文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
カテゴリ
ライフログ
カテゴリ:スポーツ( 158 )
リオデジャネイロオリンピック終焉、スゲーもん観ちまった!
毎日ログに残そうと思ったんですが、連日の日本人選手の活躍で・・・(w ダメでしたわ。

で、スゲーもん、その1 バドミントン女子ダブルス決勝(高橋&松友選手)

鍔迫り合いの接線から終盤に3連続ポイントを取られて19-16の大ピンチ。相手サーブからのラリーで、「ココしかない」が狙うには非常に勇気が要る&難易度の高いドロップショットを松友選手が放ち、これが反撃の狼煙。
追加点は再び松友選手。今度は下がっての、コートに居る4人の中で一番背が低い松友選手のスマッシュがデンマーク二人がまったく反応できないところに突き刺さる。
そしてさらに同点となる3点目。高橋選手のロブから4連続でカットした前衛の松友選手。デンマークが根負けしてついに同点。

後輩が決めれば、10年背中を見せてきた先輩が奮起しないわけがない。マッチポイントとなる20点目は、高橋選手のスマッシュを、デンマークはコートの外にしか返せない。
そしてマッチポイント。
松友選手のリターンから上がったロブを高橋選手渾身のスマッシュ・・・デンマークのリターンがネットにかかる。
大・逆・転
日本での放送時間は、フルセットになった事もあって夜中の2時過ぎ。それでもついぞ絶叫してしまった。

日本バドミントン界に初の金メダルをもたらした高橋&松友選手。
おつかれさま&おめでとう!


スゲーもん、その2 男子4x100Mリレー(山縣・飯塚・桐生・ケンブリッジ選手)

確かに、予選で中国が直前に出したアジア初の37秒台をさらに更新するアジアレコードを出していた。が、それでもメダルを・・・しかも銀メダルを獲得するまでとは思いもしなかった。
なにせ、周りは100Mの自己ベスト9秒台がズラリ。もちろん、今大会の100M金・銀・銅のメダリストが勢ぞろい。そんな中で、最速が桐生選手の10.01という日本が・・・アメリカ(3位入線/失格)に先着し、堂々の銀メダル。
個の足りない部分を補って余りある精密機械のようなバトンリレーで、強豪に食い込むアメージング。

一走、山縣選手が得意のロケットスタートを決める。スタートの時点で、すぐ外の中国を完全に置いていき、アメリカ・ジャマイカと競るタイミングで二走の飯塚選手にバトンパス。
二走は飯塚選手。200Mが本職の飯塚選手が、裏エースの各国選手に引けを取らない走りでバックストレッチを駆け抜ける。これ以上はないというタイミングで、三走の桐生選手へパス。
三走は、日本最速男の桐生選手。100M個人での一次予選敗退のウップンを晴らすかのごとくの快走でコーナーを廻る。すぐ内を走る次王者ジャマイカの三走アシュミード選手を追い越し、アンカーのケンブリッジ選手に先頭でバトンを渡す。
アンカーはケンブリッジ選手。相手は100M・200M・で3連覇、この4x100Mリレーでも3連覇を狙う世界最速男ウサイン・ボルト選手。そのボルト選手が本気になった。ケンブリッジ選手が持つバトンが脚に当たり振り向いた先に居たのがケンブリッジ選手。

さすがに、本気になったボルト選手が相手では分が悪い。が、内から伸びるアメリカ、外から猛追するカナダを押さえて、堂々の2着フィニッシュ。
信じられない!
日本が短距離のトラックで決勝、それもセンターレーンを走る事すら夢だったのに・・・そのセンターレーンに恥じない結果!
入場時、そして競技直後・・・とは言ってもウィニングラン後だったし、世界中のメディアからインタビューを受けたあとになったけど・・・のインタビューでの抜刀ポーズ。
サムライカルテット、お疲れさまでした&おめでとう。

スゲーもん、その3 男子バタフライ200M(坂井選手)

戦前、注目されていたのは、400M個人メドレーですでに金メダルを取っていた萩野選手の方だった。が・・・ライバルは、横(瀬戸選手/400M個人メドレー銅メダル)だけじゃなく、後ろ(萩野選手の一学年下)にも居た。

