文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
カテゴリ
ライフログ
こういうバカが居るなら・・・
セルフスタンドで火災=缶投げ捨て客逃走-値上げ前に買いだめか・神戸
 28日午後6時50分ごろ、神戸市北区日の峰のセルフガソリンスタンドで、客が車内の金属性缶にガソリンを入れていたところ、引火した。客は缶を車外に投げ捨て、乗ってきた車で走り去った。スタンド敷地内にガソリンが漏れ、燃えたが、スタンドの従業員2人が消火器を使って消し止めた。けが人はなかった。
 市消防局は、ガソリンの暫定税率復活に伴う値上げを前に、買いだめをしていた可能性があるとみている。



特定財源の暫定税率なんてバカな事言ってないで、ハッキリ「増税」として税率10倍くらいにしてもいいかな(w
バッカじゃねぇの!

こういう自分勝手なヤツにクルマを渡すから、大多数の善良な市民が迷惑を被るんだよねぇ。タバコの嫌煙権よりタチが悪いですよネェ。。。いいトシ(自動車に乗るという事は最低でも18歳ナ訳で、ある程度の学業・・・少なくとも義務教育は卒業している)こいて、やっていい事・悪い事の分別すらつかないヤツが、一歩間違えれば人を殺す凶器になりえるクルマを乗り回すんじゃねぇ!

タバコを悪者にするなら、クルマも悪者にさせてもらうよ、こんなヤツラが乗り回していると言うのなら。私は嫌煙者に対して何も言わない。悪者にされようとも、吸っていい場所なら吸う。その代わり、「ココじゃやめて」と言われればそれに従う。これは今のところ、「法律」ではないので極論すれば「吸ったところで罰則があるわけではない」です。自分(たちタバコ呑み)の立場が悪くなるだけで。法令で「禁煙」を謳っている場所(東京都の千代田区や大阪の御堂筋など)はあります(これは法令違反)けど。

でも、ガソリンの買い溜めは消防法違反という列記とした犯罪行為です。それを大っぴらに「ヤル!」と言うなら、もっと自動車自体に重税を課してもいいんじゃないか?とも思いますね。特に自家用車。

いいか?コイツみたいなヤツがクルマ乗りに居るから、100%反対って言えないのも事実なんだぞ?クルマが生活必需品の人たちは、こんな事をするヤツにもっと怒れよ。。。
[PR]
by okinuchan | 2008-04-29 11:20 | ニュース | Comments(4)
Commented by ほにゃらら at 2008-04-30 09:14 x
まあそのうちに、車を丸焦げにして炎上させる事故が出てくるんでしょうねえ。マスコミも大騒ぎして、そしてそのうち忘れられると・・・・なんの教訓も残らないよね。
ルールや法律を守ることでしか快適なすみ分け生活ができないのに、何も教えられてない人達何も理解できない人達はどこにでもいるわけです。この国では、ちゃんと議論ができないからね。困りますね。
Commented by okinuchan at 2008-04-30 09:28
おはようございます。
自分のクルマを丸焦げにする程度なら、何も言いません。20Lのガソリンが自宅に持ち帰って(最悪)全部気化して爆発した場合、向こう三軒被害に遭います。

バイク・ブローカーをやっていた時、ガソリンをポリタンクに詰めて保管ってのをやっていたのですよ。。。小さな町のバイク屋じゃ、ガソリンの保管施設なんて設営できないですから。納車・納品用とかエンジン洗浄用とかで必要なので。
かなり神経を使いましたね。換気の徹底とか、保存場所とか。末端モータリゼーションに携わっている人は、その恐ろしさを知っていますので。

もっとも、一番悪いのは庶民の生活を見ようとしない永田町と霞ヶ関ですけどね(w
Commented by ほにゃらら at 2008-04-30 20:09 x
当事者が出頭したそうですね。年齢が48歳。哀しいものがあります。
永田町と霞ヶ関は、新自由主義者の牙城ですから、庶民を振り返ることは無いんですよ。
Commented by okinuchan at 2008-04-30 21:05
消防法違反の罰金・・・いくらでしょうねぇ。たかだか20L程度のガソリンで浮かせたお金ほど安くはないと思いますが。。。
この程度の損得勘定すら解らないようじゃ、納税者としての責務すら無いとみなしていいんじゃないでしょうか(w

明日から値上げ確定のようです。洞爺湖のサミット主催国の首相の支持率が2割ちょい(まで下がるでしょう)・・・世界中のハジ?
<< サミットの 主催する国 支持2割 SOUL EATER 第4話 >>