文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
カテゴリ:テレビ( 30 )
ドキドキ! プリキュア スタート
b0105512_1443692.jpg
1か月遅れのスタートになる2月更新で、プリキュアの8代目(10作目)になる「ドキドキ! プリキュア」がスタートしました。
キャラクターデザインは、スイートを手掛けた高橋晃さん。EDのダンス( ↑ )は、前田健さんからMIKIKOさんへと変更になりました。

主人公のハートになるのはデキる生徒会長という・・・デキるプリキュアはほのか(無印&MH)くらい?前作(スマイル)のれいかや5のかれん、ハートキャッチのゆりさんなどデキるプリキュアは居ましたが、センターでは初かな?
中の人は、生天(なば)っちこと生天目仁美さん。私的にはマー姐さん(マージョリー・ドー/灼眼のシャナ)なんですけど、役幅が広いですから・・・ちゃんと化けてます。いゃ、いい意味で。こぅいうトコを観る(聴く)と、「声優さんって、スゲー」と思いますね、マジで。

今回のプリキュアの私的ツボは、上のキャプの青かなぁ。中の人は、スフィアのみなちゃん・寿美菜子さん。プリキュアになるのは再来週かな?

最初のひとり・キュアソードは、すでにプリキュアになっているというパターンも初ですね。EDのダンスのセンターは、ソードでした。2話以降で変わるのかな?
[PR]
by okinuchan | 2013-02-03 15:15 | テレビ | Comments(0)
芸能界に訃報が相次ぐ・・・
週明けにザ・ピーナッツの双子の姉・伊藤エミさんの訃報が流れたのを皮切りに、昨日には小野ヤスシさん、そして先ほど俳優の地井武男さんが亡くなられました。

モスラ、11PM、太陽にほえろ・・・忘れません。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by okinuchan | 2012-06-29 14:18 | テレビ | Comments(0)
島田紳助が芸能界から引退したからって・・・
朝の情報番組はともかく・・・それでも時間を割きすぎだとは思うが・・・夕方のニュース番組までもが連夜の報道ってのはどうよ?

国内情勢では与党の代表選・・・これは「日本の次の総理大臣を決める」ということ・・・が噂され、海外では日本の国債の格付けが下げられたりアフリカのリビアでは革命が成功したり、と報道しなきゃいけない事は、震災関連・原発関連だけじゃなく山ほどあるというのに。。。
なにやってるの?そんなだから増すゴミと揶揄されるんだろうに。

視聴率が下がってる?テレビの所有率が下がってる?
当たり前じゃないか。ダレが観るか、ソンなもの!
安くない負担を視聴者に強いたデジタル化をして、ヤッてる事がソレかぃ。価値、ねぇダロ。

みんな、よくデジタル化なんかしたねぇ。
[PR]
by okinuchan | 2011-08-25 18:32 | テレビ | Comments(0)
唯一、「普通に見られる」ドラマだもんねぇ、相棒
ドラマ『相棒』第13話が歴代シリーズ最高視聴率22.5%を記録

刑事ドラマでありながら、社会を風刺し皮肉ってるところがウケてる理由じゃないかな。ただの推理ミステリに留まってないところがイイ。
今回の話にしても、「親に捨てられた兄妹が児童養護施設に入れられ離れ離れになるから」という理由でウソの証言をする。突き詰めれば、「親の責任を放棄された子供」の話で、主役は捨てられた兄妹でしょう。

刑事ドラマの風体を取っていながら、実はものすごいヒューマンドラマであることろが「相棒」なんだと思う。シリーズ初期からそういうエピソードは多かったけど、及川相棒になってからはほどんどこの手の話。それを1時間でよくまとめている。

その「及川」相棒ですけど・・・
私は結構気に入ってます。寺脇相棒のイメージを壊しつつ、それでいて違うんだけどやっぱりちゃんと「相棒」として動いてる。
寺脇相棒は、右京さんの動きを学習していって相棒に「なった」んだけど(初期は使いっパで亀山には「なんでこんな事・・・」というセリフが結構あった)、その「相棒として完成した亀山に代わる相棒」としては「一からやり直すスパンが持てなかった(やったら飽きられる&二番煎じ)」んでしょう。

