文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
日本競馬と海外遠征
先週の天皇賞を勝ったヒルノダムールに、凱旋門賞(Prix de l'Arc de Triomphe)遠征のプランが持ち上がっているそうな。ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサと、天皇賞2着で昨年のダービー馬 エイシンフラッシュも、同競争に登録したもよう。
今週行われるNHKマイルカップに出走予定の昨年2歳芝チャンプ グランプリボスは、マイルカップの次走にロイヤルアスコットのセントジェームズパレスSを予定しているそうな。

う~ん。L'Arc か St.JPS のどちらか、先の英2000ギニーをブッ千切った Frankel が相手だよ?
Frankel の次走が愛2000ギニーならSt.JPS、ダンテS~ダービーならL’Arc。とてつもないマイラーなのか、オールマイティなのか。どちらにせよ、英2000ギニーの勝ち方はThe Rock(Rock of Gibraltar)やDB(Dancing Brave)・准将(Brigadier Gerard)級だったように見えた。チョロッと直前輸送で日本調教馬が相手の土俵で勝負に持ち込めるようなレベルではないと思うのだがなぁ。

一番期待が持てそうなのは、エイシンフラッシュかな。宝塚記念を蹴って、早めに欧州に入って愛チャンピオンS辺りで60.5kgを背負ってレースをして、という条件で。フォア賞からだと負担重量増(フォア賞は58kg、L'Arcは古馬59.5kg)だから。
それでもエイシンフラッシュは59kgを経験済みなのでまだマシ。とはいえ、ぶっつけの59.5kgで3.5kg軽い斤量の3歳馬 Frankel だと荷が重いでしょう。

グランプリボスの St.JPS 挑戦は・・・日本の平坦小回りコース(府中の高低差2.7M・直線525.9Mですらアスコット競馬場に比べれば小回り)しか経験のない3歳馬ではねぇ。40M近く登りっぱなし&直線800Mのアスコット競馬場 スィンリーマイルをこなせるのかどうか。日本の10fを勝てるスタミナが必要だよ?
最近でアスコットのレースでいい勝負をしたのはハーツクライのKGくらい。ハーツクライは、この時ドバイシーマを勝ったれっきとした国際G1ホースだったからねぇ。それでもスタミナを削られて3強の中での最下位3着だったワケで。

ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサは、どちらかというと欧州より北米向きだと思う。L'ArcよりもBC(クラシックでもターフでも)の方が、脚質的にもあってるんじゃなかろうか。今年のBCは、昨年に続いてチャーチルダウンズですし。

テッペンばかり目指しても、勝てないと思うんですよネぇ。99年、L’Arcで2着したエルコンドルパサーは、「凱旋門賞2着馬」じゃなく「サンクルー大賞勝ち馬」なんだけどねぇ。
勝ちに行くなら、長期遠征で馬体を肉体改造してプレップレースと言わず2~3戦してからテッペンに向かった方がいいんじゃないかなぁ。3歳ならギニーズ~St.JPSまで3戦、とか。古馬なら、英国際からL'Arcまでとか。3つ走ればどこかひとつは勝てる、それくらいのレベルにはあると思うし、それだけのレベルでしかないともいえるのが日本の競馬レベルだと思うのだけれどねぇ。
[PR]
by okinuchan | 2011-05-04 21:27 | 競馬 | Comments(0)
<< 第16回 NHKマイルカップ ... 浅草からスカイツリー >>