文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
タグ
カテゴリ
ライフログ
<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
ちょっとバタバタしていて・・・
久々のBlog更新となってしまいました。世間では色々とあったんで、書きたい事は多々あったんですけど。。。(つw;)

一番の衝撃は、ミャンマーで日本人ジャーナリストの長井健司さんが銃弾に倒れ亡くなられた事でしょう。心よりご冥福をお祈りします。
この件に関して、亡くなられた事自体には何を言うつもりもありません。そういう紛争のど真ん中で取材をする以上は、いくらでもありえる事ですから。ご本人も覚悟の上での取材だったでしょう。

文句を言いたいのは日本政府のほうです。事実究明は経済制裁のあとです。先に制裁をしないと、のらりくらりとミャンマー政府は言葉を濁すのは解りきっています。ODAを引き上げさせ、経済封鎖をするのが先で、コレをしてから何故こうなったのか・事実はどうなのかを問いただすべきでしょう。経済封鎖のタイミングを逃したと言えます。
もう、いい加減に他国の顔色を見るのは辞めましょうや。国の態度がこんなだと、オチオチ海外に出られませんね。「強く抗議」って言ったって、相手は軍事政権ですから外相がクチで何を言っても糠に釘でしょう。札びらで頬を叩く事も必要ですよ?二世総理さまっ(w

話は変わって・・・
スポーツの世界も色々ありましたねぇ。

相撲協会は・・・飾りに成り下がったのが浮き彫りになりました。横綱の問題にしても弟子の死亡事故(事件?)にしても、対応が悪すぎます。
ハッキリ書いときます。相撲をつまらなくしてるのは相撲協会と横綱審議会です。オマイら、イラン。

野球は、一足先にパリーグの方が昨日ファイターズの2年連続優勝が決まりました。おめでとうございます。
TV中継もコミッショナーが一括して管理する時代になったんじゃないでしょうか。すでに巨人戦の視聴率が取れない時代となった事は、今年の中継数で解ったでしょうから。チョット前まではファイターズvsマリーンズなんて入場者数を球場で数えられる程度しか見る人はいなかったですが、今はパリーグの優勝争いをするようなマッチングになってますのでね。こういう試合を見せて欲しいものです。

オリンピック種目だと、柔道に続いてレスリングがありました。不運?だったのは女子の浜口選手ですね。
後になってレフリーの誤審って言われたって、納得できるものじゃありません。何のためのビデオ判定導入だったのでしょう。「イカサマ」と言われても反論はできないですよね、あれじゃ。抗議をしても確認せず、あまつさえイエローカードを出す始末じゃ。相手は前回も反則を取らずに浜口選手に土をつけた選手でしたからねぇ。

またまた話は変わって。。。(w
政治、特に自民党には何をどうツッコめばいいか解りませんね。政治資金規正法が如何にザルなのかが明らかになったでしょう。世間の常識は永田町の非常識、永田町の常識は世間の非常識。
民間にも言えることですが、「接待」という悪しき風習はもう辞めにしてくださいな。爺さんは用済みって事で、美味い汁を吸ってた人たちは大人しく棺桶に入ってください。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-30 12:41 | 日記
まぁ、デキレースでしたけどね
自民党の新総裁に福田氏がなりましたが・・・。ここもまた「捩れ」てますね。民意の反映されない永田町。。。
とっとと国会を再開させて、衆議院を解散してくださいな。自民党は再度惨敗するから。

いままた選挙をやっても、自民党が勝てる要素が無いもの。
あれだけ安部ちゃんが辞めた直後に「やれ麻生だ、やれ額賀だ」って言われてたのに、どこからともなく福田の名前が出てきて一躍最有力になってそれを総裁にしちゃった自民党じゃ、それだけ福田氏が素晴らしい政治方針を話しても信じられません。

マスコミはこぞって「リーマン生活してた」って言いますけど、あると思う?福田氏に庶民生活の感覚が。私は無いと思いますね。だって、福田氏が居酒屋で煮込みをつまみながらジョッキでビール飲んで騒いでる姿を想像できませんもの。
逆に、麻生氏の方が「坊ちゃんの生まれ」ですけど、居酒屋に居ても気が付かないでしょうね。そういう意味では麻生氏の方が庶民的でしょ。