その点、アタマの回転が速い及川=神戸相棒は、アタマの回転が速いだけに右京さんとぶつかり、違うアプローチを見せ(とはいえ、右京さんは「すでにそこはクリアしてる」場合が多い)・・・という寺脇相棒とは違う相棒になってると思います。

だから、一番印象に残ってるのは前のシーズンの第3話(ミス・グリーンの秘密)なんです。及川相棒になってからのエピソード。でもって、まだ右京さんに馴染んでない相棒。
ゲストが草笛光子さんで・・・まぁ、ハズさんわな。
狙撃班の射線上に立って犯人(草笛さん・・・現行犯だから犯人)を庇いながら説得する及川さん=神戸警部補を見て、「あぁ、相棒だ」と思いました。エピソード的にも、「及川相棒の話は、こういう方向性になるんだろうな」という事を決定的にしたエピソードだと思います。

今回のエピソードも、こういう方向だったと思います。
もっとも・・・先週のような「右京さんの猿芝居」も好きですけど(w
[PR]
by okinuchan | 2011-01-27 18:43 | テレビ | Comments(0)
ナイスだっ! フェンシング太田選手
思わず笑った(爆
いゃ・・・このCFだけで森永は太田選手を獲得した価値はあるでしょう。

フェンシングっぽさも出ていて、「ありえねぇ~」って理解っているけど「実はヤッてるんじゃ?」とか思わされそうな面白さがあると思いますね。こういう面白さ・・・バカバカしさ・・・に、今のテレビ番組は欠けてるんじゃないでしょうか。
[PR]
by okinuchan | 2010-05-18 18:26 | テレビ | Comments(0)
映画 容疑者xの献身
b0105512_17542921.jpg原作未読のまま、TV放映を見ました。ですから、原作にあった「フェアかアンフェアか」という論争は考慮しません。
ミステリ映画の最高傑作は、私は今まで犬神家の一族(市川崑 監督/1976年版)だと思っていました。これは、それに匹敵します。映像まで含めて、極めてフェアに描かれていたんじゃないでしょうか。倒叙ミステリの最高傑作と言っていいかも。

確かに、この映像を文章で描いた場合、アンフェアになるかも・・・とは思います。ただ、このトリックは・・・文章で描けないでしょう。もしこのトリックにまつわる記述をしたなら、その場で誰でも理解ってしまうくらいコアな部分ですので。
そういう意味では、映像化してはじめて完成した作品だと思います。この映像はギリギリセーフと私は思いました。

また、ミステリとしてだけではなく、人間模様を描いた部分も悪くなかったように感じます。が、この部分は原作の方がもしかしたらさらに描きこまれているのかな?とも。直木賞受賞作としては、少々淡白かな?と感じてしまいます。まぁ、ミステリ部分と並行して描かなければいけないという枷はありますけど。
特に、被害者の人間性ともう一人ヒロインに言い寄る男性の描写は・・・映画化に当たって削られた部分なのかな?と。確かにミスリードを促すようにしてはありますが、難しいところでしょうねぇ。10分時間を割けば描けたかもしれませんが、その10分が間延びに感じる(ミステリのトリックとしてはあまり関係の無いエピソードとなる)のでしょう。これは文章の方が描きやすいのかも。

映画公開時、私はこの映画を劇場で見たかったのですが、タイミングがあわずに見逃してしまいました。失敗でしたねぇ。大スクリーンで見るべきだったと思います。
堤真一さん、名演技でした。淡々と、その中に極めてロジックに思考する数学者を巧く演じられていたと思います。松雪泰子さんとのカップリング、どこかで見た記憶があるなぁと思っていたら、ドラマ ビギナー(主演/オダギリジョー・ミムラ)でした。

