文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2011年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
古河庭園のバラ その4
b0105512_10273783.jpg
Sahara '98 / サハラ '98
b0105512_10321396.jpg
Hakucho / 白鳥(ハクチョウ)
b0105512_10385816.jpg
New Dawn / ニュー ドーン
b0105512_10481736.jpg
Konrad Henkel / コンラッド ヘンケル

う~ん。コンデジの方の色あわせが巧くいかん。。。
赤や緑が飽和しやすいかと思えば、中間トーンが沈みがちでノリが悪いし。シャープネスも効き過ぎてる。コントラストも彩度も高いんだけど、下げようとすると急に変化するし。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-30 10:54 | 写真 | Comments(0)
二冠達成 日本ダービーはオルフェーヴル
1着 オルフェーヴル 2.30.5
2着 ウインバリアシオン 1.3/4
3着 ペルシャザール 7
4着 ナカヤマナイト クビ
5着 クレスコグランド アタマ

オルフェーヴル、もしかしてとんでもなく強いのかも?
直線の坂下からスパートした時の切れ味は、不良馬場の中でただ一頭空を飛んでたみたいに次元が違いました。
池添騎手は、スイープトウショウといいこういう馬があうんだろうなぁ。これでメイショウサムソン以来の二冠で、唯一の三冠挑戦権保持者となりました。今日の感じなら3000Mは問題なさそうですね。

2着は青葉賞勝ちのウインバリアシオン。3着を7馬身離してれば、文句ナシでしょう。菊花賞でオルフェーヴル逆転の一番手である事は間違いないでしょうね。

私が名前を挙げたサダムパテックは7着、ショウナンパルフェは6着でした。コティリオンは14着、ユニバーサルバンクは10着とともに二桁着順。
3番人気 デボネアもいいところなく12着、4人気 ナカヤマナイトはサダムパテックとオルフェーヴルのルートを塞ぎにかかるも轟沈して4着確保が精一杯。

一番人気が勝ったにも関わらず、馬連 3,380円・馬単 4,540円、三連単は10万300円の高配当でした。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-29 16:14 | 競馬 | Comments(0)
第78回 東京優駿(日本ダービー)枠順決定
1枠1番 ウインバリアシオン 安藤勝己 青葉賞 1着
1枠2番 サダムパテック 岩田康誠 皐月賞 2着
2枠3番 オールアズワン 藤田伸二 皐月賞 16着
2枠4番 リベルタス 四位洋文 皐月賞 18着
3枠5番 オルフェーヴル 池添謙一 皐月賞 1着
3枠6番 クレスコグランド 浜中俊 京都新聞杯 1着
4枠7番 ペルシャザール 後藤浩輝 皐月賞 11着
4枠8番 フェイトフルウォー 田中勝春 皐月賞 12着
5枠9番 コティリオン 小牧太 NHKマイルC 2着
5枠10番 ナカヤマナイト 柴田善臣 皐月賞 5着
6枠11番 デボネア L.デットーリ 皐月賞 4着
6枠12番 エーシンジャッカル 川田将雅 NHKマイルC 9着
7枠13番 ロッカヴェラーノ 武豊 皐月賞 6着
7枠14番 ショウナンパルフェ 三浦皇成 青葉賞 2着
7枠15番 トーセンラー 蛯名正義 皐月賞 7着
8枠16番 トーセンレーヴ C.ウィリアムズ プリンシパルS 1着
8枠17番 ユニバーサルバンク 福永祐一 京都新聞杯 2着
8枠18番 ノーザンリバー N.ピンナ 皐月賞 15着

府中競馬場 芝2400M 3歳牡・牝馬 定量57kg(牝馬 -2kg)

いつもと違って皐月賞も府中で行われた今年。
皐月賞組は府中の経験がある、という前提ですが、府中皐月賞の年で二冠に輝いた馬は居ないんですよね。

という事で、サダムパテックの巻き返しを予想して、これがアタマ。ここから皐月賞馬オルフェーヴルと青葉賞2着のショウナンパルフェへ。
これに、NHKマイルC2着のコティリオンと京都新聞杯2着のユニバーサルバンク。の2頭を「2着付け」で(w

馬番で、2-5&5-2と2-14&14-2の裏表、2-9・2-17と6点。三連単で2-9-5と2-9-14・2-17-5と2-17-14の2点。


このBlogを始めたのが、メイショウサムソンの勝ったダービーの予想からでしたから、これで丸5年になるんですねぇ。我ながら、よく続いたもんだ。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-27 13:18 | 競馬 | Comments(0)
古河庭園のバラ その3
b0105512_10643100.jpg
Blue Light / ブルーライト
b0105512_1083492.jpg
Hatsukoi / 初恋(ハツコイ)
b0105512_10104983.jpg
Queen Elizabeth / クィーン エリザベス
b0105512_10145782.jpg
Mister Lincoln / ミスター リンカーン

Nikon D70+SIGMA 18-50mm F3.5-5.6DC(1・2・4枚目) ・ SIGMA 55-200mm F4-5.6DC(3枚目)