まぁいいや。どっちでもいいから(といって福田氏に決まったわけですが)国会を再開してくださいな。国民の不満は「まずソコ」ですから。幾ら無駄な税金を使ったと思ってるんだ、おまいら。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-24 09:01 | ニュース
今日のこまちちゃん
b0105512_10132526.jpgといっても、今日はサンクルミエール通信の増子ちゃんが主役でしたので、あまり出番が無いです。そんな中から、戦闘シーンをカメラに収める増子ちゃんのファインダー越しのミントシールドのカットを。
というか、この程度しかなかったです^^;ゞ

そのあとの増子さんの取材に応じる時のレモネード(うらら)は、さすがに取材慣れしてるっていうか(w
b0105512_10185426.jpgまぁ、普段からプロ相手にやってる事ですからねぇ。

増子ちゃんが最初っから最後まで出ずっぱりでした。メガネ萌えおっきなお友達にはたまらなかったでしょうねぃ。局所的に、人気のあるキャラですから。ブンビーさんに迫られて怯えるところとか(w

そうそう、別にツッコミどころがひとつ。プリキュアシリーズにしては珍しく真下(というか角度的にそうなった)からのアングルのレモネードがありました。b0105512_10263570.jpg
提灯ブルマタイプのズロースなんですね、これって。どうりで下からでも問題ないわけだ。
いぁ、レモネードって5人の中で唯一スパッツじゃないから、気にはなっていたんですよ。キュアホワイトもシャイニールミナスもキュアイーグレットも「絶対スカートが捲くれない」という、ひとつのポリシーをもって描かれてましたから。
いまさら・・・と言われそうですが、どうするのか何気に気になっていました。

でもって、EDが変わりました。スプラッシュ・スター(S☆S)の後期ED「ガンバランスdeダンス」のYesバージョンです。b0105512_10374856.jpg
新鮮味が無いというか何というか・・・SSの時みたいに、全編で踊ってるわけじゃないので動きが無いんですわ。ちょぉいと手を抜きすぎじゃないかなぁ、と。

歌詞も「どんだけぇ~」って、ワンタイミングはずしたかなぁ(w
イッキ、Yo!Yo! じゃなくってIKKOでしょって・・・(核爆
SSの時はメインボーカルがプリキュアの歌姫こと五条真由美さんだったんですが、今回は初期EDに続いて宮本佳那子さんですね。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-23 10:55 | アニメ
地球へ・・・ も最終回
b0105512_7201496.jpgいまさら?と思って見ていた地球へ・・・ですが、竹宮さんが描きたかったのはこれかなぁ、とも思えました。原作との違っている部分で、ジョミーが言葉を失わなかったり、ブルーの死ぬタイミングと理由の辺りが特に。

全体としては、話のペース配分がちょっと前半に偏りすぎてたかな。オリジナル・エピソードもかなり混ぜられていただけに、24話じゃ足りなかったですね。スウェナが後半で重要な役割を持つようにするためのエピソードだったり(これはこれで良かったと思う)、シロエがミュー因子を持っているというエピソードだったり(これはもうちょっと踏み込んでも良かったかも・・・b0105512_7383476.jpgでも、そうすると24話じゃ間違いなく足りないw)ね。
ただ、物語に破綻は無く「描き足りない」という部分はそれほど目立たなかったと思います。が、相変わらず?ミュー側の見た目が変わらないので、時間の流れをミュー側のストーリーで知りづらかったですね。設定上の事なので、言ってもしょうがない事ですが。

作画が安定していたのは見やすかったですね。キャラも今風に描きなおされてますし・・・フィシスなんか、女の子の憧れでしょう。。。永遠の美少女、しかも盲目(wb0105512_7554631.jpg
地球編のエピソード時点じゃ、100歳近いはずなんですけどね。
ただ、(こう書くのも申し訳ないですけど)竹宮さんの絵って良くも悪くも少女マンガチックな絵ですから。。。昔、映画化された時は変に原作のイメージを残そうと頑張った割に、イメージが重ならなかったんですけど。今回は割り切ってる分、平行してマンガを読むと(メディアミックスで再販されました)少々違和感はあります。けど、読み手も割り切れるので、(私は原作至上主義ではないですし)この方が良かったです。

b0105512_845394.jpgキャストは、キース役の子安さんが良かったですねぇ。ジョミーの斎賀さんは、最初ちょっと違和感(主に声の高さ)があったんですが、中盤から馴染みました。
比較的若手が多いキャスト陣の中で締めてくれていたのが、キャプテン・ハーレイの小杉さんとナレーションの若本さん。さすがですねぇ。重厚感のある小杉さんの声はキャプテンらしくていいです。全体的に「軽い声」の人が居なかったので、物語を損なわずに済みました。