この競技、相手はキングオブスイマー マイケル・フェルプス選手である。陸上短距離のウサイン・ボルト、体操総合の内村航平、女子レスリングの伊調馨や吉田沙保里、と並ぶ絶対王者である。
それを相手にラスト50M・・・向こう側(2レーン)の瀬戸選手じゃなく、手前(7レーン)の坂井選手が伸びる伸びる。
まさにタッチの差、4/100秒という僅差まで追い詰めた坂井選手。
惜しいっ!
惜しい、悔しい。
しかし、まだまだ若い坂井選手。もちろん、萩野選手も瀬戸選手も含めて、若い。楽しみは、次の東京に取っておこう。
お疲れさま&おめでとう。

他にも、体操個人総合で0.9ポイント差を逆転した内村選手の鉄棒、個人種目として4連覇した女子レスリングの伊調馨選手と4連覇ならなかった霊長類最強女子の吉田選手。
マイナーなところでは、カヌーで初の銅メダルを獲得した羽根田選手。
惜しくもメダルを逃したものの、予選では強豪ニュージーランドを破り、決勝でもフランスを破ってベスト4までコマを進めた7人制ラグビー。決勝では失敗したものの、最高難度の大技を決めて決勝にコマを進めた新体操、などなど。
残り数秒での逆転劇が続いた女子レスリングの3連続金メダルもありました。

逆に、サクッと負けてしまった男子フェンシングの太田選手など、力を出し切れずに終わった競技もありました。

が、みなさんお疲れさまでした。次は・・・東京か。。。(実は、私は東京の開催に乗り気じゃない)
[PR]
by okinuchan | 2016-08-22 14:10 | スポーツ | Comments(0)
三宅宏実選手、銅メダル獲得
オリンピックが始まったワケですが・・・

まずはおめでとうございます。
女子48kg級ウェイトリフティングで、三宅宏実選手が前回ロンドンの銀に続いて、銅メダルを獲得しました。
渡航前から腰痛があるとの報道で心配していたのですが、その怪我をおしてのメダル獲得。しかも、スナッチで2度失敗してからの土壇場でジャークへ進む為の最後の試技で成功、逆転のメダルをかけてのジャーク最後の3度目の試技で成功、とココ一番の強さ。
金メダル・銀メダルの二人が21歳という若さなのに比べて、ベテランとも言える4度目・30歳でのメダル獲得。

おそれいりました。感動です。
ラストの、挙げたあとの笑顔とバーを降ろして成功のランプを確認した後で跳びはねながらの笑顔とウェイトに頬ずりすした笑顔。30歳ながら、可愛さならば金メダルでした(^^


その前に、夜更かししてしまった原因がフェンシング女子エペ。佐藤希望選手!

惜しかった~~ぁ。
2回戦で世界3位・3回戦でロンドンチャンピオンとあたるくじ運の不運。
しかし、大金星!

始終先手を取りながら、途中でコンタクトがあり剣を持つ右手を負傷するアクシデント。幸いながらもアイシングで切り抜けたものの、その後は押される展開で追いつかれ延長戦へ突入。
がむしゃらに?突っ込んでくる相手に対し、冷静なカウンターで対応し、最後はついに相手の剣を避けきり勝利。

勢いで3回戦・・・相手はロンドンの金メダリスト・・・は突破したものの、準々決勝では生彩に欠き惜しくも敗退。負けた相手が金メダリストになっているだけに、惜しかった(つw;)
2回戦・3回戦の感じなら、負けるにしてもここまで一方的にやられる(4-15)負け方はしないはず。もちろん、全力で戦う舞台で怪我はつき物だから何を言っても言い訳になっちゃうだろうけど。。。それゆえに、惜しかったぁ。

調べてみたら・・・前回オリンピックのあとご結婚されてお子さんまでいらっしゃるんですね。女子初のエペでのベスト8、胸を張って帰ってこよう。
ママは強かった!

アラサー女子お二人、カッコ良かったっす。おつかれさまでた~&オメデトー!
[PR]
by okinuchan | 2016-08-07 11:10 | スポーツ | Comments(0)
サッカーって、団体競技だったよね?選手一人だけ剥奪?
b0105512_1738993.jpgなんで?

