文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2007年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
BLUE DROP 第5話
b0105512_12534476.jpgだんだんとSF色が強まってきましたが、スクールライフもちゃんと残してあります。
← こんなカットは日常と非日常の狭間として、巧く描いてますね。普通(マリ以外)の地球人には見えないホログラムを介して会話しているツバエルと萩乃(エカリル)が、マリに正体や理由を話している時に寮長がやってきて、ツバエルのホログラムの上に座ったところです。当然、ホログラムですから寮長の身体を通り抜けるわけで。

SF側のストーリーとしては、萩乃が本隊に対し敵対行為を起こしたのが前回のお話。で、本隊の方が本腰を入れ始めたのが今回のお話。異星人の目的が、侵略なのか調査なのか。最終的には侵略なんでしょうけど・・・。

それと並行して、日常側のストーリーでメインテーマ(なのかな?)の「絆」を、今回は学園長と朱音さんで語られています。前回・今回と、朱音さんが2回連続で主役くい(w
朱音がグレてるわけも語られていました。そんな中で学園長が倒れ、朱音が寮の門限を破って見舞いに行く、という・・・まぁ、ありきたりって言えばありきたりのエピソードですが。マイヤー先生(と勝手に呼んでる教務主任)は、学園長と朱音が親子だって知らされていないんでしょうか。朱音は母方の苗字を名乗ってますから、言われなければわからないと言えばそれまでですが。。。

b0105512_13323799.jpg絵が綺麗なので視聴が続いていますけど、並行して2つのストーリーってのはムリがないかなぁ。マリが萩乃から「私は地球人じゃない」と言われたところも、ものわかりが良すぎる気がするし。だって、初対面でクビを絞めてきた相手ですよ~(w

それと、味方艦である → に攻撃を受けた宇宙船艦BLUEでしたが、海底で艦体が折れるような攻撃を受けたら、いくらオーバーテクノロジーで造られた戦艦でも沈むと思うなぁ。直撃じゃなくても、その後に見せたBLUEの艦橋のレッドアラートの数なら、普通の指揮官なら全員退艦の指示を出すでしょ。演出過剰はちと・・・。

追記
1話であったマリの編入時の会話がどこかで聞いた感じだなぁ、と思ってたら・・・ディーヴァとアンシェルでした。。。マリ(矢島)と学園長(田中)って。そりゃ、聞いたことあるわ(w
[PR]
by okinuchan | 2007-10-31 13:50 | アニメ | Comments(0)
みなみけ 第4夜
b0105512_17161371.jpgう~れしぃたのしぃ ぜんぶあつめて~ とにかくいまをかけ~ぬ~けましょぅ~~♪♪

ということで?みなみけ第4夜ですっ!
え~~、ラブ米?になるのか??コハル流のラブ米は、これでいいのか(w

最初はタケルおじさん(初登場・三姉妹のイトコ)の失恋話。(カナ曰く「おじさんにはもったいないくらい可愛い彼女)に別れ話をされて落ち込んだタケルおじさんが、三姉妹のところに傷を癒しに・・・って、三姉妹の性格(特に下の二人)を知っていれば、来ないだろって。
はっ!最初からハルカ姉さまの料理が目当てかっ!(w

で、今回キャプりまくった2本目の話。b0105512_17425139.jpg
カナのクラスメート、リコちゃんの片思い。相手が藤岡くんで、カナと仲がいいのをケイコちゃんに聞く・・・時に、スカートをつかんで引き止めるって話?なのかなぁ(w

途中、カナが勉強できないわけとケイコが勉強できるわけの描写が ← これ。学生時代を思い出す光景ですねぇ・・・へっ?どっちに近かったかって?
こんなBlogを書いてるトコを見れば、どっちに近いか解るってものでしょう(ぇ
b0105512_17481722.jpgで、オチは・・・ケイコを呼び止める時はカナもスカートを引っ張るってオチで。

