文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
絶対可憐チルドレン 第5巻
b0105512_23493437.jpgえ~。ようやくこの人のマンガを紹介する事ができました。
おキヌちゃんの名前の由来になったのが、このマンガの作者である椎名高志さんの代表作「GS美神 極楽大作戦」なんですね。GS美神・・・の第一話に登場して、そのまま準主役になった幽霊アシスタントが「おキヌちゃん」です。新訂装で再販されてますから、興味のある方はそちらでご覧になってください。

で、絶チルです。現在「週刊少年サンデー」に連載中のものです。GS美神以来の長期連載になって欲しいなぁ。キャラが立ってて引き込まれます。エスパーものという、ある意味「何でもアリ」の設定で、はちゃめちゃにやってくれます。「10歳の女の子が日本で最強のエスパーだったら」という状況で、天真爛漫に動いてくれちゃってます。サイコキノの薫、テレポーターの葵、サイコメトラーの紫穂の三人にESP機関の上司で監督役の常識人皆本光一、激甘な責任者の桐壺と秘書の柏木女史。
主人公は「やりたいほ~だい」で、そのとばっちりは相方。ノリがGS美神にそっくりなんですが、二番煎じになってないところがいいです。年上のお色気お姉さんと煩悩丸出し高校生のコンビだったGS美神から、年齢が逆転(10歳のエスパー3人と20歳のお兄さん)してるだけなんですけどねぇ。
常識も良心もない(というか、解っててやってる確信犯的な)薫。良心はあるけど何処かずれてる葵。常識があり一番大人びてるのに良心が無い紫穂。それに振り回される堂本。10歳だから許される言動を面白おかしく見せてくれてます。まさにスラップスティックですね。

私の気に入りは紫穂ちゃんです。どうもこの手のマンガで「はちゃめちゃをやる」主役よりも、脇で「ナイス」な動きをする準主役のほうに惹かれちゃうんですねぇ。だからHNもおキヌちゃんな訳で(笑
ココ最近のお奨めのマンガのひとつですね。好き嫌いの好みは分かれるでしょうが。
[PR]
by okinuchan | 2006-06-18 00:52 | マンガ
<< BLOOD+ 36話 今更なんだが・・・「誤審」につ... >>