文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
ライフログ
なんか、スグにモノのせいにしてない?
MIXIにしてもkakaku.comにしても・・・自分の使い方が悪いだけじゃん?

現行機って、かな~り進歩してるよ?カラーバランス然り、オート露出然り、オートフォーカス然り、高感度特性然り。1D/Ds・D1世代から比べると、この最上位機種の能力以上を今のエントリーモデルは持ってる。
そりゃ、耐久性とかファインダの視野率とか材質とか、手を抜いても構わない(写真のできに影響が無い)ところは手を抜いている。そりゃしょうがないでしょう、売値と儲けのレベルの話になるんだから。

それだけのモノを与えられてて、なんで「自分が未熟」と思わないのかなぁ・・・それが不思議。モノさえ用意すれば、誰でも簡単にできる事だと思ってるんだろうか。思ってるんだろうなぁ。

よく「プロ」って聞くけど・・・プロカメラマンってどういう人を指して言ってるんだろ。
例えば、運転手で二種免ドライバーはプロドライバーだよね。タクシードラやトラック野郎はまぎれもなくプロドライバーでしょう。一方で、レーシングドライバーもプロドライバーだやね。フォーミュラ1やWRC・世界耐久をはじめ、下部レースでもプロでしょう。メーカーのテストドライバーは?試作機や新型のテストをするドライバーは、メーカーの社員かもしれないけどプロドライバーだよね。

じゃぁ、「プロカメラマン」って?
別に、カメラマンにはプロテストや国家・国際資格なんてないですよ?写真を売ってギャランティを得ている人をすべて?
雑誌のグラビアを撮ってる人、新聞の紙面に使う写真を撮ってる人、カタログの写真を撮ってる人、専門誌だって写真は使われてるし、学術書にだって写真はある。写真館(お見合い写真や肖像写真)や学校写真(遠足や卒業式などで撮影)もでしょう。
それぞれに、使うスキルは違うよ?そりゃ、写真を商売にしている人なら最低限のスキルは持ってる。でも、やり方を知っているのと実際に現場でそれが使えるのとでは、天と地との差があるのも確か。慣れてるジャンルってのはある。

ローブやロジェにフォーミュラ1を渡しても、それなりに走らせるとは思うけど、サーキットの最速ラップを出せる訳じゃないだろう。逆に、ベッテルやアロンソ・ハミルトンをシトロエンやフォードのWRCカーに乗せても、やはり同じでないかぃ?
じゃぁ、世界最速の彼らに、東京駅から新宿都庁まで走らせたらどうだろう。都内の渋滞の中、客を乗せてその客がビビらないで新宿までたどり着くのは・・・タクシーの運ちゃんの方が安心でないかぁ。

カメラマンだって得手不得手はある。
私は「人間を撮るのが不得手」と言う事がありますが、これは「撮り方を知らない」んじゃなく「表情を引き出すのがヘタ(話が下手)」という意味ですよ?まぁ、技術全般に足りない部分はありますが・・・。
少なくとも、私は写真の仕上がりに不満があっても、モノのせいにした事は無いかな。自分は、モノのせいにできるほど上手くないと思ってますし。だから、なんでみんなモノのせいにできるのかが不思議で、そもそも理解不能なんですよ。
[PR]
by okinuchan | 2011-06-07 18:27 | 日記 | Comments(5)
Commented by ぇぃち at 2011-06-07 18:37 x
ローブ運転のタクシーに乗ってみたいですw
そのかわりフルハーネスでという条件はつきますけど。

さて、物のセイにするのは耳が痛い。。。
暗い場所や直射日光のトコでの撮影は苦手です。
暗ければ被写体ぶれを押さえる為にISOをあげたりギリギリまでSSをあげなきゃいけないし直射日光は明暗がはっきりしすぎて帽子の影とかで潰れたり空が飛んだりして。。。
それに今回初めてビデオを買いましたけどなんつーか撮影する喜びが感じられない。
ダラダラと回しているだけな気がしてなりません。
ムービーにはムービーのスチルにはスチルの難しさを感じた今日この頃ですゎ。
Commented by okinuchan at 2011-06-07 20:02
いや・・・アイツら、ハンドル右に切ってるのに左に曲がるゾ!(w

ムービーを撮ってる人は、意外とスチルもできそうって思うみたい。スチルの人は、ムービーは別モノと思ってる人が多いような気がしますね。

ヒマな時・・・特に今は仕事が減る時期なので・・・にPCに張り付いて昔の撮影データをいじってるのは、現場に行って状況が悪いときに、後調整でどの程度まで仕上げられるかの練習なんですよ。
それが、ミスのリカバリとしてではなく、現像・画像処理まで込みの撮影に撮影と処理に繋がるんです。シャッターを押す時点で処理まで込みだから、「こういう風になるから大丈夫」という言葉の説明で納得させられる・・・半信半疑でも納品の時に「ここまでできるんだ~」という評価になるんですね。
Commented by ぇぃち at 2011-06-07 21:20 x
ハンドルが真っ直ぐなのに左右に曲がるほうが怖い気がしますw

ぉぃらもムービーとスチルは別物だとおもっちょります。
回しておけば何となく臨場感が伝わるムービーに対し切り出した一枚でどういう状況なのかを伝えなければいけなスチルとでは緊張感が全く違いますからね。
まぁムービー初心者のぉぃらがどうこう言っても始まらないのですがw
ムービーやってる人がスチルをやるとなると大変だと思います。
何せ自分でやる事があまりにも多いですから。
正直ムービーは色んな面で楽です。
手ぶれ補正やAFをほとんど機械がやってくれますから。
録画ボタンを押せばOKみたいな感じです。
そういうのに慣れるとスチル機にも同じ事を望むのではないでしょうか?
mixiコミュのニコン板でのやりとりを見てるとそう感じます。
特におキヌちゃんのレスはいつもニヤニヤして見ていますからw

ムービーとスチルで楽しいのはどっちと聞かれたらぉぃらはスチルと断言できますね。
Commented by yozora_nagameyou at 2011-06-09 14:27
こんにちは。
食いつきたくなる記事だったので。(笑)
最近、特定の写真撮影で白飛びが好きになっちゃいました。
撮影時に255で撮ってバックグラウンドにするのが楽しかったり。(^m^)
Commented by okinuchan at 2011-06-09 18:43
こんばんわ。
夜空さんは、「普通の写真にして」って言われたらちゃんとできる人でしょう(w
そういう人が、自分の作品として意図的にそういう操作をするのは、他人がとやかく言う問題ではないです。というか、それが「作品」でしょう。
してくれた・なった写真ではなく、した・やった写真ですから。
<< 岩崎庭園のバラ その5 あちぃ・・・でも、節電。。。そ... >>