後半は(一部で妙に)人気のある保坂先輩が初登場。ハルカの友人マキ曰く、「キモいを通り越して気持ち悪い」んだそうで(w
まぁ、カン違いと脱線のオンパレードで・・・確かにクラスメートにこんなのが居たら、付き合いたくないかなぁ^^;ゞ
マンガだから面白可笑しく見てられますけどね。b0105512_17564745.jpgただ、厭味にならないのは描き方が巧いですねぇ、桜場コハルさん。
今回は、まぁ、ハルカとの初邂逅・・・で、原作ではここから脱線しまくっていきますが、ここでは書きません。気になる方は原作を読んでくださいまし。

せっかくですから、ハルカののキャプ画を。タケルおじさんが来てた時の学校帰りのハルカ姉さまです。
ハルカ姉も恋愛には疎い(そりゃ「おかしな事」未経験ですしねぇ^^)ので、話を聞いてキッチンへ逃げるのですが(w

さて、来週は海へ行く話のようで。予告編を見る限りだと、水着シーンはあるようです。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-29 18:05 | アニメ | Comments(6)
今日のこまちちゃん
b0105512_186582.jpgプリキュア5もそろそろネタが尽きてきたのかな?学園内での話が今までのプリキュアシリーズよりも少ないような。
各キャラの家庭での話も少ないですしねぇ。そのぶん、ナッツハウスから始まる話が多いです。

かれんが生徒会長である意味とか、こまちちゃんが図書委員である意味とか。かれんの両親のネタなどもいまだに無いですし。

b0105512_1812320.jpgということで、今回はミルクの創作?シンデレラの話の中に入っていく、というお話で。
元々、ムリがあるっしょ、こまりちゃんに「意地悪な継母」の役なんて。一番癒される人ですよ。。。

まぁ、バロック風のドレス姿があっただけでもヨシとしておきましょうか。バンプ(変身)シーンは各キャラ単独のサービスとなっていましたが・・・シナリオをもちっと考えて欲しいかなぁ。先に書いた内容もそうだし、ピンキーを集めるっていう重要な部分が描ききれてないような気がするんですが。

今までのプリキュア2作(初代+SSで1作)3年よりも、内容が薄い・・・というか、目線が違うような。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-28 18:21 | アニメ | Comments(0)
続いて天皇賞・秋はメイショウサムソン
1着 メイショウサムソン 1.58.4
2着 アグネスアーク 2.1/2
3着 カンパニー クビ
4着 ポップロック 1.1/4
5着 コスモバルク クビ

ちょっと後味が悪かったかなぁ。最後の直線でエイシンデピュティが外に斜行しての降着がありました。先に抜け出したメイショウサムソンや逃げたコスモバルクはまったく影響がありませんでしたが、2番人気のアドマイヤムーンと3番人気のダイワメジャーは煽りをくったようです。

斜行したエイシンデピュティは、前半先行していてダイワメジャーの直前に居ましたから。。。ダイワメジャーのすぐ内に居たメイショウサムソンと、位置取りの差が天国と地獄になってしまいました。
逆に、2着・3着のアグネスアーク・カンパニーは、斜行したエイシンデピュティが開けた馬群中央を抜けてこられましたので、ある意味「ラッキー」だったのかも。ポップロックは、ごちゃついた更にその外から追い込んできましたので・・・コース取りの差もあったのでしょうが、これも競馬ですからね。

逃げたコスモバルクが5着に粘る展開は・・・実力どおりの力は見せたという事でしょう。が、勝てませんねぇ。。。日本のG1が遠い。

勝ったメイショウサムソンは完勝でした。スタート良く飛び出して、そこから抑えて4番手。馬場を考えると少々早めの1000M60秒を少し切るラップで、直線真っ先に抜け出しての2馬身半差。
今年は春・秋天皇賞連覇で、古馬になっても2000Mで勝てる証明をしてみせました。次走はおそらくジャパンカップでしょうが・・・強い馬、来てくれるかなぁ。来ないなら、JCと有馬記念を蹴って香港へ行って欲しいかも。
というか、来年こそは欧州へ・・・1年行っちゃっていいから、と思うのは私だけでしょうか。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-28 16:47 | 競馬 | Comments(0)
ブリダーズカップ・・・DylanThomasが沈んだ
というか、伸び切れなかったが正しいかな。勝ったのは、小回り競馬に慣れているEnglishChannel。