ってのは、先にTwitterでつぶやいたけど
FIFA、韓国代表MFの政治的メッセージ掲示問題を調査…各国で報道も
← の写真の件ね。
で、対応が
政治的メッセージを掲げた韓国代表MFにメダルはく奪の可能性
と・・・

いゃ、そんなんで剥奪されたとしても、メダルなんぞ日本は要らないのだけれどね。

でも、団体競技である以上、メダル剥奪は個人に対してじゃないでしょ。オリンピック憲章の、それも最初の方に書いてある「競技場内に政治的な事を持ち込まない」に、明らかに反する行為だよ。
知りませんでしたなんて言ったところで、写真の「ドヤ顔」見れば一目瞭然じゃん?

IOCもFIFAも、対応が甘くね?
サッカーは団体競技なんだから、「韓国に対して処分」でしょ。「ヤルナ」って言ってる事をヤッちゃったんだから。これが基本個人競技のリレー(陸上や水泳)だったらどうだ?「リレーのメダル剥奪」じゃないのか?
違反が「政治思想の掲示」じゃなく「ドーピング」だったらどうだ?それでも、個人に対してのみだったっけ?処分って。

フィールドの中じゃ、「地元でお互いの国同士が戦争してようとも、競技を終えたら握手でお互いを称えあう」ってのがオリンピックやワールドカップの趣旨だろ。
それを、何?この仕打ち。勝つためなら何でもアリ、勝った後にも何でもアリ、って。。。無気力試合をした(女子バドミントン ダブルス)かと思えば、堂々と政治的主張をするし。
メダル剥奪、オリンピックやワールドカップの参加資格停止、くらいの処分は当たり前の行為でしょ、こういう事って。ただの政治的主張じゃないんだよ?対戦競技で直接対戦・・・それもメダルをかけて・・・をした相手国との領土問題だ。絶対にやっちゃイカン事でしょ。

IOCやFIFAには、厳重な処分の裁定を求めたい。

逆に言いゃ、裁定でIOCやFIFAが日本の、世界的に見た東アジアを見る目線の高さが理解るってもんだ。
[PR]
by okinuchan | 2012-08-12 18:05 | スポーツ | Comments(0)
週末はメダルラッシュ
毛利元就の「三本の矢」ではないですが・・・
個人戦でことごとく苦渋をなめさせられた競技で、日本の団体戦が健闘・リベンジしました。

まずは水泳。
メドレーリレー、ごめんなさい。上位にミスがあれば?とんでもない。
実力でもぎ取りました。女子が銅メダル、それに続いた男子は銀メダル。アンカーの自由形が弱い日本リレー陣、そこまでの3泳で貯金を作って粘りこみ、堂々の銅&銀メダル。
確かに金メダルは不在でしたが、欧米&オセアニアに真っ向から挑んでのメダル量産。お疲れさまでした。

お次はフェンシング。世界に通用する「ICE BOX」(w
準決勝、エース太田が前半で逆転される苦しいラストゲーム。そこからラスト30秒で追いつき、サドンデスで勝ち取るエンターテイメント。
遠く離れた日本で観ていても、思わず握りこぶしを握ってしまいました。

バドミントン女子ダブルスも脅威の粘り。
第1セットで力の差を見せ付けられたものの、第2セットで執念の粘り。3度のマッチポイントを粘って凌いだ姿に、目が肥えているロンドンっ子もスタンディングオベーション。
無気力試合であきれさせたバドミントンの汚名を削いだのは、この日本女子ペアでしょう。

卓球女子団体もメダル確定。あとは、今晩の決勝で金か銀か。
日本の中心は、若い福原&石川。明日の決勝だけじゃなく、その先4年後のリオまで見える活躍です。

そして、女子団体の銅メダルで口火を切ったアーチェリー。
男子個人で、古川がアテネの山本先生以来となる銀メダル。

さらに体操の内村。
体操に芸術点があれば、おそらく金メダルは内村だろう。「綺麗な体操」を目指した日本の男女体操が目指した結果の、価値ある銀メダル。

最後は、オリンピック後半戦のメインとなる陸上競技。
37歳の日本が誇る世界の鉄人、いまだ健在の銅メダル獲得。

確かに、金メダルは2個と不振でしたが、がんばってるよ日本!
[PR]
by okinuchan | 2012-08-06 10:11 | スポーツ | Comments(0)
日本でのオリンピックマイナー競技・・・でも
射撃(男子ピストル・女子トラップ)と、セーリング(男女の470級・女子レーザーラジアル)、それから女子ウェイトリフティング。
メダルが期待できる競技です。