以下ネタバレ
[PR]
by okinuchan | 2010-01-01 17:58 | テレビ | Comments(0)
そもそも、観てないもんねぇ・・・TV番組
大ピンチのアノ業界を僕らが盛り上げるには?
“給料がいい”イメージの民放キー局が、大きく利益を減らしている。
各局、大幅な減収で、テレビ東京に至っては前年比70%近い減収だとか…。それって、R25世代で例えると、25万円の給料が7万5000円になったのと同じ!? このままだとテレビ局がつぶれるなんてことも!?
ここは、テレビを愛する者を代表して聞いておかねば!ということで、放送をめぐる問題を中心に解説するメディア専門誌『放送レポート』の編集長・岩崎貞明さんに聞いてみた。今回の大幅な減収の原因は? 
「テレビ局の最大の収入源であるCM収入の減少ですね。最近ではスポンサーが、広告費をネットなどに、より多く投下する傾向があるからなんです。ネットはクリックした人数、いわゆる接触率を正確に計測できますし、直接商品も販売できるため、広告の効果が高いとされているんですよ」
確かに最近のテレビCMは、最後に『続きはwebで!』と、ネットへの導線的な役割を果たしているような…。では実際、テレビ局がつぶれるなんてことあるのだろうか?
「つぶれてしまいそうなほど、深刻な経営危機にあるテレビ局は、地方局を含め、今のところないです。過去につぶれたテレビ局も、日本では1つもありません」(岩崎さん)
テレビっ子としては一安心です! でも、利益が減るにつれ、面白い番組がなくなるなんてこと嫌だなあ…。各局地デジ化による設備投資に巨額を費やしているらしいから、視聴者としては地デジに加入すれば、テレビ業界を盛り上げることができたり?
「2011年にスムーズにアナログ放送を終了させてあげることで、テレビ局が機器などへの余計な出費を出さないで済むとは思います。ただし、地デジ化で画面はキレイになっても、つまらない番組ばかり作っていたら本末転倒。魅力ある番組作りこそが、媒体価値の向上につながるのでは」(岩崎さん)
CM収入の減少に、地デジ化…。まさにターニングポイントを迎えているテレビ業界。今こそ頑張れ!!
(吉川スミス/アングル)  R-25

連ドラを観たのは・・・シリーズを通してだと「ガリレオ」が最後かなぁ。一時はクイズ番組も観ていましたが、最近じゃ「Qサマ」も「ヘキサゴン」も食傷気味。右へ習えで類似番組ばかり増えて・・・
結局、前日深夜に録画したアニメを観るハメに。アニメも似たり寄ったりになる場合があるけど、声と絵が別・・・実写ドラマだと役は違っても顔は同じ・・・な分まだバリエーションになってる。役柄が似たようなキャスティングでも・・・例えば釘宮さんがツンデレを演じても、シャナ・ゼロ魔・あか坂・とらドラ!じゃ絵柄が違う・・・ストーリーの流れが違うからそれなりに(私は)楽しめてる。

で、情報は何処から仕入れているかというと・・・WEBですよねぇ、ほとんど。ニュースも、WEBでチェックしてから新聞で確認、ってパターン。基本的に活字人間なんで、新聞は読みますね~。「情報を仕入れる為」という本来の役割としては読んでいませんが(w
TVのニュースも一緒。速報性という意味ではWEBの方が早いですし。起こった事の確認と、自分じゃない他の人・・・社会の代表として・・・がどう考えているかを知る為、ですね。

バラエティは・・・面白い?私は、どこが面白いのかサッパリ判らんのですが。。。「芸で笑わせる」のが芸人であって、「バカな事をやって笑われる」のは芸人ぢゃないと思うのですけどねぇ。落しどころで落とすから笑うのであって、それが無くちゃ・・・。
同人誌じゃ、「ヤマ無し・意味無し・オチ無し」で「ヤオイ」と(今じゃ別の意味になってる場合があるけどw)と言われてたんですけど、今のお笑いってまさにコレでしょう。