FriGuyとTransducrionGoldが競って逃げる展開の後で集団の内につけていたEnglishChannelが2週目の3コーナーで仕掛けて、直線入り口では先頭。そのまま押し切り2着のShamdinanに7馬身差の圧勝。1番人気のDylanThomasは始終馬群の後方を追走して伸びきれず、勝ち馬から9馬身差の5着。DylanThomasの外に居たRedRocksもそれほど伸びずに7馬身+3/4馬身の3着まで。昨年2着のBetterTolkNowがさらに3/4馬身差の4着。

レースが格下に見られてるのかもしれないですけど、欧州競馬で強くても北米じゃ・・・日本のジャパンカップの方がまだ大回りな分、競馬はしやすいと思うのですけどねぇ。2400Mで6回コーナーを廻った事なんて、ないでしょ。欧州じゃ。しかも平坦だし。
府中もそれほどきついコースじゃない(欧州、特に英・愛と比べたら)ですけど、北米の芝コースよりはタフなコースだと思います。レースの展開は北米が一番タフだと思いますけどね。

1着 EnglishChannel 2.36.96
2着 Shamdinan 7馬身
3着 RedRocks 3/4
4着 BetterTolkNow 3/4
5着 DylanThomas アタマ

EnglishChannelは今年の3勝を含むG1・6勝目で、BCターフは昨年3着。この結果じゃ、日本には来ないかなぁ、DylanThomas。モンマスパークよりは府中の方が走りやすいと思うのだけれど。。。ガネー賞から今年はこれで8戦目ですからねぇ。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-28 15:24 | 競馬 | Comments(0)
続いて天皇賞・秋の枠順です
1枠1番 メイショウサムソン 牡4 武豊 06ダービー他 宝塚記念2着
1枠2番 エイシンデビュティ 牡5 柴山雄一 07エプソムC(G3) 毎日王冠(G2)8着
2枠3番 コスモバルク 牡6 五十嵐冬樹 06シンガポール航空国際 岩手県知事杯(盛岡)1着
2枠4番 デルタブルース 牡6 川田将雅 06メルボルンC他 京都大章典(G2)5着
3枠5番 ローゼンクロイツ 牡5 藤岡佑介 07金鯱賞(G2) 金鯱賞(G2)1着
3枠6番 カンパニー 牡6 福永雄一 06産経大阪杯(G2) 関谷記念(G3)1着
4枠7番 シルクネクサス 牡5 四位洋文 重賞勝ち無し 産経オールカマー(G2)2着
4枠8番 ボンネビルレコード 牡5 柴田善臣 07帝王賞(大井) 帝王賞(大井)1着
5枠9番 アグネスアーク 牡4 吉田隼人 重賞勝ち無し 毎日王冠(G2)2着
5枠10番 ブライトトゥモロー 牡5 後藤浩輝 07新潟大章典(G3) 毎日王冠5着
6枠11番 シャドウゲイト 牡5 田中勝春 07シンガポール航空国際 宝塚記念14着
6枠12番 アドマイヤムーン 牡4 岩田康誠 07ドバイDF他 宝塚記念1着
7枠13番 チョウサン 牡5 横山典弘 07毎日王冠(G2) 毎日王冠(G2)1着
7枠14番 ダイワメジャー 牡6 安藤勝己 07安田記念他 毎日王冠(G2)3着
8枠15番 ポップロック 牡6 ペリエ 07目黒記念(G2) 京都大章典(G2)2着
8枠16番 マツリダゴッホ 牡4 蛯名正義 07AJCC(G2) 産経オールカマー(G2)1着

府中競馬場 芝2000M 定量58kg

芝2000MのG1ホースがメイショウサムソン(06皐月賞)・コスモバルク(06シンガポール航空国際)・シャドウゲイト(07シンガポール航空国際)・ダイワメジャー(06天皇賞&04皐月賞)の4頭。芝2200MのG1ホースがアドマイヤムーン(07宝塚記念)。ダート2000MのG1ホースがボンネビルレコード(07帝王賞)。
他にデルタブルース(04菊花賞&06メルボルンC)と、G1ホース6頭を含む重賞勝ち馬が14頭という「古馬チャンピオン決定戦」の名に相応しいメンバーが揃いました。

