文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
こちらが先日撮影した絵画クラブのみなさんです
b0105512_11202788.jpg
もう開催期間の半分が過ぎちゃってますけど、一応。

遊画会 12月展 東京交通会館 エメラルドルーム 2010年 12月5日~11日

と、告知を済ませたところで・・・


写真

「集合写真を撮りたいんですけど」って言われる方。
とりあえず、「高いカメラやレンズは必要ない」です。標準KITズーム・・・18-55mm F3.5-5.6クラスのレンズでじゅうぶんです。それよりも、外付けフラッシュとガッチリした三脚は必須です。
難しい事をやってるワケじゃありません。ただ、「並びに並行にカメラを置いて、手前上方から光を入れている」だけです。上の写真も、主催の流れの中で5分くらいで撮ったモノです。ちゃんとした照明を持っていっていた(そりゃ、絵画の複写をするんだから当然)にも関わらず、それを撤収してスナップ撮影に入ったあとで「そうだ!」って言われてから時間の無い中での撮影でした。


引きはホールなので4~5Mくらいだったかな。天井は地下なのでそれほど高くはないトコでしたので、クリップオンを天井バウンズにして感度を上げ目にして済ませました。とはいえ、ISO 640ですから現行機種ならじゅうぶん使用範囲内でしょう。

24mmで絞りはf6.4。最低でもこれくらいは絞らないと、ピントが来きってくれません。できればf8くらいまでは絞りたいところです。
この絞りを得るために必要なのがスピードライトですね。天井が高くてバウンズさせづらい時は、ライトスタンドとアンブレラ(当然、ソレを取り付けるためのシューやアンブレラホルダと雲台&ダボは必要)が要るでしょう。

列に正対する為ににも、三脚は必須です。仮想面に対してカメラの向きを固定する為に、三脚を使うんです。

集合写真は、特別なテクニックを使ってるワケじゃありません。ただ、ヤるべき事を過不足なくキッチリとやっていれば、誰にでも撮れる撮影です。それだけに、基本中の基本なワケですが。
仮想面に正対する(その為に三脚を使う)・絞りを絞る(その為にフラッシュを使う)の二点だけが注意点でしょう。それ以外には「撮影では」やる事はありません。
撮影以外では、人の並びや目パチ(瞑り)くらいでしょうか。どちらかというと、そちらの方が大事じゃないかな。

それ以上に、「撮った後」の方が大変でしょう。手抜きで撮れば、そのぶん後の作業が必要になります。
翳りのトーンを柔らかくするとか、色の被り方を調整するとかという余計な作業は必ず生まれます。もちろん、通常でやるべき事・・・文字入れとか縁付けやそのバランスといった「デザイン」の部分・・・をやった方が見栄えは良くなるでしょう。
そういうトコまで含めて「集合写真」なんですよ。
[PR]
by okinuchan | 2010-12-08 11:49 | 写真 | Comments(7)
Commented by 8823 at 2010-12-08 20:04 x
お久しぶりのコメントです。お元気ですか。
集合写真、やっぱり自分のような素人には難しく感じます。
子供たちのミニバスで撮ることがあるのですが、体育館は天井が高いためバウンスできずに、膜状のディフューザっていうんですか?ああいうのを使って強めに光らせてやってみています。
でも、やっぱり撮影よりも、人の並びや目パチ(っていうんですね)の方に気を遣います。ここだけは、撮影後にはどうにもしようがないですもんね^^;
Commented by okinuchan at 2010-12-08 21:39
天井が高いとどうしようもないですね。基本に則って、ライトスタンドを立てて傘バンさせるしかないです。

天バンさせるのは、
・ 光線をデフューズさせる
・ 光源の位置を高くする(レンズの光軸から離す)
という目的があります。

フラッシュとデフューザーは使わないより使ったほうがいいですが、フラッシュの強さはデフューズされる分だけ強めにするだけにしておいた方がいいかと思います。あくまでも、フラッシュは「使う絞りに対して適切になる強さで光らせる」のが基本です。
フラッシュの光を左右均等にする為にも、三脚を使って並行を出した方がいいです。