さて・・・前回・前々回と使用カメラ&レンズを記載しませんでしたが。。。判っててあえて突っ込まれなかった、という事にしておきます(^^
まっ、まさかっ!観られてないトカッ(つw;)

そうです。前回と前々回の写真は、コンデジ(GE C1033)で撮影したものです。
もちろん、JPGの最高画質記録からですがNC-NXで手を入れられる部分は入れてあります。それでも、余計なボカシやノイズリダクションはしてませんよ。

彩度とコントラストとシャープネスが強いですね。やっぱり、撮ったままで観る時に「パッと見で綺麗な感じ」にしようとしているからでしょう。
これだけ(C1033の写真だけ)で見れば結構綺麗な写真なんですけど、一眼レフの写真と並べてしまうとやっぱり(D70とですら)劣りますね。ただ、使えないほど酷いかと言われると・・・普通に綺麗ジャン?

ボケも、確かに一眼レフのような浅い被写界深度じゃないけど、パンフォーカスになってる訳じゃないにょ?
確かにカラーバランスが狂ってるし飽和も早いし濃度も浅い。原色系(R/G/B ・ C/M/Y)が特に。こういうバラみたいな花を撮影するには、あまり向かないかもしれない。けど、たぶん「得手不得手のうちの不得手の部分」だと思いますよ。

もぅちょっとバラの写真はありますので、次回以降はまぜこぜで掲載していきます。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-27 10:48 | 写真 | Comments(0)
もぅ、完全に政府も東電も信用・信頼ともに無いよね
マジで、国会の議会・委員会全部と東電の本社機能を南相馬に移設シロ。最前線に居ねぇから、真剣味と危機感がねぇンだ。

事故直後に冷却水を真水から海水に変えた。それを中断したのしないのってのは、一番肝心なところじゃなイカ。

なんかさ・・・日本政府をはじめ国会議員全部と事故対策委員会、それに東電は、原子力開発の未来のその最先端で行き先を決める、決められてしまう場に居るって事を自覚してないよね。
どのツラさげて、菅ソーリはG8に行ったんでしょ。日本国内・国会で答弁するような内容で、諸外国の首脳を納得させられるとでも思っているんでしょうか?日本語で日本人すら納得させられないのに。

知った・知らない、言った・言わない・・・ガキの喧嘩の原因だって、もっとマシだろ。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-27 08:19 | ニュース | Comments(0)
古河庭園のバラ その2
b0105512_936664.jpg
Vanilla Perfume / バニラ パフューム
b0105512_937239.jpg
Ryokko / 緑光(リョッコー)
b0105512_9395699.jpg
Sahara '98 / サハラ ’98
b0105512_9413195.jpg
Blue Light / ブルーライト

平日の午前中・・・それも開園直後じゃないと、ゆっくりと写真を撮れないですね。10時半をまわると人が増えすぎて・・・(^^;ゞ
一番のネックは、日傘をさしたオバさま方。カメラの三脚(バラが咲いている間は禁止です)やスケッチのイーゼル(こちらももちろん禁止)並にジャマ・・・というかキケンなんですけどねぇ。なんせ、通路が狭いですから。

私がお伺いしたのが9時半頃。ちょっと家を出るのが遅くなって、その差が出ました。それでも、大きなバラ園ではないので全種類制覇するのは簡単でしたが。

節電の為、ライトアップイベントは今年はナシです。早めに行って、早めに撤収するのがいいでしょう。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-26 09:53 | 写真 | Comments(0)
古河庭園のバラ
b0105512_17265783.jpg
Frau Karl Druschki / フラウ カール ドルシュキ
b0105512_1729196.jpg
Super Star / スーパースター
b0105512_17342215.jpg
Tancho / 丹頂(たんちょう)
b0105512_17371397.jpg
Lady Meilland / レディ メイアン

おまけ
b0105512_17384530.jpg
German Iris / ジャーマン アイリス

まだまだあるので、とりあえず今日はここまで。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-25 17:41 | 写真 | Comments(0)
週末は欧米でG1レースが6レースも・・・
21日 プリークネスステークス アメリカ・ピムリコ競馬場
逃げた Astrology の6f通過が72秒というスローペース(Curlin が勝った07年が69.8秒、Rachel Alexandra が逃げ切った09年が71秒)。Astrology の外で番手につけた Shackleford が直線早々に Astrology を交わして粘りこみ勝利。
スタートで後手を踏んだダービー馬 Animal Kingdom は、よく追い込んだものの Shackleford を捕らえきれずに2着。

ベルモントSはどうなるのかな?三冠がなくなって Animal Kingdom はパスするかも?ハスケル招待やトラヴァースS(距離的にはこっちかな)もありますしね。

21日 アイリッシュ2000ギニー アイルランド・カラ競馬場
Frankel がセントジェームズパレスステークスに目標を絞ってエントリーしなかった為に、敗者復活戦&再挑戦権獲得レースの様相となってしまいました。
スタート良く先手を取った Roderic o'Connor がそのまま粘りこみ、後方から追い込んだ英2000ギニー2着馬の Dubawi Gold がここでも2着。