曲も良かったです。初期のOP(UVERworld)と後期のED(CHEMISTRY)が逸品。UVERworldはBLOOD+以来のファンです^^;ゞ
と、なんか誉めちぎってるなぁ。。。でも、良かったですよ。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-23 08:27 | アニメ
どうもいまいち盛り上がらないのよねぇ
何って、自民党の総裁選ですけどね。福田氏と麻生氏が立候補されてますが。。。

まずは福田氏から。
いち国民としては、「どっちにしろ、次の衆議院選挙まででしょ」って感じで。だって、どう考えたって次の衆議院選挙も負けますもんねぇ、自民党。なら、福田氏でいっか。安部ちゃんの辞任のタイミングについてあれだけ「負けた直後」って言ってるんだから、自身が総裁になって選挙で負けたら即辞任なんでしょう。
何処から名前が出てきたのか、安部ちゃんが辞めてすぐの時は麻生氏が最有力だったはずなのに、蓋を開けてみたら議員連中がこぞって「福田」じゃ・・・自民党のどこを信じろというんでしょうね。以前の「永田町の論理」で、しかも自発的じゃなく周囲が推しての候補じゃ、どんなに立派な政治方針を持っていても納得させられませんよ、国民は。
本人も「次の衆議院選までのつなぎ」と思ってるんですかねぇ。私はこの人は「リーダー」よりも「参謀」の方があってると思うんですけど。

お次は麻生氏。
とりあえず、目線が国民に向いてるのは解ります。けど、安部ちゃん辞任の責任の一端が氏にある事も間違いないでしょう。となると、今回の総裁選は負けでいいのかなぁ、と。3度目の正直じゃなく、二度あることは三度ある、の方ですかね、今回は。
福田氏のあとに麻生氏でいいんじゃね?牽引力がどこまで麻生氏にあるかは解りません。まぁ、純ちゃん(小泉元総理)ほどは無いでしょう。ただ、麻生氏のいいところは、解りづらい政治の話を国民に解りやすい言葉でしゃべってくれる事ですかね。これは歴代の総理どころか、政治家の中でも珍しいです。タレント議員はともかく、根っからの政治家ですからね、麻生氏は。
そういう意味では、民間企業に居た事がある福田氏より、政治一筋の麻生氏の方が解りやすいですね。だからといって首相に相応しいかと言われると・・・むぅ。福田氏と共々「他に相応しい人が居ない」という事でしょうねぇ。ただ、衆議院選の後だと総理にはなれないでしょうから・・・いいのか。

という事で、あまり関心が高くないです。直接選挙じゃないですしね。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-21 18:19 | ニュース
茶番に付き合わされた5年半・・・光市母子殺害事件
の差し戻し控訴審。

え~~、もし私が犯罪加害者になってしまって弁護士が必要になっても、この加害者の弁護団の弁護士には担当して欲しくないです。記者会見で、なに泣いてるんだろ。自分たちの筋書き通りの事を進められたからかぃ?それをやりたきゃ、第一審でやるべきでしょ。
死刑を廃止させたきゃ、国会議員になって法律をつくってくださいな。弁護士にもなって、その程度の事も解らんのですか。やり方が間違ってますよ、何から何まで。

対して、被害者遺族の本村さん。まさに「茶番に付き合わされてる」としか感じなかったでしょう。
この差し戻し控訴審では、1審・2審を前提に「求刑の死刑が妥当なのか否なのか」を審議するものだとばかり思っていたはずです。それを根底からひっくり返されるとは思わなかったでしょうね。
そして、この被告に対して「何を言っても通じない相手」だという事を再認識したでしょう。

そして被告の元少年。
つい最近でも祖父を殺した少年、母を殺して首を切り離した少年、父を斧で殺した少女。パッと思い浮かべてもスラスラ出てくるくらい少年犯罪が出てきますが、更に往生際が悪いですね。
1審・2審で無期懲役を判決した裁判官に問いたいです。これが反省した姿に見えるのでしょうか。
私には反省した姿に見えないので、最高裁が判決した通り「無期懲役ではなく死刑を選択するように」と思います。