フェンシングは、前回の北京で太田選手が活躍して知名度・・・日本のレベルが知れ渡りました。それと、女子のホッケー、いい線いけると思うんですよねぇ。

あまり報道されないトコだと、この辺りかな。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 18:54 | スポーツ | Comments(0)
女子に続けと男子も勝利 オリンピック男子サッカー
優勝候補と目されていたスペイン相手に勝利。これは驚いた。どうせ負けると思って、生中継を観てませんでした。代表のみなさん、スミマセンm(__)m

でもね・・・新聞の見出し「グラスゴーの奇跡」ってのは・・・。

96年のロスアンゼルスオリンピックで、日本代表がブラジル代表を破った時に「マイアミの奇跡」って言われましたけど。。。
あの時は、まだ日本はワールドカップを知らなかった(本戦に出場した事は無かった。翌97年に初出場決定・98年フランス大会で初出場)。そんな国がワールドカップ優勝経験国であるブラジルを相手に勝利したんだから、それは奇跡でしょう。

現在、日本はワールドカップに3大会連続で出場中で、前回大会はグループリーグを突破しベスト8に最も近いベスト16(日本はPK負け=記録上は引き分け)でしょう?
確かに、その大会で優勝したのがスペインでり、その後もユーロ優勝などフル代表は世界一の座を守っちゃいるけど、アンダーチームで日本もそれほど開いてない・・・少なくとも、ロス五輪の時ほど・・・じゃない?ジャイアントキリング(大番狂わせ)なのは違いないだろうけど、「奇跡」というほどありえそうもなかったのか?

浮かれまくっているマスコミのスポットを観ると、4-0(もしくは、スペインが何点か入れた)スコアでもおかしくない展開じゃなかったのか?
「マイアミの奇跡」のあと、日本は本戦出場を逃している。勝ち点では並んでいたものの、得失点差で足りなかったのである。
今回、点を取れるゲームを1-0で終えてしまった事が、最後の最後で響かない事を祈る。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-27 17:16 | スポーツ | Comments(0)
オリンピックが始まった まずは女子サッカー、初戦を勝利
なでしこ、白星発進=川澄先制、宮間が追加点-ロンドン五輪、競技始まる〔五輪〕
予選リーグが、開会式を前に始まりました。

前半33分。ペナルティエリア内の大野へ通った澤のパスから川澄のゴール。大野の背後を廻った川澄、その川澄にあわせたノールックのヒール・・・というかソールというか・・・パス。角度が無かったとはいえ、こんなパスを出されれば、川澄が決めないワケがない。
男子のオランダっぽい点の取り方でした。

2点目は、前半44分。これは、オリンピック開催国であるイギリスみたいな得点。
男女ともに日本が誇る「左サイドバック」、鮫島のココしかないっ!というアーリークロスにキャプテン宮間が高いカナダディフェンスの隙をぬってアタマであわせる。170cmを超えるカナダDFと飛び出したGKをすり抜けたボールが、宮間の頭にジャストミート。

後半10分。攻め上がった日本の左サイドでボールを奪ったカナダが、一瞬の隙を突き日本からゴールを奪う。
大儀見のシュートをスーパークリアされた直後だっただけに、ちょっとポジションが中途半端だったかな?でも、これはしょうがない。半分以上ゴールに入っていたシュートをほじくりかえしたカナダのDFセッセルマンを誉めるべきでしょう。

その後は、両チームとも足が止まってきましたが、先に音を上げたのはカナダの方。何も無いところで足をとられたりして、最後はキャプテンであるチャップマンが負傷退場。交代枠を使い切っていたカナダは、残り10分を10人で戦う。
課題は、ここでボールを支配できなかった・・・相手に攻められてたところかな。まぁ、足が止まってたというのもあるし、パワープレイは人数が少ない方が死物狂いにもなるしで理解らないことはないんだけど。

まぁ、何よりオープニングゲームを勝利で飾れたのは、この競技の今後もそうだし日本の選手団の励みにもなるでしょう。
次はスウェーデン戦。ワールドカップ準決勝で、相手からすれば「3点も取られた相手」でしょう。今日のゲームのように、走りあいになって足を止めさせれば、日本の勝ち点は転がり込んでくるでしょうね。一筋縄では行かない相手でしょうけど。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-26 10:32 | スポーツ | Comments(0)
「選ばれる事が栄誉」であるメジャーのオールスター
米球宴ドッチラケ! ダルビッシュの出番なし

