文字通り、私が思った事を書き綴ってるだけです。感想などをコメントに残してくださるとうれしいです。。。
by おキヌちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
ライフログ
遅ればせながら、「もしドラ」を読む・・・
ふむ・・・まぁ、「ラノベとしては落第点」でしょうねぇ。
ご都合主義・トントン拍子・浅い伏線・・・ヲタはこれじゃぁ納得せんでしょう。

「マネジメント」のとっつきガイドとしては・・・いいのかな?これについちゃ、マネジメントを読んでいないので理解らんのだけれど。。。
各所の散りばめられた引用を、高校野球の女子マネが当てはめていくという噛み砕いた具体例でなぞっていっているので、おそらくはそういう役割を果たせてはいるんでしょう。「経営学」とか「マネジメント」と言われてもすぐさまパッと思い浮かばないですけど、こういう例え・・・しかも、日本人なら誰でも知ってる高校野球での例え・・・なら、巧く伝えられていると思われます。


真っ先に思ったのは・・・

デジタルカメラで手が出しやすくなった写真を趣味にするなら、とりあえず読め

かな。あぁ・・・「カメラを持つのが目的」とか「カメラを弄った結果が写真という記録」で、それが綺麗ならいいや、って人は読み飛ばしてくれて構わないです。
「写真」というクリエイトで、アートしたい人は読んでみてください。マネジメントとクリエイトに共通する部分があるのが理解ります。それくらい、マネジメントを噛み砕かれて書かれています。「撮る」という行為は、アートに至る手段の段階で単なる通過点、と思っている人向けです。

先の日曜日、知人の画家さん主宰の絵画クラブの展示会で作品の複写と設営&オープニングパーティのスナップ撮影を依頼され撮影をしました。その際に、主宰が各人の作品にアドバイスをしていたのですが・・・
いぁ、私が丁稚時代に師匠から言われていた事そのまんまなのですわ(w
耳が痛かったですねぇ(^^;ゞ
批評・アドバイスをされている時って、理解できんのですよ。で、後になって自分が直面して「あぁ、この事だったのかっ!」と思うのですね。で、絵画も写真も・・・たぶん、彫刻も映像も、もろもろ「芸術(アート)」としての方向としては、どれも一緒なのだなぁ、と。

で、この「もしドラ」を読んでみると・・・なんか、会社経営も通じるトコがある?ってな感じで。

さらに、本日(もぅ昨日かw)その絵画展へ様子をみにいった時にハチあわせたどこかの大学の講師さん・・・どうも、都市計画のデザイナーさん?・・・と話をしてみると、やはり似たような事を。。。

つまり・・・

(アナタの)目的はドコ?
という疑問を教鞭をしていて思うのだと。技術や手法に走り・・・まぁ、ソレを教えているのだとも言われてましたが・・・目的を見失っている作品が多い、と嘆いてらっしゃいました。
自分が表現したい事を具現化する為の手段が手法・技術であるのに、ソレを使う事が目的(となって形・作品)になっている、と。

これ、「もしドラ」の最初で書かれているんですよねぇ。私は読んで「かなりグサっ」とキました。
ヒロインのみなみが、部員に尋ねるんですよ・・・なんで野球部に入ったの?って。
それを置き換えてみて。「なんでアナタは写真を撮ってるの?」って。
それを、マネジメントでは「簡単な答えじゃない」と書かれてるんですね。

さて、考えてみましょう。。。答えは、アナタの中にあります。クリエイトは一人でやるぶん、答えは一人一人違うハズです。
答えが見つかれば、そのクリエイトはアートになっていると思いますよ。
[PR]
by okinuchan | 2010-12-08 00:56 | 小説 | Comments(0)
<< こちらが先日撮影した絵画クラブ... 気分良くシャッターを切ったあと... >>