そうすると・・・TVなんて観なくなるよねぇ。ただでさえ活字優先なのに。さらに追い討ちをかけるように、2011年のデジタル化。私のTVキャプチャボードはすべてアナログ専用ですから、アナログ放送が終了したら・・・観ないだろうなぁ(w
で、観なくてもいいものに企業がカネを出すかと言われると・・・出さないわなぁ。
[PR]
by okinuchan | 2008-10-18 11:59 | テレビ | Comments(6)
Q.E.D. 証明終了がTVドラマ化・・・ドラマ化?
b0105512_1565973.jpg私も愛読しているマンガのひとつですが・・・ドラマ化?しかもNHKで???

原作は加藤元治さんで、少年マガジンGREATで不定期連載されています。初出は1997年ですから、もうすでに12年前からの掲載(当初は単発)になります。

15歳でM.I.T.を卒業したにも関わらず日本の高校に入学した燈馬想と刑事の娘水原可奈が、怪事件・難事件を解決していくという所謂「推理ミステリ」です。
情報収集役のお元娘な可奈と、常にロジックに物事の筋道を推理する想の、時にコメディ・時にシリアスなストーリーなんですが。。。また、ひとつに想の専修であった数学(学問としての数学)が出てくるのも特徴で。。。オイラーの公式(e^iπ=-1)とかケーニヒスベルグの橋とかのわりかしメジャーなところから、極めて専門的な数学上の未解決問題(そもそも、想がM.I.T.で専攻していたのはそのうちのひとつ「ゼータ関数」)とか。下手すると、教育テレビでやるような内容を非常にわかりやすく端折って出てきたりします。

で、これを水原可奈役に「モーニング娘。」の高橋愛さん、燈馬想役に中村蒼さんでやるそうな。。。可奈がストーリーテラー?まぁ、動きがあるのは好奇心旺盛で情報収集役の可奈の方ですが・・・。
それに、連載から12年。サザエさんワールドとも言える「進級しないのに季節は変わる」ストーリーですから。なにせ、第1話はまだネット通信がアナログモデムですからねぇ^^;ゞ

基本的に1話完結(第10巻収録の「魔女の手の中に」のみ前後編で1話1巻)で1巻に2話収録で現在30巻まで刊行されていますから・・・どの話をやるんだろう。
それと、NHKが原作のイメージと論理的なロジックを崩さずにドラマ化できるかどうか。推理ミステリにしては珍しく「事件のうちの殺人率が低い」のも特徴ですし。どちらにしても、どうせやるならドラマよりもアニメの方が・・・ねぇ(w
[PR]
by okinuchan | 2008-09-24 15:02 | テレビ | Comments(0)
ちょっと気になるCFの娘
b0105512_12492528.jpgこの娘の名前、何ていうんでしょう?

月曜日夕方に放映されている「SOUL EATER」の少年ガンガン・スポットCFで、たぶんここしか流れてないんじゃないかな?マカのコスプレしてる女の子です。毎月、シュチュエーションを変えて各号のバージョンが流れてるんですが。。。キャプは7月号分です。

