけど、父の Street Cry が強めに出てるのか、12f は長そうな感じで逃げ馬も捕えきれませんでした。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-27 09:28 | 競馬 | Comments(0)
宝塚記念とIreland Pretty Polly Stakesの結果
宝塚記念
1着 アーネストリー R 2.10.1
2着 ブエナビスタ 1.1/2
3着 エイシンフラッシュ ハナ
4着 ローズキングダム 1/2
5着 ルーラーシップ 3.1/2

内枠からスタート良く飛び出したアーネストリーが、さらに内から絶好のスタートを決めたナムラクレセントを行かせて番手追走。4コーナー手前で先頭にたってそのまま押し切り。

で・・・秋は凱旋門賞だそうな。
なして凱旋門賞?出走権をこのレースで獲得できたブリーダーズカップじゃなく、凱旋門賞。

正直なトコ、このレースを見ても「勝ち負けに持ち込めるのは、今回は3着だったローズキングダム」だと思う。この馬は、欧州向き。芝が軽めで高低差が少ないロンシャンなら、ある程度勝負に持ち込めると思う。
今日負けた・・・ブエナビスタにも差されたのは、足元が緩みきってなかった&レコードを1秒更新する高速決着だったから。

今年の凱旋門賞は、おそらくかなりの散水がされるはず。なにせ、3歳代表は地元フランス調教馬でありながら英ダービーを勝利した Pour Moi。古馬代表は、ディフェンディングチャンピオンの昨年ダービー馬 Workforce、O'Brien厩舎からは So You Think と St Nicholas Abbey。
今日の愛ダービーの結果次第では、Carlton House も。さらには仏3歳牝馬二冠の Golden Lilac も夏の成績いかんでは、人気上位に上がってくるでしょう。

アーネストリーのような馬は、欧州より北米だと思うのだがなぁ。これだけ先行してレコードで押し切れるのだから、ガンガンとスタートから行くアメリカ競馬の方がマッチするはずなんだけど。
なんでこぅ、ふたこと目には「凱旋門賞」なのかなぁ。しかも、今年は層が厚いってのに。


Ireland Pretty Polly Stakes
1着 Misty For Me 2.13.37
2着 Midday 6
3着 Chrysanthemum 4.1/2

10f(1M2f)なのに、やっぱり2200M(11f)の宝塚記念より走破時計は遅かったです(w
これが欧州競馬なんですよねぇ。

5.5kgのハンデを生かして、Midday に6馬身の差をつけて Misty For Me が2歳時の2勝を含めてG1 4勝目。このあとは、愛オークスをパスしてナッソーSに直行かな?12fは長い(=凱旋門賞ではなくオペラ賞が秋の目標だと思う)でしょう。

それにしても、ここ数年・・・G1に昇格して以降でも2番目に遅い(Dar Re Mi が勝った時の2.14.00が一番遅い)走破時計は・・・。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-26 16:36 | 競馬 | Comments(0)
夏競馬 第52回 宝塚記念とアイリッシュ プリティポリーS
6月26日
第52回 宝塚記念

1枠1番 ナムラクレセント 牡6 和田竜二 天皇賞(春) 3着
1枠2番 アーネストリー 牡6 佐藤哲三 金鯱賞 3着
2枠3番 ルーラーシップ 牡4 横山典弘 金鯱賞 1着
2枠4番 エイシンフラッシュ 牡4 安藤勝己 天皇賞(春) 2着
3枠5番 フォゲッタブル 牡5 川田将雅 目黒記念 12着
3枠6番 アサクサキングス 牡7 浜中俊 阪神大賞典 4着
4枠7番 ハードビートソング 牡4 秋山真一郎 目黒記念 2着
4枠8番 ブエナビスタ 牝5 岩田康誠 ヴィクトリアC 2着
5枠9番 ローズキングダム 牡4 ウィリアムズ 天皇賞(春) 11着
5枠10番 ドリームジャーニー 牡7 池添謙一 産経大阪杯 9着
6枠11番 ダノンヨーヨー 牡5 北村友一 安田記念 10着
6枠12番 シンゲン 牡8 藤田伸二 ジャパンC 12着
7枠13番 トーセンジョーダン 牡5 ピンナ 阪神大賞典 取消
7枠14番 トゥザグローリー 牡4 福永祐一 天皇賞(春) 13着
8枠15番 トレイルブレイザー 牡4 小牧太 目黒記念 4着
8枠16番 ビートブラック 牡4 武豊 天皇賞(春) 7着