トップスリーはダイワメジャー・メイショウサムソン・アドマイヤムーンでしょうが、サムソンとムーンが宝塚記念以来のぶっつけになっている事でしょうか。それに対しメジャーは毎日王冠を叩いての参戦になります。その分、少々有利かなぁ。ただ、昨年秋のデキに比べると、すでに6歳でピークは過ぎてるかも。。。サムソン&メジャーはイキのいい4歳ですから。

枠順が、サムソンは内過ぎ、ムーンがやや外よりでメジャーが外。。。ムーンの外にメジャーですから、被せられるかな?別に逃げる必要のないムーンにとっては、包まれる内枠よりはいいでしょう。逆に、サムソンは内過ぎで・・・2コーナーまでに脚を使わされちゃうかな?後からよりは前で競馬をしたいと思いますが。。。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-25 19:23 | 競馬 | Comments(0)
とりあえずブリダーズカップ・ターフの出走馬
1 FriGuy 牡4 デザーモ 米 戦績見当たらず
2 RedRocks 牡4 デットーリ 英 06BCターフ1着 愛チャンピオンS4着
3 BetterTalkNow セン8 ドミンゲス 米 04BCターフ1着他 ユナイテッドネイションズH3着
4 Shamdinan 牡3 レバルー 米 07セクレタリアトS1着 ジャマイカH(G2)5着
5 GrandCouturier 牡4 ボレル 米 07ソードダンサー招待H1着 マンノウォーS3着
6 EnglishChannel 牡5 ヴェラスケス 米 06ターフクラシック1着他 ジョーヒルシュターフクラシック招待S1着
7 DylanThomas 牡4 ムルタ 愛 06愛ダービー1着他 凱旋門賞1着
8 TransductionGold セン4 グラハム 米 G1未勝利 シカモアS(G3)1着

8頭だてですが・・・う~ん、いまいち盛り上がらないなぁ。力量通りならDylanThomasですけど、小回りの北米芝コースですからねぇ。慣れてるのはEnglishChannelですか。RedRocksが、今年は本調子にならないのか・・・昨年のBCターフから勝ち鞍がないのでね。

8頭中、FriGuyとTransductionGoldを除いた6頭が、約1ヶ月後のジャパンカップに登録していますが・・・何頭来日するやら。昨年はターフからは1頭も来日せず、メア&フィリーからOuijaBoadが来日しただけですから。。。もっとも、昨年はOuijaBoadとFreedoniaの二頭しか来日せず、地元日本の調教馬も含めて11頭だてと寂しいジャパンカップでしたけど。

DylanThomasは来日して欲しいなぁ。今までは少々重いかな?と思ってましたが、凱旋門賞で抜け出した時の瞬発力があれば府中はこなせるはず。
他だと・・・こちらも少し重いかもしれないけど、今年のバーデン勝ち馬Quijanoが先日21日に行われたカナディアン国際で3着してまして、府中に来たら面白いですねぇ。
フィリー&メアの出走馬からはHoneyRyderとNashoba'sKeyの二頭かな?登録は。Nashoba'sKeyの方は、今のところ7戦無敗ですが・・・はてさて、その実力はいかほどのものでしょうか。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-25 10:16 | 競馬 | Comments(0)
焦点距離と絞りと撮影距離
b0105512_1944883.jpg一眼レフを使い始めた人が、最初にハマるのが「ボケ」でしょう。でも巧くぼかせない・・・。BBSやSNSで訊くとふたこと目には「望遠レンズ」「大口径レンズ」って・・・お金かかるのねぇ、って。

でもね。もうひとつ忘れてるんですわ。それが、「被写体までの撮影距離」と「被写体とb0105512_19452758.jpg背景・前景の距離」です。簡単な表にすると

短<焦点距離<長
閉<  絞り  <開
遠<撮影距離<近

となり、この3つのうち2つ以上が右ならボケは大きくなります。50mm/F1.4を開放で使っても10M離れたら綺麗にボケてくれません。200mm/F5.6でも開放で1.5Mまで寄れば、結構綺麗なボケを演出できます。
ただ、「ボケの綺麗さ」では少々不利です。大口径レンズは元々ボケを利かすためのレンズですから、その特徴として綺麗なボケになるように設計が考えられています。汎用タイプの望遠ズームだと、そこまで考えられていませんから。。。

