文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
自転車って、高いのねー
ウチの弟が自転車を買い換えました。
半分は寿命・・・オーバーホールするなら買い金額になる・・・、半分は、それにダメを押した弟の転倒の修理という理由ですが。
日記(このブログ)を遡ってみたら、2012年の12月にレポートしてますね。って事は、3年10ヶ月ですか。。。まぁ、手入れしてなかったですしねぇ。

で、ネットで調べてみたり量販店の自転車売り場に行ってみたり、という事をしてみました。たまたま、今期(16年10月期)アニメ(ろんぐらいだぁす!)が始まりましたし。
これまで使っていたのがDAHONのOEMという事もあって、オリジナルのDAHONを調べてみたのですが・・・。

このDAHON。調べてみたら、日本での正規輸入の代理店がふたつあるんです。
ひとつが、株式会社アキボウが輸入しているジャパンモデル。1994年からDAHONを取り扱いしている代理店です。DAHON取り扱いを掲げてる自転車屋さんが取り扱いしているのは、こちらなのかな。
もうひとつが、シナネンサイクル株式会社と武田産業株式会社が輸入元となっているインターナショナルモデル
インターナショナルモデル。こちらは2015年度からみたいです。

と、前置きはここまで。
最初に考えたモデルは、Boardwalk D7
クロモリフレームの7段変速で、プライス60,000円。
ただ、このモデルは街乗りの方に振られているモデルのちょっと速くも走れるよ、的なポジションで・・・少し手を加えたいと思うモデル。

で、次に(いま)考えてるのが、Speed D8
同じくクロモリのフレームですが、メインフレームというのかな、これがBoardwalk D7に比べてひと回り太くなっています。プライスは79,000円なり。
D8という名前のとおり8段変速で、量販店の店員さんいわくスポーツモデルのベーシックともいうべき各種の作りが改造しやすいようにロードやクロスバイクにあわせてあるそうな。

カタログスペックを比べてみても、Boardwalk D7は前52T-後12-28Tの7段(2017モデル)、Speed D8は前53T-後11-30Tの8段(2017モデル)。
で、モデルチェンジ直前という事でBoardwalk D7は2016モデルが割引されて売られている・・・インターナショナルモデルの方(インターナショナルモデルのBoardwalkは、2017モデルは内装5段になるっぽい)・・・のですが、これのギア比が街乗りに向いていて前48T-後12-28Tという、前がだいぶ小さい比率。これの足回りをSpeed D8に入れ替えるとなると、結局は差額でSpeed D8が買えてしまうくらいにっかる、という。。。

ジャパンモデルは、さらにスポーツに振られ足回り(ホイール&タイヤ)がひと回り大きくETROT451(通常の20インチはETROT406)というものになったSpeed Falcoになります。
高速化をするには定番の改造らしく、それをメーカーがやったモデルという事になるっぽいですが・・・買い物に使うにしては、これだとタイヤが細くなりすぎるように感じます。私の使い方としては、D8の方がいいのかな、と。

お値段が、Boardwalk D7→+19,000円→Speed D8→+3,000円→Speed Falco、となりますね。
ただ、どちらにしても少々お値段が張りますので。。。ちょっと思案中です。
[PR]
by okinuchan | 2016-10-10 10:11 | 日記 | Comments(0)
<< 自転車を購入 Dahon Bo... HDDが逝った・・・ >>