阪神競馬場 芝 2200M 3歳以上 定量 58kg(牝馬 -2kg)


6月24日
Ireland Pretty Polly Stakes

1 Aoife Alainn 牝4 
2 Midday 牝5 Queally '10 ヴェルメイユ賞 1着
3 Obama Rule 牝4 Smullen
4 Snow Fairy 牝4 Murtagh '10 香港C 1着
5 Chrysanthemum 牝3 Lordan
6 Claiomh Solais 牝3 Manning
7 Empowering 牝3 O'Donoghue
8 Misty For Me 牝3 Heffernan '11 愛1000ギニー 1着

Curragh 芝10f 3歳以上牝馬 定量 135lb(61.2kg)・3歳 123lb(55.7kg)

明日はアイリッシュダービー、来週はアイリッシュオークスの出走馬が確定するでしょう。
しかし・・・夏競馬とはいえ、3歳と古馬の負担重量差が5.5kgかぁ。。。欧州は背負わせるなぁ。日本調教馬が勝てる訳ないわ。

追記
Irish Derby

1 Carlton House Moore
2 Dunboyne Express McDonogh
3 Memphis Tennessee O'Brien
4 Native Khan Murtagh
5 Notable Graduate Smullen
6 Roderic O'Connor Lordan
7 Seville Heffernan
8 Treasure Beach O'Donoghue

Curragh 芝 1m4f 3yo only
[PR]
by okinuchan | 2011-06-23 22:00 | 競馬 | Comments(0)
首相のツラをテレビで観ると、テレビを殴りたくなる・・・
こんな首相は初めてだ。福田の時ですら、「アナタとは違うんですっ!」って言った時ですら、テレビを殴ろうとまでは思わなかった。

ドコゾのパーティで、「そんなに(顔を)見たくないのか」と繰り返したそうだが、「うん。金輪際、見たくない。同じ空気を吸っている事すらイヤだ」とこちらは繰り返したいね。

「辞めさせたきゃ、この法案を通せ」・・・アフォだろ。
アンタの30数年来のユメだったのかもしれんが、今はそんな事をやってる場合じゃない。平時のときならイザ知らず、未曾有の大災害(東北大震災)とその後の人災(福島原発事故)で国民は右往左往し「とりあえず今日・明日」を凌いでるさなかにヤる事っちゃない。ソーリになるタイミングが悪かったんだ、アキラメロ。

地震から3ヵ月半も経ってるのに、小国の国家予算に匹敵するほどの義捐金が世界中から届いてるのに、その義援金が2割すら被災者に届いてないってのはドーいうワケよ?法整備が整ってないって、ドーいうワケよ!
セーフがムノーなだけじゃん?

民間はもぅ、とっくに動いている。ボランティアも体裁を整えられた。現地も、動ける者から動き始めている。地方自治体もできる事から始めている。
動いてないのは、国会だけじゃないか。

誰が悪いんだ?
責任者ってのは、アタマ下げる為にいる(居る・要る)んだよ。国会の責任者ってのは、総理大臣じゃないのか?
ソイツがこの未曾有の惨事のさなか、我を通して責任の対象である国民を観てないって、ドーいう事よ。

マジで、人類史上最低な国家主導者だな、コイツ。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-23 07:34 | ニュース | Comments(4)
アジサイの季節
b0105512_16352490.jpg
b0105512_16361556.jpg
b0105512_16363833.jpg
b0105512_16373283.jpg


