文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
芸を魅せるから「芸人」なんですけど・・・
なんでこんな話なのかと言いますと

「図書館戦争」第11話に和製ビヨンセこと渡辺直美さんが登場!

こんな記事を目にしたからです。で・・・この「渡辺直美」って人は、有名なの?私は(この人の芸を)知らないんだけど。。。
図書館戦争は今期のアニメでもよくできている方に属す作品(ってか、深夜になってるのがもったいないくらいイイ)で、脚本・作画・演者ほか製作スタッフは「自分のやるべき事をキッチリこなしている」と思います。演者である声優陣も相応に揃っていて、主役の井上真里奈(みなみけ・南カナ役など)をはじめ「演技の巧い人たち」が揃ってるんですよねぇ。そんな中に入っていって、作品の作風を壊さない?だいじょうぶ??

声優って演劇と似て異なるもの(専業どころか声優よりの俳優すら使わなくなった宮崎アニメで「間違いなくミスキャスト」と思われる役が多いのでも理解る)でしょうし、ましてや「笑われる」芸人にできる事でもないと思うのですけれど。。。クレヨンしんちゃんに小島義男が出たのとは意味が違うでしょう?映画のスペシャル(話題作り)としてある意味「時の人」である小島義男を抜擢する・・・しかもしんちゃんはギャグアニメ・・・のと、シリーズの中で使われるのとでは。
先日もリメイクされたヤッターマンに、みのもんたや日テレの女子アナ(宮崎アナ・・・日テレはキー局)を実名で演じましたが、これもギャグアニメ(というか、ヤッターマン自体「何でもアリ」・・・特に旧作を知っている世代の人には)ですからねぇ。

演るのはいいよ。誰にだって・何にだって「初めて」は必ずあります。でも、ストーリー物のアニメやドラマを演るのなら、せめて「役者の勉強」はしているのだろうな?とね。
しかも、クライマックスに近い第11話(図書館戦争は全12話予定)でってのは・・・別に「話題作り」でもないでしょうし、何の意味があって役者以外の人を使う(使った)のか。こういう人を使うなら、まだ売れていない人や(声優を)目指している人はゴマンと居る訳ですから、そういう人を使って欲しいなぁ。何がきっかけでブレイクするか解らないんだから。
[PR]
by okinuchan | 2008-05-16 10:09 | 日記 | Comments(0)
<< とりあえず、今日の一枚 光の当て方 >>