最初は違和感があったんだけど、私が見慣れたのか彼女が役に慣れたのか、最近はそれほど違和感を感じなくなりました。
最初の5月号の分だけ、消しちゃったんだよなぁ。。。(つw;)
[PR]
by okinuchan | 2008-09-24 12:57 | テレビ | Comments(0)
自業自得のテレビ局・・・
ジャニーズ全滅!? 日テレ深夜枠でバラエティ番組“壊滅の危機”!
若者のテレビ離れが盛んに叫ばれ、民放各局が軒並みコストカット路線を打ち出す中、日本テレビでは深夜枠のバラエティ番組が“壊滅の危機”を迎えているという。
「実は、日テレでは深夜23時以降のバラエティ制作費が一律で数パーセントカットになったんです。それも、驚くことに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』なんかも含めたすべての番組で。現場は戦々恐々としてますよ」(某放送作家)
日テレの深夜バラエティといえば、『ガキ使!!』(日曜22時56分~)を筆頭に『恋のから騒ぎ』(土曜23時~/司会:明石家さんま)や『99+』(火曜23時58分~/司会:ナインティナイン)など吉本の大物芸人を起用した番組や、一方で『嵐の宿題くん』(月曜23時58分~)、『カートゥンKAT-TUN』(水曜23時58分~)といったジャニーズアイドルによる看板番組など、派手なラインナップが売り。だが、やはり視聴率低下の波には抗えなかったようだ。
「今まで日テレは深夜バラエティにかなりの予算を突っ込んできましたが、もはや何をやっても視聴率が付いてこないという状態。それで、編成局もようやく動きだしたんです。日テレでは2009年4月までに、ほとんどのバラエティが打ち切られる予定になっています。今回の予算カットはその布石ですね。来年4月以降の深夜枠は、帯で深夜ドラマになります。これは局内ではすでに規定路線で、広く知られてますね。そんなわけだから、今はバラエティ班とドラマ班の仲は一触即発、もう最悪ですよ(笑)」(日テレ関係者)
来年4月からの帯ドラマは、テレビ朝日でも実績のある平日の月~金、24時台になる可能性が高いとのこと。嵐やKAT-TUNの看板番組も含めて、その時間帯の深夜バラエティは全滅することになるかもしれない。
日刊サイゾー - 08月05日 12:10

まぁ、それだけTVから視聴者が離れてるって事なんでしょうねぇ。ただ、ジャニーズや大物お笑い芸人でも取れない視聴率を、ドラマで取れるのか?って疑問が。。。
そもそもの問題は、スポーツや特番などで放送時間がズレたり放送中止になったりするからじゃないのかなぁ。この一年ほど深夜枠のアニメを録画しながら観てるけど、日テレのみならず民放キー局が放送する深夜アニメって「中止が多い」ですもの。独立U局系は、時間が押しても放送する事が多いですが。

我が家はCATVのおかげで、キー局の他に他県のU局・・・千葉&埼玉・以前は神奈川も入っていましたけど、現在は電波状態を確保できなくなった為に廃止・・・が入ります。おかげで、東京MXで未放送だったり時間帯が重なっていて視聴不能だったりしても、ある程度フォローができています。
何気に、東京MXが一番時間がズレないかな。千葉・埼玉の独立U局は、例えば先日まで高校野球の地区予選ダイジェストで少々時間がズレていましたし、その手のローカルネタで時間がズレる事は少なくないです。確かにテロップが入る・・・「次回の放送は〇〇時〇〇分からの放送になります」・・・のは邪魔ですが、それ(ローカルニュースを流す)も地元放送局の役目だと思いますから目くじらをたてて怒るような事はしません。

これは、アニメはそこまでタイムリーじゃないから問題にならないだけで・・・。もっとも、Youtubeやニコ動で不法アップロードとその消去といういたちごっこを繰り返していますが(w
それに、ドラマだと制作費が足りるんでしょうかねぇ。アニメは現在「製作委員会制度」で作っている事が多いので、局の予算としては低予算での製作になっているハズで、この方式でドラマ(それも深夜枠)を作れるんでしょうか。だいたい、そんな予算が出せるならもっとアニメに廻してあげて欲しい。。。

だいたい、似たような番組しか放送らないから視聴者が離れたんじゃないのかなぁ。深夜枠や特番で視聴率が取れると、すぐにゴールデンに枠を持っていっちゃうし。最近では「クイズ・ヘキサゴン(フジ)」や「Qサマ(テレ朝)」がウケたら、右へ習えでクイズ番組のオンパレードだし。4月に終了した「愛のエプロン」だって、発端は深夜枠でしょう、あれ。
まぁ、ドラマならアニメほどいい加減な事はやらないと思うけど・・・やったら間違いなくTVの権威は地に落ちるでしょうからね。
[PR]
by okinuchan | 2008-08-05 16:57 | テレビ | Comments(4)