あと数回、この件で私も書く事になるかな。。。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-21 09:29 | 今日の出来事
色調を変えて・・・17日の空
b0105512_23264951.jpg
元の色調
b0105512_2327919.jpg
B/Wに
b0105512_23272899.jpg
アンバー調に
[PR]
by okinuchan | 2007-09-20 23:27 | 写真
イケパラ最終回・・・は2時間SP
b0105512_23463219.jpg少しハマって見てました。元々、原作からして「ありえねぇ~」な少女マンガなので、クサいのは納得のうえでの鑑賞ですから(w

最初のうちは馴染まなかったキャストも、相応に見る事ができるようになりました。もっとも・・・最後まで堀北真樹ちゃんの男装には馴染みませんでしたが。だって、可愛すぎるじゃないですか^^;ゞ
こんな男子高校生なんて居ませんって。それにしても、よく隠してましたねぇ、あのスタイルを。確かに制服はゆったりしていて、サイズが目立つような服じゃありませんでしたが。b0105512_23483661.jpg

小栗くんは、最初と最後でだいぶイメージが変わってきてました。時間のテンパるドラマより、役作りに余裕ができる映画の方が映える役者さんですね。瑞希に惹かれていったあとの方が自然な感じがしましたね。
生田くんが一番馴染んでたかなぁ。この辺りはさすがジャニーズJrです。これだけ濃いイケメン集団の中でも目を引きます。役者としては・・・やっぱりジャニーズ系?でも、一人芝居は面白かったですよ。

b0105512_23492083.jpg水嶋くんは・・・濃かったですねぇ。良くも悪くも(w
一番「イケメンらしいイケメン」でしたねぇ。役柄をちゃんと演じきっていたって事でしょう。ただ、仮面ライダーの時とキャラがかぶってたので。。。おバカになった天道?と評してました。
他の寮長役の二人(石垣佑磨くんと姜暢雄くん)もね。
その他では、萱島役の山本くん(彼は仮面ライダーカブトで水嶋くんと競演)が良かったです。瑞希が女だっていう事を、佐野・中津以外で唯一知っていた人(最初に気がついた人)だったんですよね。

お次に・・・ファンの方、ごめん。ブロッサム学園の花屋敷ひばり役だった岩佐真悠子さん。最後までコスプレにしか見えませんでした(つw;)
ひばり4の小池こまり役だった黒瀬真奈美さんは逆にハマり過ぎ^^

大人の役者さん方では、梅田先生役の上川隆也さんが締めてくれてました。さすが巧い役者さんですね。コメディ部分での宇梶さんもお見事です。

たまに「全身がカユくなる」演出がありましたが・・・特に瑞希が学校を出て行くシーンとか。。。まぁ、こういうマンガが原作の割には良くやった方でしょう。ラストで見せた修学旅行編を2時間SPで見たいかな、って程度には良かった(これは私にしてはかなりの誉め言葉)です。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-18 23:57 | テレビ
柔よく剛を制す
世界柔道選手権で、ようやく金メダリストが出ました。男女の無差別級で棟田・塚田の両選手が、そしてヤワラちゃん(って歳でももうないでしょうがw)こと谷亮子選手が。
初日から井上・鈴木という男子重量級のエースが相次いで敗れ、どうもいまいち盛り上がらなかったですが、最終日に熨斗をつけて返し大暴れしてくれました。

何度もTVなどメディアで「柔道」と「JUDO」の差を取りざたされていますが、この流れの発端は2000年のシドニー五輪だと私は思いますね。「アノ」世紀の誤審、篠原選手vsドゥイエ選手の100kg超級決勝戦です。これで世界のJUDO家に「JUDOってのはあれもアリなのか」と誤解を与えたのでしょう。
でも、ちょっと待って。あの時のドゥイエ選手は「ちゃんと柔道の姿勢から内股を仕掛けた」から篠原選手の内股すかしが「教科書に載せたくなるくらい完璧に決まった」のであって。柔道を知らない私でも解るくらい「ドゥイエ選手は1回転して背中から畳に」落ち、「篠原選手は相手の片腕を決めながら腹ばいに」倒れた、のが解るんですわ。

