文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
年末年始は毎度の事ながら・・・
完全に引きこもりでした(^^;ゞ
今年は、暮れに家の玄関とリビングの壁紙の張り替え工事をおこなったので・・・思わぬ大掃除となってしまい疲れた、ってのもあります。

とはいえ、引きこもって何をするでもなく・・・TVも特番とやらでほとんど観てませんでした。レギュラーの番組すら観なかった(これは観そこなった・・・)ですね。

で、観たのは恒例の駅伝。

まずは、元日の社会人。
昨年まで箱根で山の神と云われた柏原選手と、元祖「山の神」今井選手。
学生と社会人の差、なんだろうなぁ。

今井くんは、ようやく今年のレースで本領発揮といったところの「エースらしい」活躍を見せた。所属するトヨタ自動車九州はラストの混戦2位争いでも根性を見せて2着確保。もちろん、エース区間で区間記録のごぼう抜きをみせて下位から2番手まで押し上げた今井くんの活躍は無視できません。
一方の柏原くんは、社会人の洗礼といったトコでしょうか。期待や声援がプレッシャーになるような選手ではないはずですが、悪そうに見えなかった調子のワリにパっとせず、順位をひとつ上げるのが精いっぱい。
トヨタ自動車九州は、優勝未経験だったはずですから、最高順位かな?

続いて、2~3日の箱根駅伝。
よく間違えられますけど、このレースは関東ローカルですからね(w

山の神、今井・柏原といった選手が卒業して、このところより混戦模様。
とはいえ、昨年に柏原くんが卒業した東洋大は、総合2位(往路3位・復路4位)ですから、それほど下がったワケでもない。どちらかというと、前年に歴代最低着順を記録し今年の予選会からココへ向けての意気込みが違っていた日体大の勝利、ってトコでしょう。

その日体大。
前年棄権以外からは初となる予選会勝ち上がりの本戦優勝。復路こそ強豪校の意地を見せた駒澤に一歩ゆずりましたが、往路優勝の定時スタートから一度も先頭を譲らずの総合優勝は立派です。
東洋大は、激しく入れ替わる2着競りの主導権を譲らず、追い上げる駒澤大を振り切って総合2位。

強豪校が実力を見せる一方で、ここ数年力をつけてきた古豪の明治・青学といった伝統校もシード権を確保。明治は層がまだ薄く?ブレーキになる区間があり、青学は優勝争いをするには全体的な底上げが必要。これに今年は法政もシードを確保。
シード権確保の10校に六大学が3校名を連ねるってのは・・・。

一方で、今年は往路で強風が吹いていた事もあり、城西大と中央大の2校が、往路5区で棄権するというアクシデント。
城西は・・・シードの壁が高くて厚いなぁ。シードを出たり入ったりで。。。復路の時計は9位に相当していただけに残念。
一方の中央は、復路の6区で区間3位・8区で区間最速を出していた(往路で棄権の為に、復路はオープン参加で記録が付かない)だけに、こちらも残念。

と・・・実は、観たテレビってこれだけなのよね。
あぁ、大晦日の「猫物語(黒)」は観ました。ほっちゃんの「○○だにゃぁ」連発は、さすがに悶えましたな(爆
[PR]
by okinuchan | 2013-01-04 15:28 | 日記
<< 先陣を切って「まおゆう」が始ま... ノートパソコンを借りているのだ... >>