文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
ふたたび600万画素と1000万画素の違い
b0105512_10262252.jpg
b0105512_10263991.jpg
風の影響でまったく同一アングルではないですが。。。マクロ撮影なので勘弁して下さい^^;ゞ
微妙にピント位置も違うので、シャープさの比較にはあまり参考にならないかもしれません。上の写真がD70、下の写真がD80です。レンズはAF MicroNikkor 60mm F2.8Dで絞りは両方ともf8です。やはり600万画素の方が多少ザラつきはありますが・・・これ、気にするほどのものですか?

ほぼ同一のサイズにリサイズ&JPG圧縮しているので、データサイズはほぼ一緒(上が71.3KB,下が73.8KB)です。が、元画像のRAWデータはサイズがかなり違います。色味が偏っている写真なので参考程度(それでも比率はそう変わらないはず)にしかならないですが、上の写真のRAWデータは4.79MBで下の写真のRAWデータは7.56MBです。
PCのスペックが低い私には、この差が大きいのですよ~(w

発色とかはPC上で弄ってしまいますから、私にはあまり差は気になりません。「同じにする」のではなく、その機種で撮った自然な調子になるように調整します。ですから、差が出る写真も少なくないでしょう。まぁ、基本的にデータが軽くて済むのでD70をBlogで使う写真では使用してしまいますが。
写真のログだけじゃなく、コミックやラノベの紹介写真も自分で複写しているのですが・・・気になったことはないでしょう?たまに映り込み(というか照明のハレ)が残っていますから判ると思いますが(w

急速に進歩してきたデジタル一眼ですが、スペック的にはすでに飽和状態だと思うのですよ・・・写真機としては。あとはアドバンテージとして、「高感度でノイズのザラつきが少ない」とか「限界まで伸ばした時の破綻がゆるやか」とか、そういう進化でしょう。D90や5D-Mk2で載せられた動画記録や、もうすでに搭載が当たり前となったダストオフやライブビューなどは、基本的に「写真としての画質」には関係ない部分ですから。
で、高感度はともかく大伸ばしでW-4(14×10インチ)以上にしょっちゅう伸ばす人ってどれくらい居るんでしょう。確かにA3ワイドプリンタも手頃な価格になっていますが、それでも100枚/月単位でプリントする人は稀でしょう。そういう人がクォリティを求めるのは理解できます。
けど、Blogや「ちょっと巧く撮れてた(撮った、ではない)からA4で」って使い方の人は、スペックで機種を考える必要は無いと思いますね。
[PR]
by okinuchan | 2008-11-03 10:59 | 写真 | Comments(5)
Commented by yozora_nagameyou at 2008-11-03 19:07
こんばんは。
このお写真で感じるのは上写真のほうがダイナミックレンジが広いように
感じられます。 ブログ程度の写真であれば600万画素で撮っても
2,000万画素で撮っても解像度の違いはわからないでしょうね。
35mmフルサイズとAPS-Cでは解像度以外でわかることはありますが。

デジカメの進化は私の一番の希望は撮った素材そのもののダイナミックレンジが
広くなれば嬉しいです。 画素はその次で良いです。(^o^)
Commented by okinuchan at 2008-11-03 19:18
両方ともNC-NXのカラーブースターを使っているのす。下の写真はちょっと効きすぎて部分的に飽和しているかもしれません。全体的に彩度が上がっている分、ダイナミックレンジが狭まっているのかもしれません^^;ゞ
この辺りが調整慣れしているD70との差・・・つまり「慣れ」の差・・・かもしれませんね。なにげにNC-NXは、調整できる部分が大きくて旧式のカメラで撮った写真でもそれなりに観れるようにできます。自分トコの製品の欠点を知り尽くして、それをフォローする事ができるように考えられているのでしょう。
確かに新型で普通に撮った写真の方が綺麗なのでしょうけれど、旧式のデータでも「ほぅ、ここまでできるのか」というレベルには持っていけます。
Commented at 2008-11-03 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぴよどり at 2008-11-04 10:33 x
パッと観た第一印象では、ほとんど違いがわからないですね。

ざらつき・・・この表現の意味がいまいちピンとこないのですが、600万画素の花びらの方が、しわのようなものが若干くっきり1000万画素の方ようりも写っているように思うのですが、このことを「ざらつき」と呼ぶのでしょうか?

こうして見比べて見ると、本当に勉強になります。
今回の二枚の画素数の違いは、本当にわからないです。
画素数はあまりこだわる必要はなさそうに感じるのですが、そうでもないのでしょうか?
先生の記述にもあるように、引き伸ばすことを多用する人がこだわる点という認識でいいのでしょうか?
Commented by okinuchan at 2008-11-04 11:20
花びらのシワは、ピント位置の違いによるピントの合い具合でしょう。
ザラつきは、縮小しちゃってるので余計わかりづらいかも。ミドルトーンからシャドウに落ちていく時のボケの滑らかさ・・・花びらの左側の影の部分とか・・や、右上のボケたつぼみの境界でボケた部分の粒状性などですね。原版だともう少し判りやすいんですが。

画素数は、以前ログで覚え書きをしてありますので、それを参照してください。4桁同士の掛け算と単位による切り上げだけですから、小6レベルの算数です。
<< ネタがないので・・・私が知って... 史上に残る名勝負・・・は名牝2頭 >>