次善の策として、ISO感度を上げ目にしてシャッター速度を下げ目にして場の灯りを生かしながらフラッシュを効かせる、でしょうか。ISO感度が上がるぶん、シャッター速度を下げ目にするとは言え、極端には下げないでも済むはずです。

全部が連動してるんですね。
Commented by 8823 at 2010-12-09 09:32 x
丁寧なご教示、痛み入りますm(_ _)m
そうですね、天バンさせる意味、というのは少なからず理解しているつもりなのですが、その代わりに傘バン、というと・・・傘もってないんですよね(苦笑

といっても、傘バンするのにクリップオン(SB600しかもっていないので)は力不足ですよね?光量あげ目に使えばいけないことはないのかな・・・ISOだって800まであげても印刷は2L判なのでまったく問題ないですしね・・・

傘の代用を薄手のシーツなんかで自作して、大きな方のGITZOにクリップオン立ててやってみようかな、とも思い始めてるのですが・・・
このコメントを参考にして、試行錯誤してみますね^^
ありがとうございます!
Commented by okinuchan at 2010-12-09 11:09
それほど高額なものではないんですけどね。

スタンド(2.4M級4段) 6500円前後 銀一
アンブレラ(85cm) 4000円前後 サンテック
アンブレラホルダー 2500円前後 プロ機材

に、ダボやスリングバッグを含めても、20,000円あれば一式揃うはずです。ISO 800まで上げていいなら、SB-600でも大丈夫だと思いますよ。傘バンの方が天バンより減衰しないですから。

どちらかというと、モノを揃えるよりも「それを手早く(手際よく)セッティングできるかどうか、が勝負ですね、こういう事は。
Commented by 8823 at 2010-12-09 11:56 x
またまたコメント、ありがとうございます!

ああ、イイお値段(汗)、と感じてしまうのは、素人だからでしょうね(苦笑)

確かに仰るとおり、撮影そのものよりも、それら機材をてきぱきと待たせることなくスタンバイできるってことの方が大切ですね。相手が子供たちだということもありますし。機材をセットしてる時間に飽きられても困りますし、何よりかっこわるい^^;
そこを手際よくこなせる姿の方が、撮影技術云々よりも、プロって感じがします、自分は^^

傘、買おうかなぁ^^;

ありがとうございますm(_ _)m
Commented by okinuchan at 2010-12-09 12:27
例えば、ライトスタンドも三脚も三本脚ですよね。

で、三脚の使用方法の基本のひとつに、「一本の脚を前方に、残りの二本の間に立って操作する」ってのがありますよね。

例えば体育館。板張りになってるトコが多いと思います。
後ろの二本を板の目にあわせてやって、並びの最前列の人にやはり板の目にあわせて並んでもらえば、それだけで並行の一辺は出ますね。それに、水準器を使ってカメラを水平にしてやれば、三次元のうちの二元で並行が出た事になります。
スタンドの脚も同じく。これは逆方向(傘で逆を向くので)で、前側に二本の脚を持ってきて板の目に沿って置いてやれば、残りの足は直角に真後ろを向く事になります。コレを三脚のセンターポールになるたけ近付けて置いてやれば、カメラの真上の位置に正面を向けて置ける事になります。
板の目は、大抵の場合うしろの壁と並行でしょうから、背景に対しても並行になるでしょう。
照明の光軸は、三本脚の一本にあわせてやればいいだけですから、それほど手間にはならないですね。

と、道具の操作だけじゃなく「周囲まで見渡して」素早くできる「状況をつくる」のが手際の良さ、だと思います。
Commented by 8823 at 2010-12-09 17:13 x
確かに、体育館は板の床なので、そういう意味では自分も気にして撮影に生かしてます^^
そういうことも含めて、場の状況でセッティングや撮影方法を瞬時に描いて動ける、っていうところに、プロの格好良さが光りますね!
土曜日、ちょうど記念撮影の集合写真を撮る予定なので、頑張ってみます^^
<< まぁ、「政治は好き勝手にヤッて... 遅ればせながら、「もしドラ」を... >>