文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
この件に関しては、民主党を支持する

安倍政権と民主党で大論争、「言論の自由」は誰のためにある?


「言論の自由」というのは、為政者に対して民衆が勝ち取った自由であり、自由なのは為政者(権力)に対して口憚る事なく民衆(個人)が自分の意見を言える、という事だと私は思う。政治だけではなく、宗教や思想に対しても、だが。


で。

ひとつは、民衆(権力的弱者)が為政者(有権力者)に対しての自由であるという事。

民衆の声に対して、権力者がそれを塞ぐ・塞ぎに行くような権力を発してはいけない。という事は、この件に関して・・・安倍首相は、「首相という立場でメディアに出演している」状態で「私見」は通じないでしょう。発言は全て首相としてのもので、翻って発言は政府の公式見解となる。


首相にも自由はあるか?だが・・・無いでしょ。もしあるとすれば、それは自宅(官邸ではなく「自宅」)の自室で一人の時か便所か一人ではいる風呂の中、くらいなもの。


これね。

靖国神社参拝にも繋がるのよ。

首相(や大臣などの政府官、それに公務員全般)が「個人として参拝」はありえない。「立場」というものがある。

どうしても参拝したければ、議員として当選する前の「候補者」の時期に済ませるか、(衆議院なら)解散したあとか任期終了のあとにすべき。公務員でなくなれば、自由は保障されてしかるべしであろう。

が、在任中にその自由は無い。なぜなら、「権力者側」だからだ。「一市民として」ならば、立場的に一市民になってからすべきでしょう。


それと同レベルだと思いますよ、言論の自由というのは。

これは、曖昧にしていい部分ではないと思う。


それと、「憲法」というものは、「為政者に対して規制をする」ものである。為政者に、コレをしなさい・アレはしちゃいけません、って事を律するのが憲法。だから、為政者に都合が悪いのは当たり前。

首相と言えども一個人、ってのは通用しない。首相は首相でその国の最高権力者(日本の場合)でしょう。

つまり、首相の言葉ってのはそのまま日本政府の発言、なワケ。


自由に発言したけりゃ、首相なんて辞めれ。極端な例だが、鳩ポッポな元首相は辞めたあとに問題を起こしちゃくれてるが・・・同じことを首相がやったら国際問題だべ?休暇中に一個人としてやりました、は通用しないだろ?

そういう事ですわ。


[PR]
by okinuchan | 2015-03-18 17:21 | Comments(2)
Commented by うのたけよし at 2015-03-18 18:32 x
すみません。
ブログ読んだら私と考え方違いましたわ(笑)失礼。
法的な観点で見たらですよ、その論理で行けば、究極的には首相から人権を剥奪してしまうということになるので、それは違うと思いますよ。
靖国に関しては、公人に私的参拝はないということはその通りだと思います。
決して靖国のことではありませんが、批判を浴びてもやらなければいけないことだってありますし、そういう意味では、問われてるのはあくまでも覚悟であって、言論の自由は関係ないんじゃないかなあ。
すみません、自分の考えをグダグダと・・・失礼しました。
Commented by okinuchan at 2015-03-18 20:58
首相(というか、行政府官すべて)という職についている間は、言論の自由は無いでしょう。
というのが、私の考えです。

それらの職になった人に対して、その職を選択する自由はあったワケです。ですから、その人に人権が有るか無いかで言えば「あった」でしょう。
また、職を辞したあとであるならば、言論の自由はもちろんあります。まぁ、在職中に「墓まで持っていく語ってはいけない事」は数多くできるでしょうし、ソレを語らないのも自由でしょう。

言論の自由に加えて、日本は政教分離の原則がありますので、信仰の自由もあるべきではない(=戦死者を英霊として祭っている靖国神社の参拝は、この原則からも外れる。「宗教」の自由ではなく、「信仰」の自由である)でしょう。

これも、一個人の私見ですから・・・お手柔らかに(^^
<< とりあえず原作どおり?「四月は... ん~~、2番煎じだけど元祖の方... >>