なんか、フツーに綺麗に写ってるなぁ(w
[PR]
by okinuchan | 2011-06-21 16:38 | 写真 | Comments(0)
王室開催 最終日&総括
Golden Jubilee Stakes
1着 Society Rock 1.17.22
2着 Monsieur Chevalier 1/2
3着 Star Witness 1.1/4
4着 Elzaam アタマ
5着 Bated Breath クビ

初日のキングズスタンドSから連闘で臨んだ Star Witness は、早めに先頭にたって押し切ろうとするも Society Rock と Monsieur Chevalier に差されて3着。結果的に早仕掛けだったのかな。キングズスタンドSが59秒台だっただけに、今日のペースはそれほど速くなかったんですが。
ただ、2番人気として横綱相撲をとっての敗退ですから、ある意味しょうがないかな。逆に、1番人気を裏切ったのが Bewitched。いいところなく14着敗退となっています。

ひとつ前のハードウィックSは、オブライエン厩舎の Await The Dawn が2着に3馬身差をつけての快勝。これで、一般戦-G3x2-G2と4連勝。日本なら勢いに乗ってG1に・・・なんですが、今年のオブライエン厩舎は。。。
ゴールドCを勝った Fame And Glory、タタソールズ金杯を勝ちPOWで僅差の2着だった So You Think、コロネーションCを勝って復活の狼煙をあげた St Nicholas Abbey、愛ダービー馬の Roderic O'Connor ・・・と、駒が揃ってますからねぇ。


さて、総括。
日本に居て最大の注目は、やはり初日のSt.JPSでしょう。が・・・ハードルが高かったですねぇ。マイル戦とはいえ、オールド(スィンリー)マイルを使うSt.JPSでは、マイルチャンピオンではなく皐月賞(2000M)を勝てる馬じゃないと通用しない・・・もしかしたら、皐月賞馬でも通用しないかも・・・ですね。もっとも、皐月賞馬は東京優駿へ向かうでしょうから・・・。

今回の遠征、netkeiba.comなどでは「勇敢なる挑戦」と肯定的にとらえられてるようですが、海外競馬ファンからすると、この惨敗を喫したままグランプリボスが日本に戻って強い競馬でG1を勝ったところで、「その30馬身前に強いのが居るんだよねぇ」と思ってしまいます。
つまり、強い競馬で勝てば勝つほど「日本のG1(さらには競馬全体)の価値が下がる」ように感じるんです。

「接戦になって、わずかに力が足りずに惜敗した」ってなら、日本で強い競馬をすれば「日本の土俵(ホーム)なら逆転する」「向こうの土俵(アウェー)でももっと工夫すれば」と思えるんですがね。さすがに、ファイナルコーナーまでの700Mで勝負あったの惨敗じゃ・・・。

さて、その相手となった Frankel ですが・・・能力は怪物ですけど、抑えが効かないこの気性は、古馬との対戦になってどうなんでしょう。それも、並みの相手ではなく Canford Cliffs や Goldikova という歴史的マイラーを相手にして、ですから。
ホントーに「能力だけ」は怪物でしょう。ファイナルコーナーの手前、一番傾斜のキツイ残り3ハロンのハロン棒のさらに手前から加速して、ゴールまで粘りきったワケですから。

抑えが効くようにならなければ、マイル戦では勝負にならないでしょうね。逆に、抑えが効けばマイルどころか10f ・12f と距離が伸びても怪物でしょう。

その他の注目レースでは、今年のマイル王者・・・挑戦を受ける立場・・・決定戦となったクィーンアンS。
女王 Goldikova が昨年唯一敗戦を喫したジャックルマロワ賞と同様、緩んだ(Good to Soft)馬場&直線コースという向かい風はありましたが、それでも Canford Cliffs にねじ伏せられたのは事実でしょう。
もっとも、良馬場で再戦したらどうなるか・・・逆転の可能性はあるでしょうね。ただ、Canford Cliffs も昨年敗戦を喫した Makfi もレベルが高い事も間違いないと思います。

