文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
PIE2008に行ってきた その3
b0105512_7123757.jpg引き続きPIE2008から。

TOKINAブースで参考出品されていたAT-X124Proのレンズ内モーター仕様ですが・・・
同じ鏡体に見える(w
さぁ、TOKINAさん。ここにホントにモーターを組み込む事ができたのか・・・・・・怒らないから言ってごらん(^-^#)
まぁ、マイナーチェンジさせたい事は確かなようです。コーティングを良くしたい(さすがに価格的にNikonのナノクリレベルはムリとの事ですが、AT-X124Proはもう販売から5年経過してますから)みたいです。逆光で少々フレアがきついですから、この改良はやって欲しいと思います。
同じブースで先日発売されたAT-X116Proも撮ってみましたが・・・うん。コーティングはこちらの方がいいのかな?ってか、AT-X124Proをこのコーティングに変えたいって事なのかしら。歪曲はやはり同レベルでした。14~5mm辺りまで樽歪曲が残って・・・ってねぇ。11-16mmのズームで15mm近くまで歪曲が残るってどうよ。1mm&口径比1段分のアドバンテージが必要な人(がどれだけ居るかはホントに疑問ですけど)はAT-X116Pro、広角ズームを普通に使いたい・建築物や風景などでちゃんと三脚を使いハレ切りをしながらでも撮影ができる人はAT-X124Pro、でしょう。

b0105512_731243.jpgもうひとつがSUNPAKから。コンパクトでシュー部分を畳んで収納できるGN20のスピードライト。こちらは順次販売(Canon用→Nikon用→ソニー用)される準備ができているようです。
基本TTLオンリーの調光ですが・・・さぁ。Nikonのi-TTLをどこまでトレースしきれるでしょうか。Nikonユーザーの感覚からすると、純正のSB-400に対抗するスピードライトって感じですね。上方90度までのバウンズに対応します。b0105512_7373994.jpg売りが → で、シュー部分が180度裏返って格納できます。バッグの中に入れておいても、突起部分が引っかからなかったりサイズもコンパクトになったりで、確かに持ち運びはしやすいです。

多灯ライティングでマニュアル調光(各ライトを自分で調整する)の時のマスターライトとか、旅行の時に内蔵スピードライトだけじゃもの足りない時にはいいかもしれません。実売1万円以下になるようなら、買ってもいいかな。
[PR]
by okinuchan | 2008-03-23 07:53 | カメラ | Comments(0)
<< PIE2008に行ってきた その4 PIE2008に行ってきた そ... >>