作例はSIGMAの55-200mm/F4-5.6DCを開放で撮りました。猿の写真の方ですが、背景の緑は猿が座っているサル山から距離が離れているのでかなりボケてますが、サル山の岩肌は被写体の猿と距離がそれほど変わらないのでボケきっていません。
鳥の方は金網越しですが、カメラに近すぎるので陰すら見えません。クチバシにピントがきているのに、脚はすでにボケ始めています。少し前ピンなので、餌のエビは手前までピントが来ちゃってますね。頭はピントが合っていて脚はボケている状態にしたかったので、少々前ピンで餌のエビがボケ切ってません。
被写界深度は、前1に対し後2の深さがあります。ですから、この鳥の絵柄のように後ろ側をボカしたい時は、少しピントを前にずらします。

この辺りが大口径レンズと汎用レンズの差です。でも、ちゃんとボケてるっしょ。安いズームレンズでも、「とにかく近づけ」「できるだけ望遠側で」「絞りは開放」で撮ればそれなりにボケますよ。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-24 19:45 | カメラ | Comments(4)
高級コンパクトと一眼 其の参
其の弐のラストで書いたように、レンズの話です。と言っても大げさな事じゃありません。

一眼タイプの一番のメリットでもありデメリットでもあるのが「レンズ交換」だと思います。撮影の対象・目的によってレンズを変える。写真が趣味の人にとっては当たり前の事です。初めて一眼を持つ人にとっては憧れであったはずなんですが。。。
現在では状況がちょっと違うようです。レンズ交換が面倒と考える人が増えていますね。ズームの焦点距離比が10倍前後のものがよく売れているようです。ここが、「高級コンパクトの代わりにボトムエンドの一眼」な部分ですね。

結局、「あれもこれもやりたいけど手間な事はやりたくない」って事なんでしょうね。一眼デジタルが普及するのは結構な事だと思いますが、一眼にすれば綺麗な写真になると思ってコンパクトじゃなく一眼にした人にとっては拍子抜けなんでしょう。ですから、価格比較サイトやMixiなどのSNSで質問が多いのでしょう。

先に書いておきましょう。ちゃんと手をかけてやればD2Xs(現状のNikonハイエンド機)で撮った写真もD40で撮った写真も、それほど大きく変わるものじゃありません。六切り(A4より一回り小さい25cm×20cmくらい)の写真じゃ、パッと見で区別つけられる人は少ないでしょう。
じゃぁ、なぜ違いが出てくるのか。ハイエンド一眼を使ってる人は、それ相応にレンズや他の機材にも手をかけてますし、撮影方法も考えながら撮影しています。被写体にカメラを向けてシャッターを押してるだけじゃないんですよ。その最たるものがレンズのチョイスです。

ここで間違いを犯すのですね。
カメラメーカーがちゃんと標準ズームとセットにして販売しているのに、「レンズ交換が面倒くさい」と本体+高倍率ズームでスタートして、それが拍子抜けだったからってネット上で質問する。すれば答えるのは熟練者だから「高価で高品質」のものを奨める。すると「一眼はやっぱりお金がかかる」と。「重くて嵩張る」と。「やっぱり趣味的なものだよね」と。

おまいら、ちょっとマテっ!

と言いたいです。
NikonならD40系はAF-S18-55mm/F3.5-5.6Gを、D80以上はAF-S18-70mm/F3.5-4.5Gをボディと抱き合わせのKITとして販売しています。それを蹴って、なんで1本10万円以上もするレンズに行っちゃうの?って。目的や状況にあわせてレンズを変えるのが一眼システムのメリットなのに、なぜ廉価版や普及版のレンズを選択肢から外すのか。

レンズの特性は焦点距離だけじゃないです。ちなみに私は「標準域」と呼ばれる「準広角~中望遠」のレンズを複数持っています。なぜなら、一番使うから。焦点距離も当然被っています。これらを状況や目的で使い分けてるんですね。
ところが、初心者から脱皮しようとする人は、ココを飛ばそうとします。例えば(Nikonが例で申し訳ないです)、VR18-200mmで入った人は次に単焦点レンズや大口径ズームを求める傾向が強いです。焦点距離と明るさ(開放F値)はカタログにも数字が出ていて比較しやすいからでしょう。

