文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
カテゴリ
ライフログ
D40系の標準KITレンズがVR化
値段の割に描写の定評があるAF-S DX ZoomNikkor ED 18-55mm F3.5-5.6GⅡですが、NikonImagingのGlobalサイトにVR(手ブレ補正機能)レンズが追加されています。とりあえず、海外から販売という事なんでしょうか。AF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G VRと、名称もちょっと違っています(Zoomの文字が入っていない・VRと表記する位置が違う)のでまだ未発売だと思いますが、2007Releaseと記載されていますので年内には海外で販売されるのでしょう。
b0105512_953087.jpg
URLは ↓ こちら
http://nikonimaging.com/global/products/
lens/af/dx/af-s_dx_18-55mmf_35-56g_vr/index.htm


数字上でも細かい変更点がいくつか。
・レンズ構成が変更されている
手ブレ補正を組み込む以上は避けられない事ですが、レンズ構成が5群7枚という極めてシンプルなものから8群11枚という枚数に増えています。増えたうちの1群2枚は手ブレ補正ユニットに使われています。
・上記に関連して、EDレンズが省かれている
描写に定評を持たせていたEDレンズを省いてコストダウンを図ったのでしょう。その結果が2枚(VRで使用する分を除いて)のレンズ増になっているのだと思われます。
・これらに伴う重量増
最大径70.5mm×長さ74mm・重量205gというコンパクトさがひとつの売りでしたが、少々大型化(といっても大袈裟なものではないですが)されて最大径73mm×長さ79.5mm・重量265gとなっています。

逆に変更されていないのが、最短撮影距離(0.28M)と最大撮影倍率(1:3.2)ですね。はてさて、クオリティを落とさずにこのふたつを変更せずにEDレンズを抜いてVRユニットを入れる事が・・・果たしてできたのでしょうか。そして(間違いなくあると思われる)価格増の幅は?18-55mmと組み合わされる55-200mmが5,000円増ですから、それと同等か少々低い4~5,000円増という辺りなのかな?
こう言っちゃなんですが、私は18-55mm/F3.5-5.6GⅡって「かなりレベルの高い」標準ズームだと思っているのですよ。価格を考慮しなくても。それが50mm/F1.8Dより安い(標準小売価格20,000円・50mm/F1.8Dは23,000円)価格で販売され、さらにKITではボディ+7~8,000円で売られていたのですから。。。初めて一眼を持つという人にD40を私が奨めていたのには、このレンズがKITだったからという事も半分近くあります。

確かにコンデジ(コンパクトカメラタイプのデジタルカメラ)じゃ手ブレ補正機能が「付いてないと売れない」くらい普及しています。が、これは小さくしすぎてちゃんと構えられない、という理由からだと思います。じゃぁ、D40はと言いますと、最小クラスのサイズですが「コンパクト」とは・・・言いがたいサイズだと思いますねぇ。
ボディに手ブレ補正を内蔵しているPentax・Sony・Olimpusや標準KITレンズに手ブレ補正をつけたCanonへの対抗(これらが得ているシェアへの食い込み)のためにはしょうがないのでしょうけど、これからマジメに写真を撮ろうと思って始める方に手ブレ補正機能は・・・どんな格好でシャッターを押したらブレるのか、という感覚を覚えるためにも、必要ないんじゃないかなぁ。暗くてブレそうな状況なら、積極的に三脚を使いましょうよ。その方が上達しますって。
[PR]
by okinuchan | 2007-11-23 09:57 | カメラ | Comments(10)
Commented by あおぞら at 2007-11-23 20:23 x
このレンズ、持っています。
KITではなく、このレンズだけわざわざ単体で購入しました。
状況によっては『あらら・・』ということもありますが、VRとかなくても充分なレンズだと思うのですが。
ましてサイズが大きくなるのは・・いただけないかと。
そこそこの明るさ、状況と使い方でしっかり撮れる手頃な価格のレンズを作ってくれたらいいのにと思うこの頃です。

Commented by ぇぃち at 2007-11-23 20:56 x
初めてのデジイチを考える上で手ぶれ補正レンズというのはとっても魅力的なんだと思います。ぉぃらもその一人だった訳で・・・
実際のところVR18-200のレンズだけで何でも撮れたんですけど、つまらないんですゎ。
正直言って不自由な単焦点を買うまではほとんどカメラ任せだったんですけどMF50mmf1.4を使ってからいじる事を覚えましたがVR18-200の画質に満足出来ていればそれ以上は考えなかったと思います。
某掲示板では一本目のレンズから300mmクラスを持っている人が多くちょっとびっくりしましたけどねw
ぉぃらも最近になって標準ズームの重要性を痛感している所ですが、周りにアドバイスしてくれる人がいなければやっぱりVR付きのレンズ(18-200とか)に目がいってしまうのはしょうがないのかな?って思いますゎ。
でも抜群に楽しいのはやっぱり標準レンズか単焦点ですね。
正直標準ズームのよさがわかるのはある程度写真撮ってからぢゃないとわからない気がします、特に初心者にはわかりづらいんぢゃないでしょうかね?
何だか訳わからなくなっちゃいました、スイマセン。
Commented by okinuchan at 2007-11-23 21:00
ちゃんと構えなきゃ写真はブレるもの、と覚えられないと上達はしないと思うのですよ。無茶な状況を何とかしようとする人が多すぎるのでしょうね。