22日 サンタラリ賞 フランス・ロンシャン競馬場
ディアヌ賞(仏オークス)への前哨戦でもある牝馬限定G1 のサンタラリ賞。逃げたのは前哨戦のひとつペネロープ賞の勝ち馬 Don't Hurry Me。これを2番手集団で追走していたのが3・4着で入線した Nonsuch Way と Glorious Sight。
これを見るように後ろに付けていたヴァントー賞の勝ち馬 Epic Love が先行馬を交わしたゴール前、それらを一刀両断に差しきったのが後方待機策をとっていた Wavering。

プールデッセプーリッシュ組みとの対決が見ものかも。

22日 イスパーン賞 フランス・ロンシャン競馬場
マイルの女王 Goldikova が圧巻の連覇。ラピットの Flush Dance の番手に付けると、最終コーナーをまわって先頭に立ってそのまま押し切り。
Goldikova をマークしていた Cirrus des Aigles が2着、一緒にマークしていた Dick Turpin は殿に沈む。前哨戦を叩いて望んだ Byword は、いいところなく5着。

Goldikova への挑戦権は、ロッキンジステークスを勝って昨年の愛2000ギニーから4連勝とした Canford Cliffs と、3歳の期待馬 Frankel に絞られたかな?

22日 タタソールズゴールドカップ アイルランド・カラ競馬場
一昨年の仏クリテリム国際の勝ち馬 Jan Vermeer が取りやめて5頭立てとなった愛金杯は、コックスプレートを連覇した So You Think が危なげなく勝利。着差4馬身半じゃ、何も言えないでしょう。
先に行かせた Windsor Palace を直線入り口で交わすと、あとは差を広げる一方。この勝利もあって、ロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSでのアンティポストでも一番人気になってます。もっとオッズが下がるんじゃないかな。

22日 アイリッシュ1000ギニー アイルランド・カラ競馬場
昨年の仏2歳牝馬チャンピオン Misty for Me が、英2000ギニー11着から巻き返し。先行して先頭を走るも、直線で仕掛けを遅らせ一旦下がる。
同じようなペースで走っていた英1000ギニー2着馬の Together が仕掛けたあとからスパートして、先に抜け出した Together を Misty for Me が交わしたところがゴール。

Misty for Me と Together はロイヤルアスコットのコロネーションステークスかな。プールデッセプーリッシュの Golden Lilac はディアヌ賞(仏オークス)でしょう。英1000ギニー勝ちの Blue Bunting はオークスでしょうね。アンティポストで一番人気になってますし。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-23 17:38 | 競馬 | Comments(0)
オークスはエリンコート
1着 エリンコート 2.25.7
2着 ピュアブリーゼ クビ
3着 ホエールキャプチャ ハナ
4着 マルセリーナ 2.1/2
5着 スピードリッパー クビ

レース直前になってバケツをひっくり返したような雨が波乱の予感。

勝ったのはデュランダル産駒のエリンコート。98年エリモエクセル以来かな、忘れな賞勝ちからのオークス制覇は。
逃げたピュアブリーゼが粘るところを、中段から早めに仕掛けたエリンコートが交わして勝利。
1人気のマルセリーナは後方から、2人気のホエールキャプチャは出負けしてやはり後方から。よく追い込んだものの、届かずホエールキャプチャが3着・マルセリーナが4着。

7番人気のエリンコートから8番人気のピュアブリーゼ、そして2番人気のホエールキャプチャということで、三連単は50万超えの超高配当。
エリンコートの母・エリンバードは伊1000ギニー馬で日本で出走経験があるのは京王杯SCと安田記念、父はスプリンターズSやマイルCSを勝ったデュランダル。これじゃ、オークスで本命にするには・・・。

想像以上に強かったのが2着のピュアブリーゼ。1000M通過が60.7秒で2着に逃げ粘りなら、勝った相手が今日は一枚上手だったって事でしょう。
フローラSを3着して優先出走権を得た1勝馬の身で、これだけ走れば上デキでしょう。

ハブルバブルは、スタート直後に折り合いを欠いたのがすべてでしょう。ライステラスは、逃げたピュアブリーゼを追いかけて伸びを欠き13着。メデタシは勝ち馬と同じような位置取りから伸びずに11着と惨敗。

まぁ、言い訳はできないですね。予想は惨敗です。次週のダービーにかけましょう(w
[PR]
by okinuchan | 2011-05-22 16:18 | 競馬 | Comments(0)
これはハマったMAD・・・ゴールデンタイムラバー

咲ですかぃ・・・確かに、歌詞の内容はマッチしてる(w

展望はないが・・・ > 点棒はないが・・・
論より証拠なんだ・・・> ロンより証拠なんだ・・・

カッチョえぇMADに仕上がってます。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-21 17:49 | アニメ | Comments(0)