うん。出場られないと思ってたよ。戦前から、「延長戦のスタンバイ要員」って監督もコメントしてたし。

日本が、球団の応援団による組織票で各チームのスターターが選ばれて、選ばれれば全員に出場機会が確保されてて、出場してマイナーチームの選手は名前を覚えてもらうオールスターなのに対して、メジャーのオールスターは「(名が)知られているから選ばれる」スターの中のスターのエキシビジョン。
ダルの成績は、「ルーキーとしては」いい成績だけど、日本でトップ選手として活躍していてWBCでも結果を出している選手として見れば、それほど突出した成績ではない。数字はいいけど。
少なくとも、野茂のインパクトは無い。

日本にいてそう感じるんだから、メジャーの地アメリカではさもあらん事でしょう。オールスターでの投球経験のある野茂や長谷川・佐々木と比べてでは、インパクトで一歩欠ける。

日本からメジャーに挑戦する選手に必要なのは、長くハードなシーズンを乗り切れるスタミナだと思うのよね。特に、投手。
日本より過酷なローテーションと移動に対応できるかどうかがキモであって、一軍に定着している投手であれば「技術的にはメジャーで通用する」だけのレベルはあると思うのよ。だから、WBCのような短期決戦であれば、MLBが相手であっても遅れはとらない。けど、メジャーに移籍すると、そうはいかない。
スターターなら中4日(その代わり、特に理由・・・ノーヒッター継続中など・・・が無ければ100球を目処に交代する)のローテーション、セットアッパーやクローザーは毎試合の登板、に対応しなければいけないから。

(立場上は)ルーキーとしてMLBのオールスターでベンチに座って何を吸収したか。それ次第で、来年度以降もオールスターのチャンスはあるだろうし、日本にいた頃を引きずっていれば縁が無くなるだろう。
ラスト1枠の候補になった時、同僚から「なぜ票集めの努力をしない」と叱咤されたそうだが、そのあたりからMLBと日本のオールスターの(選手の)認知が違う。

出場られなくて落胆しているのはメディアとMLBを知らない日本プロ野球のファンだろう。
[PR]
by okinuchan | 2012-07-11 22:22 | スポーツ | Comments(0)
それ見たことか・・・男子バレー
日本、五輪出場逃す=豪州がアジア枠獲得-バレーボール男子

最後になって中国に負けた事が響いてくるだろうなぁ、と思ってましたが、まさにそのとおり。
日本はホームで断然有利、なら確実に中国は日本を潰しておく。そうすれば「中国も最終戦のオーストラリア戦次第で望みがあった」のよ。

そこまでヤッたら、オーストラリア戦で「負けるならストレート負け」なら『日本は絶対届かなくなる』ワケで・・・2セット取られた時点で勝負を捨てる事ができる。中国は、ストレートで勝たなきゃいけなかったんじゃなかったか?

勝負の中での、ゲーム中のアクシデントなら何も言うまい。エースセッターなのに顔で受けるようなヘボをやった方が悪い、と言える。
が、飛んでくるはずのない試合前のウォーミングアップ中の出来事だ。ナゼ猛抗議しなかった?
ナショナルチームの選手だぞ。ブロックが飛んでないで打ちやすいボールを上げてもらってるのに、スパイクミスなんてするワケが無いだろ?

アクシデントが無く、それでも負けたのなら、言い訳のしようが無いでしょう。けど、そうじゃないでしょ?
必死さが無ぇ、ってのは、そういう事よ。
[PR]
by okinuchan | 2012-06-10 17:31 | スポーツ | Comments(0)
イッツ エンターテイメント

これは、元メジャーリーガーの新庄さんが日本球界へ復帰した時、北海道日本ハムへ輸入したモノですね。その新庄さんの愛弟子である森本選手と小谷野選手だからこそ、でしょう。

雨で中断しているにも関わらず、観客が席も立たずに待っていて、パフォーマンスのあとには拍手も起きる。
これがエンターテイメント。
球場に来た人を飽きさせない、プレーが見せられないなら他で何か思い出を持って帰ってもらう。

昨日、このパフォーマンスを観た人は、ゼニ返せとは言わないだろうなぁ。まぁ、ノーゲームだから返金されたでしょうけど。
[PR]
by okinuchan | 2012-06-10 12:14 | スポーツ | Comments(0)