室内撮影で部屋が暗いから(シャッター速度が落ちて)ブレる。明るいレンズや手ブレ補正レンズを使うのもひとつのやり方ですが、「部屋尾明るくすれば解決」なんですよね。

18-55mmは、価格不相応に描写がいいと思います。SIGMAのW-Zoomセットを買っていなければ、私も買っていたと思います。SIGMAも写りはいいんですが、歪曲がひどすぎてオールマイティにはちょいと程遠い(w
その点、純正のこれはよく収差を(歪曲だけじゃなく)抑えていると思います。ただ、VRが必要かと言われると・・・写真を趣味にするつもりが無い人にはいいでしょう。でも、これから写真を趣味にしたという人にはVRナシを奨めるでしょう。
Commented by okinuchan at 2007-11-23 21:11
初心者に対し敷居を下げるという意味では、手ブレ補正機能は必要だと思います。55-200mmがそうであるように、18-55mmもVRアリ・ナシの併売だと思います。KITは・・・どうかなぁ?ですけど(w

55-200mmはVRアリとナシで描写が違うという事が浸透していて、「あえてVRナシを購入する」という人も居るようです。18-55mmもそんな感じになって、うまく併売ができればいいですね。安くてチープですけど描写はしっかりしてますし、それだから気軽に奨められますし。
Commented by Sudou at 2007-11-23 21:31 x
D300の話題で2chがお祭りになっている昨日と今日、18-55がVR実装で登場することに驚きました。
でも、これよりも大きなF2.8クラスのレンズとなると、途端に20万を超えてしまいますね。D300が買えてしまいます。
Commented by okinuchan at 2007-11-23 21:56
D300はあまり興味がなかったので・・・どんな祭りなんでしょう?

D3は凄いと思いましたが。。。あちこちで書いてますが、D3のCMOSをDXで切り抜いてD40のボディに詰め込んで5M機のD35として販売して欲しいです。あの高感度特性があれば、5M機でじゅうぶんだと思うのですよ。
Commented by Sudou at 2007-11-24 10:22 x
 必要・不必要に限らず、高級な機種には憧れてしまいます。
コストのお許しが出た上で、スペック勝負の設計ができるというのは、さぞ気持ちの良い仕事でしょうね。
もちろん低価格や高CP比もスペックの一つと言えますけれども。

しかし、重いと行楽で持ち歩くにはちょっとツライかなぁ。。。
Commented by mikan at 2007-11-24 10:56 x
D40 wズームキット 使ってます。
撮るたびに、ブレ・ボケとの戦いです。(笑) VRレンズ欲しいな~と、思ってますが購入未定なのでナシでがんばってます。
壁、柵、ひざ いろんな物を三脚変わりにしたりして・・・・・・www
みなさんのコメントみて自分の為に、VRナシで頑張るのがいいのかな? と、感じています。
手振れ防止策・・・ 腕立て伏せも必要???(笑)
Commented by okinuchan at 2007-11-24 11:55
>Sudouさん
そりゃ、「金は出すけど口は出さん。好きなようにやってくれ」でしたら・・・(w

気楽に使える、という意味では「軽くて小さくて安い」というのは重要なスペックだと思うのですよ。

>mikanさん
腕立て伏せよりも呼吸かな?一番からだのブレが止まると言われているのは、深呼吸をして息を吐ききる寸前に止めた時、だそうですが・・・なかなか巧くいかないんですよねぇ^^;ゞ

55-200mmは、VRアリとナシで描写が違うらしいので・・・意外とナシの方に拘って(という価格のレンズじゃないですが)使っている人もいますよ~。ただ、それらの人も口をそろえて「(VRは)あれば便利」と言いますが(爆
Commented by Sudou at 2007-11-24 20:59 x
>「金は出すけど口は出さん。好きなようにやってくれ」
 なんて良い上司(お客)なんでしょう! 夢と小説の中にしか出てきませんが(爆

 確かに、呼吸に合わせてシャッターを切る習慣がついたのか、おかげさまでブレ写真は少なくなりました。
カメラを頭部に密着させて撮っているのですが、シャッターが降りたときに「あ、ブレた」と分かるようにもなりました。
 それより、光の具合で影や色が上手くなかったり、背景に見せたくないものが写ってしまったりと、撮影時の判断に勉強の余地が沢山あります。私の場合は。

 VRレンズはファインダーの像も制振されますが、慣れてないせいか違和感を感じてしまいます。油断して無茶をするので結果的にブレ写真の数も多かったです。先日のモーターショーなども。尚更スピードライトの使い方を覚えないとダメですね。

落ち着いて撮れるので三脚は好きです。背負って歩けるので重さも余り負担に感じません。
<< ジャパンカップ 戴冠はアドマイ... ジャパンカップ 枠順発表 >>