豪州のコックスPを連覇して、欧州へやってきてタタソールズ金杯を勝って、10f 王者となった So You Think ですが、やはりこの距離は層が厚いです。今年のドバイCCを勝利した Rewilding にゴール前で差されてしまいました。
結果的に早仕掛けでしたが・・・それでも Frankel がスパートしたところはさらに前なんですよねぇ。Frankel のバケモノ具合がわかったでしょうか(w
出走馬中、唯一G1勝利がない Sri Putra の3着は大健闘。Planteur(今年のガネイ賞勝ち)や Twice Over(昨年末のチャンピオンS勝ち)は不甲斐ない・・・さらに Jan Vermeer(一昨年の仏2歳チャンプ)は復活の兆しすら見えず。

とはいえ、今年のクラシック組みも10f 路線に参入してくるでしょうから、目が離せないのは確かですね。
面白かったですよ、王室開催。さすがに、昼間は眠くなりましたが(w
[PR]
by okinuchan | 2011-06-19 14:39 | 競馬 | Comments(0)
王室開催 3日目と4日目
Gold Cup
1着 Fame And Glory 4.37.51
2着 Opinion Poll 3馬身
3着 Brigantin 4.1/2
4着 Manighar 1/2
5着 Askar Tau 1/2

G2とはいえグローリアスグッドウッドのメイン競争ドンカスターCの勝ち馬や、G1のカドラン賞やロワイヤルオーク賞などを戦ってきた長距離馬を相手に、昨年まで12f 戦までを使ってきて今年になって長距離に転向した Fame And Glory がアイリッシュダービー&コロネーションC勝ち馬の貫禄を見せて完勝。恐れ入りました。
10f のタタソールズ金杯の勝ちがあり、それでもって20f のアスコット金杯を勝ったのは・・・なんか、マイルを走らせても相手なりそれなりに走れそう?(w

もっとも、史上まれに見るスロー決着(4分30秒を超えたのは、’98以来。今年より遅い決着だったのは’81の4.51.23以来)では、これが実力通りなのかどうか。

Coronation Stakes
1着 Immortal Verse 1.42.75
2着 Nova Hawk 2.1/4
3着 Barefoot Lady 1/2
4着 I Love Me 1/2
5着 Together 短頭

プールデッセプーリッシュを惨敗してディアヌ賞ではなくジョッケクルブ賞の露払いレース サンドリンガム賞を使って勝ちあがってきた Immortal Verse が、中12日の強行スケジュールにも関わらず快勝。なんでコイツ、プールデッセプーリッシュで負けたんだ?ってくらい強烈なシンガリ強襲の大外一気な末脚を炸裂させました。
もっとも、今年は英・愛の1000ギニー馬がエプソムのオークスへ、プールデッセプーリッシュの勝ち馬がディアヌ賞へ向かったので、純粋に世代最強牝馬マイラー決定戦というワケにはいかなかったようですが。英・愛1000ギニーで連続2着だった Together が5着ですから、突出した馬が居ないというのが事実かな?プールデッセプーリッシュ - ディアヌ賞を連勝した Golden Lilac が頭ひとつリードしてるのかな?

話は変わって、コロネーションSのひとつ前のレースキングエドワード VII世Sに、デビュー戦で注目を浴びた World Domination が出走しました。が・・・いいところなくシンガリ惨敗。デビュー戦を快勝した時にはダービー馬候補だったんですが、評判倒れだったのかなぁ。
巻き返しを期待します。


さて。
本日のメイン競争はG1のゴールデンジュビリーSですが、個人的にはその前のG2 ハードウィックSに注目です。昨年は Harbinger がここを快勝したあと、KG&QEを記録的な完勝をしました。まぁ、そんな事が二年連続で起きるワケはないでしょうが(w

ゴールデンジュビリーSの方は、2頭が人気を被ってるのかな?(17頭立て)
私は、二番人気の方の Star Witness に注目。初日のキングズスタンドSで2着惜敗したリベンジに賭けましょうか。以前はもう少し居たんだけどねぇ・・・このローテーションで走る馬。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-18 09:23 | 競馬 | Comments(0)