でもね。
そう度々レンズ開放で撮る事なんてあるんですか?被写界深度がペラッペラで、ピンぼけ写真のオンパレードになりませんか?
それに、開放でのレンズ性能ってのは、大口径になればなるほど顕著にあらわれます。大口径レンズだと、だいたい2~3段絞ったところがバランスよく性能を発揮すると言われています。が、普及帯の中~小口径レンズだと、半段~1段絞るとかなり良い状態になります。F2.8のズームを2段絞って使うのと、F3.5-4.5のレンズを半段絞って使うのと・・・よほど大伸ばししなきゃ、差なんて解りません。

で。。。
これらが面倒で、大伸ばし(六切り以上)にしなくて、道具も軽く、画像処理もせず、ってなら高級コンパクトの方が面倒くさくなくていいです。アナタの使い方じゃ、差は出ません。というか、コンパクトの方が綺麗に撮れると思います。
[PR]
by okinuchan | 2007-10-23 11:22 | カメラ | Comments(12)
高級コンパクトと一眼 其の弐
一眼レフタイプの(デジタル)カメラですが、じゃぁ「面倒くさいところ」はどこでしょう。

画像処理
これは、デジタルカメラ(以下デジカメ)で撮影したデータそのものを「ポジフィルム的」に考えるか「ネガフィルム的」に考えるかの差で違ってくるのですが。どういう事かといいますと。。。

ポジの場合は、「シャッターを押した時点で全てが決まる」という事です。露出・ホワイト(カラー)バランス・構図など総てに於いて、受光素子に写し取ったものを完成形とする、という事ですね。現像したものにそのまま絵柄が浮かび上がっているポジフィルムと同じ感覚だと、コレは正しいです。

ではネガフィルムだとどうか。ネガは「プリントしたものが完成形」となります。フィルムを使っていて暗室作業(カラーでもモノクロでも)をした事がある人には常識でしょうが、プリント時に露光時間を変える・焼きこみや覆い焼きをする・プリントにスポッティングをするというのは至極当然の作業になります。現像はプリントのベースとなる原版作成で、写真的には作業の途中なのですね。

どちらが正しいかと言われると・・・私は「どちらも正しい」と思います。ただ、「どちらが楽か」と言われると、圧倒的に後者だと思います。失敗ショットのフォローという点でも優れていますし、もちろん良い原版ならより良いプリントになりますし。微妙な数値の変更も、カメラ内で処理させるよりもPCのソフトウェアで作業した方が自由度が高いです。当然、ソフトを複数併用する事ができます。

一眼タイプだと「RAWモード」という記録形態をとれます。高級コンデジでもこの機能があるものがあります。これは「生データ」であって、通常はRAW現像(フィルムに例えて「現像」とい言葉を使います)ソフトを使ってTIFFやJPGに変換しないと、ブラウザで見る事はできません。
RAWで撮影して現像&画像処理をした写真と、撮影時にJPGで撮影した写真は、全然違います。前回のラストで書いた画素ピッチの差以外で、ここでもコンパクトと一眼の差がついてきます。少々画像に締まりが無くても、トーン調整やシャープネスを掛ける事によってキリッとした絵柄に「すること」ができます。ですから、多少プリントサイズに対して画素数が少なくても、引き伸ばしに耐えられるのです。

JPGで撮影しても画像処理はできます。が、ここでコンパクトタイプの画素サイズから来るデータの質の低さが顕著に出てしまいます。ノイズを増やす事は簡単ですが、減らすのは非常に手間がかかりますし、質は良くなりません。諧調(トーン)の広さの差ですが、狭く(写真用語で「硬く」と言います)することは簡単ですけど、広く(同じく「軟らかく」と言います)するのは大変です。
ここが高級コンパクトと一眼の差でもあるんですね。一眼の方がぜんぜん綺麗。確かに間違いじゃないんですけど、画像処理をしなければ「半分正解」としか言えないです。点数をつければ60点ってトコですかね。

次はレンズの話です。が・・・込み入った話はしません。数字を出しちゃうとBlogで書くレベルじゃなくなりますので(w
[PR]
by okinuchan | 2007-10-23 10:24 | カメラ | Comments(0)