それを、何だ?あれ。レスリングみたいなへっぴり腰(レスリングがへっぴり腰という訳ではないです。レスリングなら、アノ姿勢が正攻法なのですから)で「猫の喧嘩」みたいな小手先の小競り合いをして・・・。
この辺り、すでに柔道とは違う「スポーツ」になっちゃったって事ですかねぇ。ならば、「五輪も世界選手権も要らない」って柔道家が出てきそうですね。ただ、その中でも谷・棟田の両選手はさすが、ですかね。倒れない事が前提で、それを実践してました。それが金メダルに繋がったのでしょう。

棟田選手は背が低い事が幸い?したのかな。相手がどんな体勢であれ、自身の腰が伸びた状態で戦えてましたから。カッコよかったですわ。それでいて(あの身長で)優勝を決めた横四方固め。。。あれは外せないわ。
谷選手は戦い方を知ってますね。倒れる時、倒される時でも必ず相手の上に乗りかかって倒れてました。あれじゃ審判も効果すら取れませんね。

さて。五輪まであと1年。日本の柔道はどうするのか。
ひとつは「スポーツJUDO」に対応する。もうひとつは「柔道を突き詰める」。後者の方が柔道っぽくっていいなぁ。やる人は大変でしょうけど。
返し技を出させないほどの切れ味を持った必殺技を、自分の組み手からだけではなく「どんな状況から」でも繰り出せるように昇華させる。
「やっぱ日本の柔道ってすげ~」と言いたくなるような柔道(JUDO)を北京では期待したいと思います。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-18 11:16 | スポーツ
凱旋門賞の前哨戦もそろそろ終わり
日本調教馬の出走が無くなり話題も少なくなりましたが、今年も凱旋門賞の季節がやってきました。まだ出走予定馬は確定していませんが、出走してきて欲しい馬を挙げてみました。

Authorized 3牡 07英ダービー・英国際S 6戦4勝 英国際S1着
DylanThomas 4牡 07キングジョージ・愛チャンS他 17戦9勝 愛チャンS1着
Mandesha 4牝 06ヴェルメイユ賞 11戦6勝 フォア賞2着
SoldierOfFortune 3牡 07愛ダービー 8戦5勝 ニエユ賞1着
ZambeziSun 3牡 07パリ大賞 5戦3勝 ニエユ賞3着

Adlerflug 3牡 07独ダービー 6戦3勝 バーデン大賞2着
LightShift 3牝 07英オークス 8戦4勝 ナッソーS3着
Lucarno 3牡 07セントレジャーS 8戦4勝 セントレジャーS1着
MountainHigh 5牡 07サンクルー大賞 9戦3勝 バーデン大賞8着
MrsLindsay 3牝 07ヴェルメイユ賞 6戦3勝 ヴェルメイユ賞1着
PeepingFawn 3牝 07愛・ヨークオークス他 10戦5勝 ヨークオークス1着
WestWind 3牝 07仏オークス 6戦2勝 ヴェルメイユ賞2着

イタリアから威勢のいい話題が出てきてないのが寂しいですが、ドイツのダービー馬でバーデン大賞2着のAdlerflugは出てきて欲しいかなぁ。同レースで8着に沈んだMountainHighは、馬場が負けすぎの原因だと思いますが・・・サンクルーの勝ちっぷりが鮮やかだっただけに、本物かどうかもう一度見てみたいです。

惜しむらくは古馬トライアルのフォア賞を勝ったManduroが、レース後に故障して引退が濃厚な事ですかね。少なくとも凱旋門賞の出走はなくなりました。同一年に1600(ジャックロマロワ賞)・2000(プリンスオブウェールズS)に続き2400の可能性もあっただけに、残念です。

地元フランス勢はヴェルメイユ賞を1・2着した2頭。仏オークスの1・2着が逆転したのですが、英オークス馬のLightShift・愛オークス馬のPeepingFawn共々出走してきて欲しいです。でも、オペラ賞(凱旋門賞と同日に行われる牝馬限定のG1)かなぁ。昨年のオークスを総ナメにしたAlexandrovaは、調子が上がらずにこのまま引退かも。

メンバーを見渡しても、つくづくウオッカ・メイショウサムソンでもいい勝負に持ち込めたなぁ・・・と思うのですが。特にメイショウサムソンの方は馬格もありますし、切れよりも粘りで勝負するタイプに見えるので、昨年のディープインパクトよりも期待が大きかったんですよねぇ、私には。
[PR]
by okinuchan | 2007-09-17 18:17 | 競馬